2014.8.3谷川岳中央カンテ

M本さん、K野で谷川岳中央カンテに行ってきました。

○21:00南町田発/0:00前ベースプラザ着、仮眠
圏央道、万歳。但し、交通費は思ったより割高でした。(普通車で5000円ちょい・・・イタイ)

###
○3:30起床/4:00出発/4:50出合着
この週末は天気も良い予報だったので出合いにテントびっしりかな、、
なんて予想していたけれど、2張しかなかった。
テールリッジを見上げても先行パーティーの姿は確認できず。
「お、ラッキー」なんて思ったけども、その理由は後ほどわかった(気がする)
DSCN3055

###
○5:10出合発/6:20中央稜取付
広がる青空っ!照りつける太陽ッ!!ほとばしる汗ッ!!!・・・吐きそう。。。。
くそ暑い。とにかく暑い。。だんだんと気分も悪くなってきた、、
高度を上げるにつれて、ある言葉が頭をよぎる。

晴 天 敗 退・・・

ふらふらになりながら中央稜取りつきへ到着。早速大休止。
脱水症になるまいと水を2リットル持ってきたが、ここで400mlくらい消費した。。
この暑さ、まずい。とてもまずい。人が少ないのも頷ける。
休憩をとり気力が少し回復したので、行けるところまで行こうとギアを装備し、
水1リットルもって、いざ中央カンテ取り付きへ。
DSCN3062

###
○7:10 1P目スタート/10:20登攀終了(烏帽子岩基部まで)
他パーティーは、先行で凹状に1パーティーと、自分たちとほぼ同じタイミングで
変チに取り付いた1パーティーのみ。その後、南稜に2パーティー。
暑さが不安だったけど奇跡的に!?登りはじめると日が陰り、風も良い感じで出てきた。
岩もすべて乾いており、快適な登攀となった。ほんと気持ちよかった。
(※各ピッチ詳細は後述)

###
○10:40烏帽子岩基部から下降/12:00頃 南稜テラス下部
同ルート下降を考えていたが、上部の懸垂支点が古いハーケン、リングばかりということと
(下部はペツルがしっかり打たれてた)、南稜から下降した方が気持ち的に安心ということで
後者を選択。

※下降後にお会いしたパーティーは前日に同ルートを下降されたということで、
感触を伺ったところ、下降中は左へ左へと振られるので結構気を遣うとのこと。

###
○12:30中央稜取付/14:10出合/15:05ベースプラザ
中央稜取付にもどり、まずは水をガブ飲み。大休止。
ギアをはずし、デポした荷物を回収し、再び太陽に照らされたテールリッジを下降。
DSCN3087


<ルート全体を通して>
支点が少なかった。。(見つられなかっただけ!?)5Pチムニーと7P目の少しかぶった垂壁には比較的多い。カムは5P目で#2、7P目のクラックで#0.3を使用。なくても大丈夫だろうけどやはりあると安心。
今回チャレンジアルパインに記載されている通りにピッチを切れたと思うが、本の記載に比べると各ピッチの長さはそれよりだいぶ短い印象を受けた(5~10mくらい短め?)
記載の長さを鵜呑みにして、まだ伸ばさないと上がってしまうと変なところでピッチを切ることになるかも。


<各ピッチ詳細>
◇1P目(Ⅲ+/トラバースから草付直上/K野リード)
取付からバンドを右にトラバース。トラバースの抜け口がちょっと怖い。
その後、ルンゼ状の草付きフェースを左上気味に直上。
屈曲する部分の処理によっては、その後のロープ引き上げが辛くなりそう。
ビレイ点にペツルあり。
DSCN3079

◆2P目(Ⅲ/草付直上/M本さんリード)
ルンゼ状の草付きフェースを緩く左上気味に直上。
ルート全体的に言えることだけど、落石にはほんとに注意。
幸い先行する凹状パーティーからの落石はなかったけど、
自分たちも落とすことは許されない。支点少ない。途中、右側に支点あり。
ロープ流れを考慮しスリングで要調整。右上には凹状岩壁のラインがよく見える。
ビレイ点にペツルあり。

IMG_1888

◇3P目(Ⅳ/バンド左上からカンテ直上/K野リード)
ビレイ点の右側からバンドに入り左上、その後カンテを直上。
ちょろちょろと生える草が少しうるさいけど高度感もあり非常に気持ちよいピッチ。
ビレイ点にペツルあったかな。(気持ち良すぎて忘れた・・・)
DSCN3065

4P目(Ⅳ/カンテから小垂壁/M本さんリード)
カンテをさらに登り、小垂壁を乗越し、少し行くとチムニー手前にビレイ点。
ビレイ点近くは岩くず多し。下から見ると小垂壁は直上するほうが楽そうに見えるけど、
実際はいったん右側の出っ張った岩(岩の下側にハーケン1本あった)から入り、
左に抜けたほうが登りやすい。
DSCN3066

◇5P目(V-?/チムニーからフェース/K野リード)
もろいルンゼ状を少し登ると、大きな口を開けたチムニーへと吸い込まれる。
左側のフェースの方が一見優しそうだけど、それは罠。きっと上で行き詰る。。
チムニーに入り少し上がってから身体を外に出して、足でホールドを拾いながら
左手はプッシュ気味で超えた。楽しいピッチ。チムニーを超えると安定の(?)ぼろいフェース。

IMG_1898

◆6P目(Ⅲ/フェースを左上して右上/M本さんリード)
左上して変チからのルンゼとぶつかる辺りから右上。この辺も岩屑だらけで不安定。
簡単だけれども変チ側に石を落とさぬよう細心の注意が必要。
次ピッチの垂壁が見えるところでビレイ。ビレイ点は狭い。

IMG_1906

◇7P目(Ⅴ(A0)/垂壁からコーナークラック/K野リード)
いよいよ核心。最初の少し被った垂壁にはA0用の残置スリングが3本ほど垂れ下がる。
気合を入れてまずはフリーで試みる。わっかんねぇ。少し考え即断念。A0やっほー。
1つめの赤いスリングに右足を乗せ、アブミを巻き込む要領でぐいっと身体を持ち上げる。
一段上がった棚には手がかり少ない。右手を伸ばすとスリングを掴めたがバランスを
崩しそうなので、右手は少し身体よりの小さなカチっぽいホールドを頼りに、
左手で棚を押して抜けた。左側にもハーケン(残置スリングなし)があったので、
ここに1本かけておくとセカンドもだいぶ楽に上がれそう。
つぎはコーナークラック。クラックの下の方にハーケンがあった。その上にカム#0.3を使用。
あとから他の記録を見ると左のフェースを使うといいと書いてあるのをみたけど、
ほんとかなぁ。。そのときはあまり余裕がなかったので見落としていたのかも。
こんなところでレイバック!?なんてびびりながらなんとか抜けた。いや~怖かった。

セカンドで登ってきたM本さん、私の顔を見るや「ほんとにありがとう」と一言。
こちらこそオイシイところをリードさせてもらってありがとうございます^^;
そして、あれはセカンドでも怖いと思う。。もし濡れていたら迷わずアブミを出すor作りたい。
その後、右上に見える実際には四畳半もない四畳半テラスでビレイ。

IMG_1910

◆8P目(Ⅳ/スラブから凹角/M本さんリード)
四畳半テラスから草付を左上し、凹角に入る。ここも脆い。登りきった先でビレイ。

IMG_1911

◇9P目(Ⅲ&Ⅳ/草付からフェース/K野リード)
草付きの凹角を直上し、烏帽子岩の左肩を目指して左上。後半は思ったより悪い。
烏帽子岩基部でビレイ。烏帽子岩基部はまるで甲板のように平らで大きなテラス。

IMG_1921

◎南稜への下降
烏帽子岩基部にはハーケン&リングで作られた支点(残置スリング多数)と、
少し離れたところに銀色のハーケンだけで作られた支点(残置スリング多数)がある。
その二つを利用したバカ長いロープスリング2本(うち1本表皮がなくなり
芯もほつれてばらけている)を使ってルンゼへ下降。ロープに繋がる残置カラビナ
(黒いの2つ)が中央カンテ側にあるときは、それを外してルンゼ側に垂らす。

出だしはちょっと怖い。だってロープの芯見えていて、岩にこすれているもの。。
ほどなくして完全な空中懸垂となり気持ちが良い。但し懸垂支点は気持ち悪い。
背後の茶色い壁に支点あり。その後、茶色い壁の支点から1本の立ち木が
飛び出しているのが見えるのでそこを目指す。ビレイした方が安心。
笹薮の下は奈落の底という感じ。。

IMG_1928

笹薮に隠れて見えないが立ち木から先に5mほどフィックスロープあり。
フィックスがなくなってからは南稜目指して上にあがる感じでトラバース。
横に横にと意識すると下がりすぎるので注意。

ほどなくするとのっぺりとした笹薮に抜ける。少し進むと左下へと続く踏み跡あり。
踏み跡を5mほど下ると、次は右に続く踏み跡があり、そこを抜けると南稜終了点。


<その他雑感>
二人とも初めてのルート、3時間で抜けれたのはかなり良い出来だと思う。
今回強く感じたのは、谷川は2人パーティーで登るほうがすっきりして良い。
つるべでどんどんあがってとっとと抜ける。M本さんの口癖「スピードは安全だから」
ほんとにそう思う。核心で即A0に切り替えたのもM本さんに教えられたこの言葉が
身体に染み込んでいたからこそ。本チャンはスピードが大事。
その中で「どこかお楽しみのピッチ」を決めて、そこはじっくり取り組み、
それ以外のピッチはとっとと上がる。というのもありだけど、
谷川はとにかく早く抜けることが最優先な感じ。もちろん丁寧に、かつ慎重に。
そのためにはA0でも何でもいいので、とにかく抜ける。セカンドでも同じ。とっとと上がる。
すぐにor少し考えてもムーブが出てこなかったらそれはクライミングの技量不足。
そこで悩み、頑張ってもリスクを背負うだけ。そこはフリーや普段のトレーニングで
頑張るところ。(・・・ってか、頑張らないと><)

DSCN3090
また来ます。

(K野)

20140704鷹取

20140706_190814.jpeg 20140706_190814_2.jpeg

M本、K野で鷹取に行ってきました。
この土曜は天気がよくなかったため土日での山行を諦め、アブミとレスキュートレーニングに的を絞りました。

昨日はジムでアブミ、そして今日は鷹取でアブミの練習。(K野はアブミの本チャン経験なし)
M本さんに教わりながら、リードを想定して支点を取りながら登りました。何本か登った後、ザックに荷物を詰め込み背負って登攀。やはり全然違いますね(>_< ) ギアもごちゃごちゃして自分なりのルールをちゃんと決めなくてはと思いました。 レスキューは二人だけでバックアップの確保者がいなかったので登り返しだけ練習しました。久々で最初こそあたふたしてしまいましたが、数回うりうり押し上げると要領を思い出しスムーズにいけました。こうして時々やっておくと本チャンでも慌てずにできそうです。良い練習になりました。 K井さん 最後になりましたが、アブミを譲って頂き有難うございました。これからどんどん使わせて頂きます! K野 無駄のない動きでスイスイM本さん。一方、K野はじたばた。1本目は、上下ともクレイムハイストにしたため押し上げに苦労。2本目はマッシャーでスムーズに。巻き数を変えてさらにもう1本。

20140614-15 湯川(クラックトレ)

Y田、S井Ku、S井Ke、K野で湯川に行ってきました。
クラック、難しいですね。。海金剛、注文の多い料理店が目標なのですが
トレーニングを終えて近づいたというより、むしろ遠のいた気がします。。
練習あるのみ!!

by K野

(台湾坊主 5.9)
yukawa01

谷川岳 一ノ倉沢烏帽子沢奥壁南稜

20130808_161407.jpeg

8/3(土)ーM本、Y本、K口、K野で谷川岳一ノ倉沢烏帽子沢奥壁南稜へ。
前週の雨がそこら中から染み出しており、始めから終わりまで快適とは言い難い登攀。
下降にてK野、6ルンゼをまっすぐ行ってしまい、駐車場に着く頃にはすっかり夜。
終電逃すまじと風呂なしでの帰路となり、途中から電車の方々にはご迷惑をおかけしました。┏○))

北岳バットレス第四尾根主稜

■2013年7月27日(土)~28日(日)
■メンバー:Y田、Y本、K野
■記録:K野
■行動実績
26(金)
○自宅22:00~芦安駐車場0:28
到着時点でバス・タクシー乗り場が目の前の芦安第2駐車場はほぼ満車。激混み。
白峰会館の下をお借りして仮眠。
[参考]南アルプス市営芦安駐車場位置図
http://www.city.minami-alps.yamanashi.jp/kanko/yama/files/shiei-parking01.pdf

27(土):
○芦安駐車場5:15~広河原6:00
朝4時、周囲が騒がしくなり起床。早くも登山者で溢れはじめる。
広河原行きバスの始発は5:30なのに、、
運よく5:30発の乗り合いタクシー、座席ゲット。
乗り合いタクシーの始発は5:10とバスより少し早い。
(バス1000円、タクシー1100円)

▼続々とやってくる登山者を飲み込むバスたち
DSCN0502_R

○広河原6:30~二股8:29~bガリー大滝取付13:20~bガリー大滝上14:30
天候よし。標高が高いため涼しく、沢筋を渡る風がとても心地よい。
前週の錫杖は本当に暑かった。それはそれはとても。
バットレス沢、C沢を通り過ぎてしまい、D沢よりbガリー大滝へ。
D沢は八本歯のコルへと続く登山道途中にある道標を右へ。
ロープを潜り左岸沿いに進む。途中でC沢へとトラバース(踏跡あり・明瞭)

▼二股から北岳を望む
DSCN0506_R

▼バットレス沢?
▼C沢?DSCN0510_R
DSCN0511_R

▼D沢(左岸にC沢へと続く踏跡あり)
DSCN0514_R

▼ガスが抜け姿を現した下部岩壁
DSCN0519_R

▼下部岩壁に近づきすぎないよう引き続きC沢へ向かう
お花畑がきれい。しかし花にはあまり興味なし。黄色い花と白い花がたくさん。
DSCN0525_R DSCN0523_R

▼ようやくC沢。bガリー大滝までは結構な登り
DSCN0526_RDSCN0531_R

▼bガリー大滝基部へ。ある意味ここが核心だった。
エッジの利かないアプローチシューズでダブルハンマーを振るい進むこと1時間。
ロープを上でフィックスしてもらい、後に続くY田さん。K野は気持ち先走りフラットソールで。
凄くいや~な角度のスラブを登っている感じ。アイゼンとピッケルあれば楽勝。
DSCN0536_R

▼bガリー大滝上より。
下部岩壁とはいえ結構な高度感。
DSCN0537_R

○bガリー大滝~四尾根下の緩傾斜帯(ビバーク)16:10
bガリー大滝を後にし、四尾根へと向かう。が、しかし、
トップを行くK野、第二尾根末端下部にある左へと続く踏跡を見逃し、
ひとりぐいぐい登る。下にいるY田さんに声をかけられたが、時すでに遅し。
クライムダウン、できねぇ。。ふと左を見ると懸垂支点を発見&姿見えぬお仲間発見。
有難く使わせて頂き、落石に注意しながら下降。”明瞭な”踏跡に戻り、Cガリーに向かう。
Cガリー左岸より正面に見えるバントを左上。適当な平地を見つけビバーク。

▼Cガリー左岸より正面に見えるバントを左上(写真中央)
DSCN0540_R

▼Cガリーを行くY本さん、Y田さん
こんなガレガレなのにY田さんは実に楽しそう。
DSCN0542_R
▼至福の一杯(の準備)
DSCN0549_R

28(日):
○起床3:30~いざ四尾根5:00~1P目取付5:53
幻想的な日の光の下、のんびり出発準備。
ビバーク地が思ったより下だったのか取付までは意外と掛かった。

▼山やっててよかったなぁ、、と思えるひととき。
DSCN0556_R

○1P目6:03~(K野リード)
1P目は凹角のクラック。クラックを抜ければ何の問題もない緩やかなフェース。
支点は左上のカンテにハーケンあり。クラックに支点を求めるならカム#3。
s-P7280027_Rs-P7280031_R

○2P目6:28~3P目6:51~(K野リード)
登りやすそうなところを適当にぐいぐい登り気持ちよく高度を稼ぐ。
白い岩のクラックは確かに”やさしいスラブ”
s-P7280034_RDSCN0572_R

○4P目7:20~(Y本リード)
気持ちの良いリッジを20mほどリードして頂く。
その間、K野はロープに擦れた”逆剥け”から溢れ出る血を止血。痛い痛い。

○5P目7:40(K野リード)
核心部となる三角形の垂壁。ハーケン多数。左に目をやるとdガリー奥壁。
垂壁を抜けるとマッチ箱の頭までこれまた爽快なリッジを行く。
DSCN0573_RDSCN0575_R
s-P7280044_Rs-P7280048_RDSCN0584_R

○懸垂下降
マッチ箱には懸垂支点2つあり。どちらも安定している。
下降先はすぐ下に見えるテラス(青い捨て縄で作られた支点が見える)としたが、
チャレンジアルパインに記載されている6~7P目(20m+30m)を1ピッチで行くなら、
そこのテラスに下降すると枯木テラス手前でロープが足らなくなるため、
テラスより5mほど登ったところに見えるリングボルト目掛けて降りた方がよい。
DSCN0578_RDSCN0588_R

○6+7P目8:23(K野リード)
枯れ木テラス目指して一気に登る。しかし、前述の通り、枯れ木テラス手前でロープが
足らなくなり、後続の2人に少し上がってもらってロープぴんぴんで枯れ木テラスへ。DSCN0590_Rs-P7280057_R

DSCN0592_R

 

 

 

 

 

 

○8P目8:58(K野リード)
枯れ木テラスから左に20mほどトラバース。途中支点は1箇所のハーケンのみ。
エッジは見た目よりしっかりしていて、ぐいぐい行ける。けど濡れていたらイヤなとこ。
この頃には後続パーティが続々とやってくるのが見える。
s-P7280061_RDSCN0593_RDSCN0595_RDSCN0594_R

○9P目9:20(K野リード)
dガリー奥壁の最終ピッチ。赤いハーケンが目印の顕著なチムニー。
赤いハーケンは少しぐらぐらしていた。せっかくなので持ってきたカム#1を使用。
一段上がったところでチムニーの中に入り込んでしまい、支点がぁ!支点がぁ!!と思ったが
何のことはない。思いきって体を外に出せばハーケン見っけ。あ、また見っけ。
A0することなく無事突破。終了点は抜けてすぐの枝がうるさい潅木で。(9:50終了)
DSCN0596_Rs-P7280064_Rs-P7280072_RDSCN0598_R

○そして山頂へ。
終了点からはずるずるとロープを持って移動。30mほど登った広いテラスで靴を履き替え
山頂へと向かう。が、意外と長い。”頂上近く”なんて書いてあるから、すぐかと思ったが
20分ほど歩いてようやく頂上へ(10:31)。

DSCN0604_RDSCN0610_R
DSCN0620_RDSCN0622_Rs-P7280075_R

(カム備忘)
・装備:#0.75(1)、#1(2)、#2(2)
・使用:#1(1、9P目)

K野

Y田さんからバットレス参加者募集を聞いて、一度は訪れたいと思っていた場所だけに参加を表明した。一緒にK野君も参加ときき、これは楽々だな~と思っていた。
しかしいきなりの雪渓リードで消耗してしまい、美味しいところをK野君に全部持って行かれた感じになったが、まあいい経験をしたという事で。
いつもながらY田さんありがとうございます。楽しめました。
K野君ガンガンいってくれてありがとう、のんびり楽しいクライミングができました。
Y本

夏!この時期は毎年沢で水に浸かっていたが今年はGW前に爪周囲炎から右足首蜂芽織炎になり2週間入院。なんとか治ったものの水にはいることは憚られたので1泊で行ける近場で涼しい標高の高い岩場ということで久しぶりにバットレスに行くことにした。
元気なK野君、積極的にアルパインに挑戦しているY本さんが付き合ってくれて気楽に楽しむことができました。崩壊後初めて行きましたが高度感あふれる快適なリッジをガバガバ登れるのは変わらず快適なルートのままでした。次回は中央稜から直接北岳に上りたいですね。
Y田記