20121222~23 八ヶ岳 真教寺尾根~県界尾根

12月22~23日、Y田、K緑、K井、K口、K谷で八ヶ岳、真教寺尾根~県界尾根に行ってきました。

22日は予報通り、雨。23日が晴れの予報に望みを託し東名~中央道へ。途中、137号の御坂峠出口で予想外の積雪渋滞で到着が遅れ、美し森に着いたのは、11時を過ぎていた。到着の遅れと雨だったこともあり、スキー場のリフトを使用して、一気に標高1900m地点へ行くことになり、2年ぶりの雪山だった私は、半分残念であり(半分ほっとした。)
 
天候は小雨まじり。。。

踏み跡をたどって、なだらかな斜面を、小雨に打たれながら歩き、2時間ほどで牛首山到着。さらに40分ほどで扇山。追いついてきた10名ほどのパーティーともここでお別れ。ここから先は、踏み跡のない新雪をしばらく楽しむ。標高が高くなるにつれ、冬山らしい冷気が顔に当たる。尾根が広いので良好なテンバはたくさんあった。
15時過ぎ、扇山から30分ほど進んだところでテントを設営(2335m)した。
 
今晩は、K井さんお手製の合わせ味噌でとびっきりおいしい豚と豆腐とキャベツの味噌鍋をいただいた。

「おいしー!!」
 
 
 
 

具に入れる豆腐作りは自分の担当となり、あやうく豆乳スープになるところだったが、全力でリカバリーして無事豆腐を完成。

 
 
 
 

 

小雨もいつしか止み、夜半にはきれいな月明かりに包まれ、明日に期待する。

23日、4時起床。6時出発

 
 
 
 
 
 

ヘッデンをつけ、トレースのないまだ暗い緩やかな斜面をしばらく進むと次第に斜面はきつくなり、尾根が、その輪郭を見せはじめる。

 

 

 

 

新雪は、時折、腰までもぐる。。。

 

 

 

 

 

ラッセルを交替しながら、ぐんぐん高度を上げる。

 

 

 

 

 

6:50日の出。

 

 

 

 

 

朝日を浴びた権現岳、天狗尾根が白く浮かび上がる。晴天に感謝。

 

 

 

 

 

樹林帯を抜け8:30に鎖場着(2690m)。けっこう立っている。チェーンにピッケルを刺しチェーンツーリング?で登攀。チェーンを使わなければ、そこそこのグレードだと思うが、さっさとチェーンに摑まって登る。

 

 

9:10に二つ目の鎖場の到着。

 

 

 

 

 

高度感、抜群のなか、急斜面を登る。標高が高いためか、息が上がる。

 

 

 

 

腰がらみでビレイ。

 

 

 

 

 

10:38に赤岳頂上(2899m)着。西面から登ってきた登山客でとても賑やか。

 

 

 

 

頂上で記念撮影。風が強い。

 

 

 

 

 

360度のパノラマをしばし楽しむ。

横岳(大同心、小同心)

 

 

 

 

 

阿弥陀岳

 

 

 

 

 

寒いので、県界尾根の風のないところまで避難。ここから、赤岳東壁がよく見える。

「おー、かっこいい!」

真教寺尾根と県界尾根に挟まれた赤岳東壁、日本登山体系を見ると、いくつものルートがある。どのルートもしびれそう。

 

11時過ぎ、県界尾根の北側の急斜面をジグザグにトラバースしながら下降を開始。

 

 

 

 

13:45小天狗の分岐を過ぎ、14:12に登山口。15時過ぎにスキー場駐車場着。

久しぶりの新雪と雪稜を楽しめ、とっても楽しい山行だった。メンバーに感謝。

たかね湯で疲労を回復し、横浜への帰路につく。。。

(K谷 記)

7/30~8/1 葛根田川 大深沢 

7月30日から8月1日の2泊3日で、北東北、八幡平にある葛根田川と大深沢にY田、K谷、他2で行ってきました。

ルートは、(1日目)滝の上温泉~葛根田川遡行、滝の又沢出合BP (2日目)BP~八ツ瀬森湿原~大深沢、関東沢下降~北の又沢遡行、三俣BP (3日目)BP~東の又沢遡行~(登山道)~三石山~滝の上温泉で、予備日を1日としましたが、天候は予想に反し、1日目にテン場についてからドシャブリになった以外は概ね天候にめぐまれ、予定の工程で下山しました。

葛根田川は、水量も多く明るい気持ちのよい沢で、テン場も抜群にいいです。沢を抜けると木々に囲まれた広々した気持ちのよい高層湿原が広がり、癒されます。大深沢には、「ナイアガラの滝」と呼ばれる滝があり、これは一見の価値ありです。そしてこれを抜けると、美しいナメが連続して、これがすばらしいです。帰りの登山道では、ニッコウキスゲの群棲が見られました。

晩御飯では、釣った岩魚を塩焼きにしておいしくいただきました。焚き木で焼いた岩魚はとてもおいしく、日本酒によく合うのでした。

北東北は、歩いていると暑いぐらいですが、濡れてたり、風が吹いていると寒いです。フリースと夏用シュラフはあった方がよいです。

帰路、夕食を食べようと寄った盛岡でたまたま「さんさ踊り」のパレードを見ることができ、盛りだくさんの沢旅になりました。

紅葉の季節もとてもよいと思います。

K谷 記

6/12 小川山

KK.KY2、他1で6/12に小川山に行ってきました。
前日に雨が降ったので、当初は、甲府幕岩を予定していましたが、小川山の風通しの良い兄岩周辺に変更しました。
風通しはよく、少し寒かったぐらいです。
前日の雨のせいか、クライマーは少なかったです。
岩は、乾いていて、気持ちの良いクライミングになりました。

追伸
小川山の山荘周辺は、道路が整備されて綺麗になっていました。