20200222日和田・阿寺の岩場クライミング


(日和田の岩場には、花粉症の敵スギの木がたくさん・・・)

Y本さんとI塚で八ヶ岳バリエーションに行くはずが、暴風雪予報で外岩に転進、埼玉の日和田と阿寺の岩場へ行ってきました。昨年利用した巾着田キャンプ場が、昨年の台風のせいで復旧工事中。駐車場は使用可能なので、まずはそこから近い日和田山へクライミングに。


(日中は3月下旬なみの暖かさ)

朝発で来たのでちょっと遅くなったのですが、そのおかげで岩場は暖かく快適でした。しかし体感的には3月下旬なみの気温で、温暖化を肌で感じます。男岩はガイドパーティが入っていたので、まずは西面との境目のリッジも含めて、女岩南面を数本。そのうち男岩が空いたので移動し、南面右リッジより右のルートを数本登りました。あと昨年来た時には注視していなかったのですが、低山ゆえに岩場の周囲にはスギがたくさん・・・花粉症患者にとっては、なかなか辛い環境です。


(阿寺も快晴で暖かく、それゆえ花粉もたっぷり飛んでました)

翌日朝早く起きたら、日中とはうって変わってかなり寒く、テンション上がらず。これではすぐに岩場に行っても岩が冷たいからと、時間をつぶしてから阿寺の岩場へ。阿寺は昨年の台風のせいだと思いますが、岩の下にある広いテラスの半分以上ががっぽり削れ、そこにあった木のベンチも崩壊していました。他パーティが中央部分のルートを使用中だったので、我々は右端のルートから開始。その後練習のため、中央に近いリッジ付近のややかぶったルートを繰り返し登りました。このあたりは逆層にもなっていて、なかなか厳しいです。


(阿寺の岩場ではテラスが半分以上崩れていました)

困ったことに昨日にもましてスギ花粉が飛びまくっていて、抗アレルギー薬を飲みつつ、しかもマスクをしながらのクライミングです。そして背後のスギ林をふと見ると、空気がなにやら粉っぽい。霧かな?と思ったのですが、その後風が吹いたら視界がクリアーになったので、花粉がパフパフと飛んでいたのだと解りました。恐ろしや・・・

20200209鷲頭クライミング


(ポカポカ暖かい鷲頭、岩場から海が見えます)

冬でも快適に登れる外岩と言えば、やはり暖かい伊豆。伊豆は沼津の鷲頭山へ、Y本さん、I井さんとI塚で行ってきました。天気が良くて空は真っ青、海も見えてとても気持のよい岩場です。数年前に行った時は他に1人いるきりの貸し切り状態でしたが、今回は2~3パーティが入っていました。


(鍋の底に岩場への案内)

鷲頭山へと向かう登山道の途中に分岐があるのですが、「岩場入口」と書かれた鍋が木に取り付けられた左手の道を登り、メインウォールへ向かいます。ここは広いテラスがあるので、海を見ながらのんびりくつろぐことも可能。

まずはY本さんが「最左端ルート」を登り、上の樹林帯へ。トラバースして、トップロープを「マンボウダンス」にかけてくれました。「最左端ルート」は階段状であまり難しくないので、アルパインの練習に良いかも。


(「マンボウダンス」と「マンボウ」の上部)

しかし「マンボウダンス」は下部が磨かれたようにつるつるし、まるでフリクションが効かず。そこで左のリッジを途中まで登り、上部は「マンボウダンス」に合流する「マンボウ」へ。いずれにしても厚手のフレーク下部に足を置いてふんばりながら上がるという、けっこうパワー使う系です。その1本右の「クラシックルート」ならもっと易しいのですが、クラック沿いでナチュプロルートなのか終了点が見当たらず、「マンボウ」のものをそのまま利用。


(「3級の岩場」で懸垂下降)

以前来た時はメインウォールしか登らなかったのですが、地元のクライマーさんらしきパーティが左にマルチができるところがあると教えてくれたので、行ってみました。ここは「3級の岩場」と呼ばれているところで、その名の通り3級な感じ。短いけれど3ピッチに切ることができ、マルチ講習に最適です。ここでY本さんがI井さんに、マルチのセカンド引き上げシステムをレクチャー。実際にやってみるため、その後I井さんと私とでつるべで登りました。アイゼンの跡もあったので、アイゼントレにも使えるかも。


(アニメ「ラブライブ!」の舞台としても有名な沼津、帰りはこんなラッピングバスに乗りました)

八ヶ岳阿弥陀北稜20200201.02

Yさん、Uさん、Iで八ヶ岳阿弥陀北稜に行ってきました。新雪と快晴に恵まれた良い連休でした。

まずは赤岳鉱泉で幕営地を確保します。アイスキャンディもしっかり氷が付いている様子です。

この日はアイスキャンディフェスティバルがあり大勢の人が集まっておりにぎわっていました。日中にはお汁粉やお肉の振る舞いがあったようですが、私達には無縁でした。また夜はライトアップされナイトアイスを七丈小屋の花谷さんが登っていたので更に盛り上がっていました。

赤岳鉱泉にテントを張ってジュウゴ沢に向かいます。途中SNSで人気の茶々丸君に会いました(^▽^)/

硫黄岳へ伸びる一般道から途中右に曲がりトレースも薄くなったルートを更に進みます。

ジュウゴ沢F1,F2はしっかり雪が載っておりフリーで登り、この先の乙女の滝を目指しました。

乙女の滝、一組のパーティーが取り付いています。

取り付いて見ると氷が弱く右側斜面以外は崩落の危険があるので、今回は時間も考慮して止めました。

夜は新調したシュラフのおかげで快眠した後、翌日は阿弥陀北稜へ。行者小屋から見た阿弥陀です。

第一岩峰 先行者を-10度の強風の中待つ間、手先の感覚が徐々に失われてくる思いでしたが懐に忍ばせて置いたカイロで何とか乗り切ります。見た目は簡単そうに見えましたが、取り付いて見ると掴み所が無く簡単ではありませんでした。

 

第二岩峰

ナイフリッジ

山頂は風もなくアルプスの山々や富士山が見渡せました。

赤岳を正面に見ながら中岳のコルへ向かって下ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

吸い込まれるような下りです。私はダブルアックスで場所によってはクライムダウンで下りました。

11時過ぎには行者小屋に戻り、ゆっくりして帰りました。

八ヶ岳(南沢 小滝 アイス)2020-01-11

昨年のリベンジで八ヶ岳南沢大滝・小滝を日帰りでUさん、Yさん、Sさん、私の4人で行ってきました。
昨年南沢大滝で衝撃的な光景を目激し敗退せずにはいられなかったアイスクライミング。あれから早いもので1年近く経ちますがとうとう実現しました。
まずは前日海老名駅22時に待ち合わせをし、車で道の駅小淵沢24時着で仮眠を取ります。
翌朝5時30分には起床し美濃戸に向かう事に。
今回もUさんの4WD+スタットレス+チェーンで、一般車は入れない美濃戸口から先の赤岳山荘駐車場まで向かう予定でしたが、スタックしている車があり着いた時にはゲートが封鎖されている状態です。なんとJAFが来るまで入れないと言うでは無いですか!そこでUさんとYさんで念の為、現場まで見に行く事に、すると急坂の下りでプリウスがスタックしていましたが、その脇は車1台通る事が可能な事が解りました。改めて赤岳山荘駐車場に向かいます。


駐車場からは暫く林道が続きますきますがアイスバーン状態です。今年は雪が少ないとは言えやはりここは標高 1,700m雪はありますね。慎重に南沢登山道を南沢アイスとの分岐点迄向かいます。お天気も良く無風で木漏れ日の中進んで行くと、右側にロープが見えて来ます、分岐点です。そこを右に進み、暫くすると大滝と小滝の分岐点が現れます。昨年は左側に進み大滝で凄い光景を目撃しましたが、今回は右側の小滝に進みます。到着して一安心今回は何も有りませんでした^ ^

小滝から東側へ30m位行った所でテントが、羨ましい!

下はツルツルです。

 

現場は既に3パーティが氷壁に取り付いています。氷の状態も良さそうです^ ^3連休と言う事もあり、氷壁の脇にテントを張っているパーティも有ります。北面で気温-3度位でしたがじっとしているとやはり寒くなって来ます。
私達は暫く順番待ちをした後、右端の氷壁が空いたのでUさんがアイススクリューを使ってリードして行きます。少し薄い氷でアックスを打ち込むとボロボロ破れる様な氷でしたが、流石に慣れた感じでスイスイ進んで行きます。登りきった右側の木に支点構築してトップロープをセットしてくれました。50mシングルロープで丁度いい位です。
まず始めに基本の登り方レクチャー(アックスは太鼓を叩く要領でなど)頂きスタートです。

まずはUさんが

私も

Yさん

Sさん

はじめの内はクラックにアックス、アイゼンを凹みに引っ掛けて登感じになってしまい全然アイスクライミングになっていない。何度かやる内にアックスを強く打ち込み、アイゼンを蹴って登れる様になって来ます。
アックスが氷を割り刺さる感じ、アイゼンが氷を捉える感じは出来て来ると楽しいです^_^

お昼休憩後スクリューの使い方を習い左側の壁に移動です。
こちらの氷壁は見た目通りヴァーチカルに近く、氷も硬い状態です。練習の時と違いなかなかスクリューが入って行きません。二個目のスクリューセット時に腕がパンプしてしまいテンションを掛ける状態に!何とか最後までスクリューをセットしながら登頂する事が出来ましたが、氷によって全然違うのが良く解りました。

今回アックスは皆PETZLのクオーク。私が最新モデル、Uさんが一個前のモデル、Yさんがその前のモデル!それぞれ触ってみると特徴があります。最新だからと言って良いわけでは無い様です。
Sさんからすると1個前の型が一番軽く、握る所も若干細いので使い易いようです。皆さんピックを削ったりシャフトにテープを巻いたりと自分の使い易い様に工夫している事もあると思います。

15時半位迄楽しんで下山します。
下山中、突然絶滅危惧種のカモシカ(今では雷鳥より希少と言われているそうですが)に出くわします。私たちを見ても全く気にする事なくモグモグタイムをしています。珍獣を各々写真を撮って下山しました。

下山後は温泉で♨️疲れた体を癒し、境川SAの境川食堂名物大盛りご飯をお腹いっぱい食べて帰ります。この日は何時も渋滞する中央道が渋滞も無くスムーズに海老名まで帰る事ができたので思いのほか早く帰宅する事が出来ました。今回企画して頂たUさんありがとうございました。そして皆さんお疲れ様でした。

昨年南沢大滝で衝撃的な光景を目激して敗退したアイスクライミング、とうとう念願かなって実現出来ました。今回は無事何事も無く終わって良かったです。

カテゴリー: ディスカッション   パーマリンク 編集

20191228杣添尾根

20191228杣添尾根1
(人が少なめで静かな杣添尾根)

冬の八ヶ岳というと、冬も営業している赤岳鉱泉があるため、西面から入山する人が多いかと思います。それに比べると東面は、登山者が少なめで静かな雰囲気。そんな東面にある杣添(そまぞえ)尾根に、Y本さんとI塚で行ってきました。人が少ないイメージでしたが、お正月休みに入ったせいか7~8パーティがいて、そこそこ活気ある雰囲気でした。

杣添尾根に登るには、南牧村の海ノ口自然郷という別荘地にまず入る必要があります。この別荘地の西側奥に登山者用の駐車場があり、登山口となっています。よく行く美濃戸口と異なり、別荘地に入る道がちょっと解りづらく、しかも別荘地内のメインの道路が凍結。あと少しで駐車場というところの微妙な斜面が、スタッドレスタイヤでも登れません。チェーンがなかったので登山口に行きつかないうちに敗退か・・・と思ったのですが、ダメもとで別荘地内を大きく迂回。駐車場に北側から回り込んだところ、駐車できました。

20191228杣添尾根2
(しばらくは平らな遊歩道が続きます)

駐車場からは、富士見岩なる名所まで遊歩道があり、林の中を歩くことができます。遊歩道が終わると貯水池と四阿がある場所に出て、ここからやっと山道らしい感じに。登山道は想像していたよりも整備されていて、快適に歩けました。雪は少ないのではと心配していたのですが、思っていたよりあり、深いところでは膝上ぐらい。雪は下部ではモナカ状、上部に行くとサラサラ、というかビーズクッションの中身のような雪質です。いくら踏んでも固まらないので、テントを張る際整地がなかなかできず・・・

緩やかな斜面を標高2500m地点まで上がっていくと、標高を示す標識が木に取り付けられている、いかにもビバークに適した広くて平らな場所が出現。ソロの人ではもっと森林限界ぎりぎりのところまで進んで幕営していた人もいましたが、私達はここにテントを張ることにしました。2500mより上はここまで広いスペースがある場所は見かけなかったので、ここがやはり適地かも。

20191228杣添尾根3
(稜線上では四方を見渡すことができました)

前日も天気が良かったのですが、翌日も晴れて風もなく、絶好の登山日和に。森林限界を越すと一気に視界が開け、絶景を楽しみました。三叉峰へとたどりついて、先行していた人は奥ノ院へと向かっていましたが、私達はここから下山。荷物を回収して明るいうちに駐車場に戻ることができました。

20191228杣添尾根4