入会について


都合により募集を一時停止します。
再開した時にまたよろしくお願いします。

雪山に憧れているけど「危険だから」と諦めていませんか。
当会では雪山を重点に槍・穂高で活動しています。
学習とトレーニングにより「危険を困難に変え」夢を実現しませんか。
初心者歓迎します。年齢や経験は問いません。
平日しか休めないかたも歓迎です

1 会名称
雪童山の会(ゆきわらべ)

2 所在地
横浜市南区六ッ川4-1157-7(会代表者住所)

3 会員
現在 男9名 女5名 合計14名 (2012年12月7日)(平均年齢43才)

4 会の設立
西暦2000年1月23日設立
神奈川県勤労者山岳連盟を通じて、日本勤労者山岳連盟に団体加盟しています。

5 会の理念
(1)登山の楽しさと素晴らしさは、登山がもたらす直接的な喜びだけでなく、仲間と共に困な
事に取り組み成し得た喜びにより倍加するもので仲間の大切さを知り、規律と協調の精神
を 学び、お互いを高めあえるよう努力する。
(2)安全登山の実践を最優先とし、日常的なトレーニングと学習及び訓練を行い、会員各自が
安全登山の普及に努力する。
(3)登山を楽しむとともに、単に山を登るにとどまらず、山の厳しさを知り、深く山を愛し、山に
学び、山を守り、山を研究する活動を行う。
(4)今登ることが出来る山だけではなく、夢や目標を持ち、実現に如何に取り組めたかという
過程を大切にする。
(5)年齢に応じて、山行分野や形態の変化を取り入れながら、主体的に活動する場を見つ
け、生涯登山に取り組む。
(6)本会の山行は、一分野に偏ることなく総合的に行う、特にいたずらに狭義の岩登りなど尖
鋭的な山行のみに走ることなく、地道に基礎を積み重ね、健全な歩みを続け、その積み重
ねの上に立ちエキスペディションに向かう心がけを養う。

上記理念を実現するため具体的に次の活動を行います。

(1)冬山を会活動の重点と位置づけて活動します。
(2)丹沢と選定地域の2地域の地域研究を実践します。【選定地域は穂高5カ年計画】
丹沢は会のフィールドとして位置づけ、通年にわたり取り組みます。
選定地域及び期間は、会員全員の話し合いにより決定し,総合的な活動ができるフィールド
とし、目標を立て実践します。
(3)会活動として海外遠征を計画し,期間・グレード等全員で取り組めるような山域を調査し実施
します。

6 山行
夏山・雪山・ピークハント・縦走・登攀・沢・海外登山とオールラウンドに活動します。
現在は上記に紹介した会の理念は尊重しながら各個人の意思を尊重するために個人山行が主体となっています。
教育・訓練は随時行います。

7 教育
例会時及び山行の都度指導します。

8 遭難対策
安全登山の実践研究を進めています。
日本勤労者山岳連盟の遭対基金に加入します。
県連盟に救助隊の出動を依頼します。
過去に作成した遭対マニュアルの整備を行っています。

9 会費
会費(年額、一括納入) 10,000円(途中入会の場合月1,000円とする。但し年間10,000円を上限)
遭対基金(10口、年間) 10,000円

10 集会
月2回 (原則として第2木曜日・第4水曜日)第11期集会予定日
横浜駅西口徒歩 県民サポートセンター(10F又は9Fフリースペース)
ヨドバシカメラ(旧:三越)の裏の川をわたってすぐです。旧の県政総合センター。
集会の見学を希望するかたは必ず事前にメールにて連絡をください。
集会見学前に氏名、年齢を明記した簡単な自己紹介、山歴、目指したい山、希望する雪童で
の活動等についてメールに書いてください。
ミスマッチをなくするためにメールでの雪童との相性を確認後に集会見学となります。
気楽に相談メールをしてください。すばやく真摯に対応します。
連絡はこちらにお願いします。

11 メーリングリスト(ML)
メールアドレス(携帯も含む)を持っている会員はMLに加入しています。
集会を補う連絡手段として活用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>