利根川水系 ナルミズ沢 (2019/8/17-18)

酷暑の下界に愛想を尽かし、沢に涼を求め、8/17-18 で利根川水系のナルミズ沢へ行ってきました。

最初はこういう感じの小滝が続きます

宝川温泉から入り、朝日岳登山口、登山道の渡渉地点から入渓。
メンバーは泣く子も黙る百戦錬磨のK緑、今回が沢デビュー紅一点のS原、毎度二日酔いで学習しないU島の3名。

いたる所エメラルドグリーンだらけ

冷たい水と照りつける太陽が絶妙なバランスで、時には首近くまで水につかりながら、幕営地の大石沢出合を目指す。泳ぐことを躊躇うことがないほどきれいなエメラルドグリーンの流れ。

幕営地にはお昼過ぎに到着しテント設営後、昼寝タイム。暑すぎるテントを脱出して近くの岩の上で転がっていた私、虫除けスプレーを塗り忘れた部分を見事にブヨにさされ、帰宅後にひどいことに。

ここで標語「気をつけよう ヘッデン忘れと 塗り忘れ」

WindowsXP の壁紙のようです

翌朝、6時出発でナルミズ沢を詰めていく。水量が減ってきたなーと思ってると目の前に草原が。緑と空の蒼のコントラストがとてもきれいでした。

足下の見えない笹道の下山は怖い・・。

せっかくだから朝日岳に寄り道して行こうとK緑さん。「ふぇーい」と気のない返事をしつつ分岐を朝日岳に向かう。この時、まだこの後に地獄の下山が待っているとは残り二名は知らないのであった・・。

風景が尾瀬っぽい

足場の悪いぬかるみだらけの過酷な下りを黙々とこなし、装備をデポしてた幕営地まで戻ってきて一安心。ここから登山口までおよそ二時間の行程。

ダムカレー(ロックフィル式:大盛)

登山口を抜け、林道に出たらソンビモード。何も考えず足を動かすだけの泥人形、いや、泥だらけの人間。車まで戻り、今度こそ本当にお疲れ様でしたと声を掛け合い山行終了。

帰りは定番の湯テルメ谷川で沢臭い体を清め、水上IC近くの諏訪峡で各自好きなものをかっくらい、ようやく人心地がつきました。

文:U島

栗子滑谷沢

8/11~12 栗子山塊の 摺上川滑谷沢へ行く。

烏川橋から、特に何もない河原を下り、滑谷沢出合から、滑谷沢を遡行。

初日は二俣手前に泊まり、釣りなどして過ごす。

夜雨が強くなってきた。

 

翌朝雨は上がったが、栗子山まで右俣を詰めて、藪漕ぎしてもどうかということで、左俣を遡行して、帰ることにした。

朝も釣りをしてのんびり帰る。

鷹ノ巣谷(鷹巣山)-2019-07-21

Kさんに同行させて頂き、I初の沢登体験して来ました。
場所は鷹ノ巣谷(一応初心者コースのようです)

行き方は奥多摩駅から日原鍾乳洞行のバスにのり終点でおります。
奥多摩からは満員で発車したバスも皆さん途中下車され(後で調べて解ったのですが川苔山へ行かれてようです、川乗橋バス停から登るコースは滝がありお勧めコースのようです)終点で降りたのは私たち二人と単独登山者と見られる1名だけ。私が以前日原鍾乳洞に行った時にもこのバス停でおりましたがやはり私たちだけでしたので、人気の無い場所なんですね。

鷹ノ巣山への玄関口から稲村岩コースに入って巳ノ戸橋を渡った先で入渓。のっけから水量が多く
滝のように流れる川に圧倒されましたが、どこかわくわくしています。
沢の水はすごく透明感があり、川辺の石にはみっしり苔が付いており青と緑のコントラストの綺麗な世界が待っています。

危険だと思われた2か所はKさんがロープを出して頂き拙い私のビレーで何とかクリアーする事が出来ました。

この沢登コースの半分位経過した所に最大の難関20mの大滝があり、その大滝を超えた所に支流の水ノ戸沢との分岐があります。そちらのコースを選ぶと稲村岩尾根へショートカット出来るコースで時間も短縮出来ますが、今回はあえて石尾根縦走路まで出るコースを選択。ちなみにSNSを見ると最近は皆さん水ノ戸沢コースを選択しているようです。

本流筋の上流からは右の尾根に上がる。ここからは沢靴から登山靴に履き替えて藪漕ぎとなる。
全く人の踏み云った形跡の無い所をルートファインディングしながら急登の尾根をひたすら登っていく。何度も追い払っても付いてくるブヨ等に追いかけられながら(この時が一番辛かった)

入渓

3段10mナメ 滝

何時もはどうか?解りませんが先日までの雨の影響で増水しているようです。

昔の人は良くこんな所に石垣を積んだなと感心させられました。

ここはロープを出して頂きました。Kさん曰くここは大滝よりも難易度は高かったそうです。

10mくの字滝

5段15m滝

大滝です

横から見た大滝

ロープで確保して頂きました。

大滝を過ぎた後もこのような滝が何度か続きます

ここは左の岩を登ります

この先はワサビ田などあり変化に飛んだ楽しい沢登を堪能しました

沢から急登を抜け稜線に出るとこんな感じでガスガスです。こんな所を暫く歩きます

もうすぐ登山道(あたりが明るくなってきます)

石尾根縦走路に出て鷹ノ巣山山頂に立ち、その後稲村岩尾根で下山しました。

下山中このような岩々した所が有ったので写真に収めてみました。

2019,07,12_14北鎌尾根

今回は兼ねてより行きたかった北鎌尾根に行ってきました。雪渓有り、沢登有り、クライミングありのバリエーションルート。まだこの時期このコースを行く人は少ないようでテン場は私たちの他に2張り。今回北鎌尾根と小鑓もセットで行く予定でしたが天候不順で小鑓はまたの機会になりましたが北鎌尾根だけで充分楽しめました。ご同行頂いた皆さんありがとうございました。

日程:2019/07/12-14

行程:7/11(木)横浜21:00発-沢渡01:00(仮眠)

7/12(金)沢渡5:00-上高地6:00-横尾9:00-水俣乗越13:00-北鎌沢出合16:00

7/13(土)起床3:00北鎌尾根沢出合4:30-北鎌のコル7:30-独標10:00-大槍16:00

7/14(日)起床7:00肩の小屋8:00-横尾13:00-上高地-16:00-沢渡17:00-横浜

参加:4名(Y.A U.H I.J I.T)

天候:12日曇り時々小雨 13日午前中曇りのち晴れ、午後小雨 14日曇り時々雨

 

小雨が降る中、上高地をスタート!雨の河童橋も捨てたものではないです。

 

何時もこの黄色い看板を艶めかしく見ていた!今回は真っ直ぐではなく右に曲がる。

水俣乗越までザレた急登を登りきると東鎌尾根の稜線に出る。付いたとたん大量の虫!ブヨ!ブヨ!に襲われ じっとしていられない。

この看板も以前東鎌尾根を歩いた時に見た看板!いつかここを下って見たいと思っていた。

やっと念願が叶う、ただ下って見て解ったことだが、ここは下ったら二度と戻っては来れない地獄の1丁目でした!!

今日の幕営地、遠くに見えるあの沢の先迄行きます。

少し下った所を下から撮って、改めて急登です。またこんな感じで急なザレ場が続きます。

左手に明日行くであろう北鎌尾根の稜線がP8~P15まで良く見えました。

 

途中から雪渓のお出まし、さてこれをどうする事か?と悩む間もなく既にUさんは下迄下っている(写真では点に見える所)Yさんも行くしかないでしょうと言うことで、意を決して下る。アイゼンも無いので慎重になるが、下って見るとこれはこれで楽しい。

奥に見える黄色いテントの先が今夜の幕営地、北鎌沢出合。

 

翌朝3時に起床テントを撤収し4時半スタート。ヘッデンを付けて北鎌沢右俣を登る。北鎌沢左俣に行かないように注意が必要です。

 

前日までの雨と今年の残雪のおかげで沢は滝のような勢いで水が流れ落ちている。これはもはや沢登か!

コルまでは沢登りとこんなクライミングの連続

 

北鎌のコルの横には「かえざらえる碑」私は帰りますよ!

天狗の腰掛あたり

槍が見えてきます。

P10から テント1張り程のスペースあり

p12 ここを直登

アルプスの女王 コマクサがそこら中に

独標を巻くとこんな所があり逆に危険!

こんな所もかかんで行く

P13あたり

P14あたり

P15を巻くと遠回りになるので戻る。北鎌平へ

槍の取り付きで左から行くか悩んだが、真っ直ぐ直登で行くことに!この辺りから小雨が降りだす。

 

もう少しで山頂です、最後のチムニー

 

槍を正面やや左側から直登する

上を見上げた所、ここを登っていく

 

槍を登り切った所を上から、右に殺生ヒュッテ!

 

やりました!

 

山頂に付いた時は雨の中、1組しかおらず山頂貸し切り!その内雨もやみ槍ヶ岳山荘がはっきりと。

双六方面は滝雲が綺麗に掛かっていました。

 

帰りにかつ玄 安曇野店で美味しいカツ 肉を頂く(^▽^)

温泉:沢渡駐車場日帰り温泉

食事:かつ玄 安曇野店

20190721新崎川・中尾沢

湯河原というと幕岩に行くことはあっても、沢に行くという選択肢はあまりないと思います。ところが「東京起点の沢登りルート」にも載っていないけれど、湯河原にも沢があります。その新崎川・中尾沢へY本さんとI塚で行ってきました。新崎川の支沢の中尾沢F2が、とても見事な柱状節理(六角形の柱状の岩を束ねたような亀裂が入った火山性の岩)の滝で、今回はそれを見るのががメインです。
(迫力の柱状節理の滝)

アプローチの白銀林道では、中型のイノシシに出くわしてびっくり。突進されたら大変なので身を隠したら、しばらくすると去っていきましたが。入渓点は幕山公園バス停から白銀林道を1時間ほど歩いたところにある、白銀橋。ところが沢は橋のはるか下にあり、懸垂下降が必要かと思ったら、橋を渡った左側に沢へと下りる道がありました。
(ガードレールの切れ目から沢へと下ります)

沢自体はロープを出すような滝もないのですが、途中ナメもあったりと変化を楽しめます。しかしあまり人は入っていないようで、岩が苔むしているのが印象的。あと新崎川の上部には倒木が多いと聞いていたので、柱状節理の滝を見たら帰ろうと決めていたのですが、中尾沢も標高600mを過ぎたら倒木どころか伐採された木で埋め尽くされ、まったく登れません。左岸に細い登山道があるのでそちらへ移動したところ、すぐにF1に着くことができました。
(大きい岩が多く、そこそこ疲れます)

F1からは二俣になり、右俣と左俣の間にあるルンゼに固定ロープを発見。そこを登ったら、目の前はF2の柱状節理の滝です。柱状節理は城ヶ崎海岸で見たことはありますが、沢で見るのは初めて。この滝は「六方の滝」と呼ばれ、滝好きな人の間ではよく知られているようです。この日もカメラと三脚を持ったハイカー男性に遭遇。沢ではなく登山道を利用すれば、バス停から2時間もかからず来られるので、滝だけ見学も可能ですよ。
(中尾沢F1は柱状節理が崩れた感じで、F2ほどの美しさはありません。)