2017/5/3 – 5/5 鹿島槍東尾根

今年のGW

 

5/3

混雑している大谷原の駐車場でのんびりと準備。天候も良く気持ちのよい朝だ。
林道を1時間弱歩いて行くが、取り付きが見当たらない。かなり戻るとピンクのテープ。はじめの堰堤が取り付きだった。こんなに近いのか、、、

急登を上がって行くとチラホラと雪が出はじめ、尾根に上がるころには雪の上を歩くことになる。展望もなく暑い気温とダラダラとした傾斜が続き、うんざり。。。
やっとの思いで二ノ沢ノ頭に着くが開けた展望にも特に感動はない。今日のテン場である一ノ沢ノ頭までの小さなアップダウンは各自のペースで。
一ノ沢ノ頭は大混雑。自分達が一番最後の到着となったが、それでも四テンを張るスペースはあり、テントの外で水を作ってナベを楽しむ。周りはしっかりと18時過ぎには静かになり、就寝。

5/4
2時起床。
昨夜はとても暖かな夜だった。少し急いで準備をして、4時過ぎに4番手くらいのスタート。しっかりとトレースのついた締まった雪に足元の不安はないが、朝一番からの急登は息が切れる。

やっとの思いで第一岩峰。右のルンゼには雪がしっかり付いているので簡単に上がって行くが、ロープを出しているパーティがあり、少し渋滞。ごちゃごちゃした斜面を上がって行くと傾斜のある雪面となる。真っ直ぐに上がり、尾根に沿って進んで行くと先には核心となる第二岩峰が見えてくる。

前には取り付いているパーティを含め、全部で6-7パーティが待ち。他のパーティの登りを見ながら、あーでもない、こーでもない。

やっとのことで自分達の番。リードは前のパーティのセカンドを待ちながら、核心もすんなりと抜けていく。下部は岩の階段で核心下まで。左右の足を上げ、左の窪みにアイゼンをかけると上のガバが簡単に取れる。あとは多少無理ヤリに乗っ越せば終わり。汚いフィックスや残置スリングが邪魔だ。ラストも多少バタバタしながら上がってくる。

ここからもロープを出すのかと思っていたが全く問題なく、キレイな雪稜をゆっくりと登ると先には目指す北峰が見えてくる。
何となく到着し、南峰とのコルで昼寝をしながら大休止。

予定では冷池山荘で幕営の予定だったが、時間もあるし、帰りの渋滞を考えて、今日は高千穂平まで降りることとする。小屋まで疲れた身体でダラダラと歩き、赤岩尾根へのトラバース。少し下ると平らな白樺平?という場所に幕営跡がある。広々とのんびり出来る場所の為、今夜のお宿はここに決定。自分達だけの静かな時間を過ごすことが出来た。

 

5/5

3時に起床。
空には天の川が流れ、ときおり流れ星が見える。ゆっくり準備をして下山。尾根の右手の沢が快適そうに見えるが、だれも赤岩尾根を経験したことがないため、きちんと尾根を下る。下部も結構悪く、これならば沢筋を下る方が早く安全かもしれない。

クラシックルートとして有名な今回のルートであったが、状態にもよると思うが、何とも言えない中途半端な印象を受けた。

 

2016/5/22 谷川岳 幽ノ沢中央壁 正面フェース

前日の一ノ倉南稜から本日は幽ノ沢。キリキリした登攀を期待しての山行。

メンバーは同じくM本、Y本。朝3時に起床し、幽ノ沢出合を目指す。本日も大変いい天気となりそうだ。

●アプローチ(4:50~7:00)
出合から進んで行くと左に曲がり、その先ではズタズタの雪渓。少し戻って展望台経由とする。ジメジメした急な斜面を上っていくと踏み跡がある。どうやら先行Pがいるようだ。さらに詰めてやっと上まで。右から声が聞こえてくるので行ってみると先行P5人と合流。V右とのこと。幸いここから見るとカールボーデンには全く雪がない。少し待って同じポイントから懸垂下降。二俣の雪渓は落ち着いている。ロープを畳んで右俣へ。所々雪渓が残っているが、そこまで危険ではない。さらに詰めていくとカールボーデンの広場。少し中央寄りに詰めていくとハッキリとトウフ岩への左上するラインが分かる。慎重にここを詰めるとトウフ岩右下のバンドに出て、ボロいハーケン2枚の狭いテラスに着く。

img_3078 img_3088

●登攀(7:30~14:50)
1ピッチ(30m)Ⅳ+
スタート。草付きの左側のフェースを草を掴みながらだましだまし。上部では岩に沿って少し左上し支点につく。途中にピンはなく、落ちたらちぎれる灌木で形ばかりの支点をとる。img_3107

2ピッチ(40m)Ⅲ
左上するスラブのバンドの明白なライン。進んで行くとボロいカンテにぶつかり、そこから少し上ったところある支点で切る。

img_3114

3ピッチ(30m)Ⅳ
ここから左上に見えるボロいフェースが簡単そうに見えるが、支点から少し戻ったラインだろうとスタート。右上に見えるピンを目標に一段下がってから少し戻るように右上。そこから上は縦に走るラインをまっすぐ上っていくとテラス。支点は途中の腐りきったピンひとつ。落ちたらアウトだろう。

4ピッチ(20m)Ⅴ
正面ハングの切れ目を目指す。はじめのピンははるか上のリングボルト。テラス左から上がるがはじめもかなり悪い。右上にピンを追いながらトラバース気味に上がるとハングの切れ目。左の岩に足を上げて、右側の岩をプッシュ。右足を上げて何とか乗越すとすぐ左上に支点。img_3120

 

5ピッチ(40m)Ⅲ+
支点の右から上がるが一歩が難しい。その後ルートはハッキリしないが、左にトラバース気味に簡単なところを上がっていく。かなりのランナウトに耐え切れず、途中でハーケンを打とうとするが全くリスはなく、プレッシャーがすごい。フェースをかなり上がったところでやっと支点が出てきて一安心。さらに一段上がった広いテラスまで。img_3123

6ピッチ(50m)Ⅳ
下からは簡単に見えたフェース。前のスラブ状をまっすぐ上がるが、ところどころ岩や草付きで悪い。ロープいっぱいまで上がり、支点で切る。img_3128

7ピッチ(50m)Ⅳ
前のフェースを上部に見えるハング下まで。真下までは届かなかったが、特に明瞭な支点もなかった感じ。ここもところどころ悪い。

8ピッチ(30m)Ⅳ+
フェースを上がっていくと傾斜が出てくる。支点はあるが右側のカンテに移る手前が悪い。カンテに上がりまっすぐ進むと広いテラス。

img_3131

9ピッチ(40m)Ⅳ
カンテを右側にまたいで簡単な岩からいやらしい草付きをあがり左上。

img_3142

10ピッチ(30m)Ⅲ
まっすぐ上がると左にはブッシュ帯。灌木を支点にする。とりあえず、ロープはここまでは必要。

11ピッチ(20m)Ⅱ
ブッシュ帯を左から上がり中央壁の頭下まで。

12ピッチ(40m)Ⅱ
中央壁の頭を右から巻くように上がり、先の尾根の途中まで。img_3145

13ピッチ(40m)Ⅱ
最終ピッチ。前の斜面までロープを引きながら。img_3156

広い斜面を草付きと岩をつなげながら30分程度あがると尾根に出る。img_3167

・ガイド本にあるⅡ、Ⅲと考えると痛い目に会うかもしれません
・シーズン初めのルートとしては不適切
・もう一度行きたいとは思いません。。。

ピンが無い無いと聞きますが、本当に無いです。決して難しくはないかと思いますが、ルートを外すとハマる可能性大。勧められるルートではありません。(自己責任で)

2015/9/22 谷川岳 凹状岩壁

M本・他1で谷川 凹状に行ってきました。

IMG_1191

シルバーウィークの谷川。どれだけ混雑しているかと心配しながらの山行。

朝3時に道の駅で起床し、準備をして無料駐車場まで移動。先週に引き続き今日もキレイな星空で天候はいいようだ。しかも連休中なので睡眠時間はたっぷり。珍しく早起きし、正しいスタイルで出合まで歩く。

●アプローチ(4:50~6:20)
出合には5張程度で半分くらいのパーティが準備中。すぐに少し焦ってのスタート。沢を歩いて行くと完全に明るくなり、右岸の岩場を上がって先の斜面を懸垂下降。前には二人組の1パーティのみ。乾いたテールリッジを上がっていけば中央稜基部に着く。先のパーティは南稜テラスに上がるようだ。少し周り込んで取り付きでのんびり準備。

 
●凹状登攀(6:50~10:10)
1ピッチ(Ⅲ+ 30m)
久しぶりのトラバース。前回はもっと悪く感じたが出口の部分も特に問題なく抜ける。折り返して草付きのフェースを直登し、一段上がったところにあるペツルのしっかりとした支点で切る。

2ピッチ(Ⅲ 40m)
左から上がり、そのまま緩いフェースを左上。左のフェースにある中央カンテとの支点で切る。途中支点ゼロだが、特になんでもないピッチ。

2

3ピッチ(Ⅲ+ 40m)
ここからが初めての部分。日陰になっている凹状部分の下までだろうとスタート。この辺りから傾斜は緩いが岩が全体的に脆くなりはじめる。丁寧に上がって行き、先を見るとやはり垂壁下に支点らしきものが見える。上がって行くときちんと打たれたペツル。

4ピッチ(Ⅳ+ 30m)
日陰の凹角。少し上がったところには2つのリングボルトが並んで見える。下から見ると寝ているように見えるが、上がって行くとやはり傾斜が出てくる。日陰の部分は特に岩が脆いので丁寧に。手足を置く部分はちゃんとあるが、支点の無さと岩の脆さがポイントとなるピッチで、リードならばプレッシャーだろう。

4

5ピッチ(Ⅳ 30m)
小ハングを超えるとのことだが、下からはどう見ても明るい草付きの斜面にしか見えない。とりあえず行ってみようとのことで前のカンテ状を越え、そのまま日が当たる草付きを真っ直ぐに目指す。行ってみると本当に小ハングだった。左から突き当りを右にトラバースしようかと思ったが、足を置く岩が脆そうで素直にハングを乗越。階段状の草付きを上がるとすぐに日の当たる広いテラス。後続もいないようなので、崩壊箇所を見ながら少し休憩。

6ピッチ(Ⅳ 40m)
崩壊部分。右から上がるという情報があったが、すぐ右の草付きのルンゼかその右のカンテか、さらにその右か分からない。結局リードはテラスから右にトラバースしカンテに上がり、そのまま直上して行く。後続するがカンテに上がる部分が微妙で悪い。その後のカンテ上にも支点はなく岩もザレていて、そんなに登られてはいないようだ。上部テラス手前に来ると左のルンゼ側からくる踏み後があったので正しくはそっちから上がるのか?

6

7ピッチ(Ⅲ 15m)
草付きを一段上がると前には最後のすっきりしたフェースが広がる。一段下のしっかりした灌木を支点に切る。

8ピッチ(Ⅳ+ 40m)
一段上がった先にはフレーク状のフェースが見える。手前のフェースもそれなりの傾斜があるが支点はないので丁寧に。上部のフェースはこれまでと違いハーケンが連打され、持ってきたカムも出番なし。右側から一段上がり、フレーク状の岩をレイバックで。左のフェースにも足がしっかりかかるために割りと安心して上がることが出来る。最後にピリっとしたピッチが出てきて面白い。ここを抜けて一段上がると尾根上の終了点。

8

・カムは必要なし
・ペツルの支点がピッチ毎にあり、どこで切ればいいかはっきりしています
・中間部分の岩は全体的に脆いので丁寧に確かめながら(落石注意)
・崩壊部分のピッチをどう上がるかがポイントかも

すぐに右側の中央稜方面へ移動開始。尾根上の踏みあとはしっかりしているが左側はスッパリと切れているため要注意。ロウソク岩左下のクライムダウンもフィックスを使って丁寧に。その後は広い衝立の頭で大休止。快晴の空の下、上部はもう紅葉が始まっていてキレイだ。

IMG_1263

●中央稜下降(10:50~13:15)
中央稜を下降する。3ピッチ目のテラスまではロープ1本で下降。はじめの下降でいきなりロープがスタックするが丁度上がってきたパーティに外して頂く。その後も細かく下降して行くが、上がってくるパーティがいないのと時間的にも天候的にも余裕があるので焦らずゆっくり。最後にちょっとハマったがなんとかクリアして中央稜基部に到着し、他には誰もいない静かな岩場で大休止。

●衝立基部~出合まで(13:35~14:50)
乾いたテールリッジをのんびり下降。最下部にもキレイなロープがずっとフィックスしてあり、ロープを出す必要がない。右岸の斜面を登り返して先の岩場をクライムダウン。すぐ下の広い岩の上で快晴の空の下、寝ながら休憩。ダラダラ歩くと出合が見えてくる。

2015/9/12 谷川岳 幽ノ沢V右

M本・Y本で谷川 幽ノ沢に行ってきました。

昨年の秋に行った幽ノ沢。取り付きまで上がったが、天候不良でモヤのかかる岩場の雰囲気に敗退した。今回はそのリベンジ。

●アプローチ1(5:30~6:40)
朝5時にロープウェイ下の無料駐車場で起床。肌寒い朝だが予報通り天候はいい。
睡眠時間はどんどん減って2時間ちょっと。まだまだこのまま寝ていたい。。。
準備して少し急いでのアプローチ。マチガ沢を過ぎ、一ノ倉の出合で少し休憩し、幽ノ沢を目指す。出合横のいつもの水場で水を汲み、ハーネス等の準備をしてスタート。

●アプローチ2(6:50~8:45)
少し前の大雨の影響が心配だったが、沢のスラブも殆ど乾いており、フリクションもバッチリ。 大滝を左から上がれば二俣。雪渓は全くなく、そのまま右俣を上がるがだんだん日差しが強くなり大変暑い。開けたカールボーデンに出て、しばらく上がった中央の広いテラスで休憩。先行パーティもなく、静かな幽ノ沢を終日貸切となった。

IMG_1023

少しの休憩後、右俣リンネ左側のカンテをアプローチシューズのままフリーで上がり、ピンが打たれた少し不安定なテラスで登攀準備。ここはカンテを完全に上がり切らないで、ほんの少し下の狭いテラスからいくのがポイント。

IMG_1038

●V右登攀(8:50~11:05)
1ピッチ(Ⅲ 20m)
ルートは明白。前回はあんなに怖く見えたトラバースも今回は楽しく行くことが出来る。 すぐ右のピンで形ばかりの支点をとり、そのまま溝を越え、前の尾根を踏み跡に沿って上がり、すぐのテラスで切る。

IMG_1040

2ピッチ(Ⅲ/A0 30m)
ルートの先を見ると支点が見えるので、とりあえずそこを目指してスタート。
フィックスを掴みながら一段クライムダウンしてそのまま右へとトラバース。
少し水が流れている階段状のフェースを上がる。途中に支点は一切ないが簡単で問題なし。

IMG_1049

3ピッチ(Ⅲ+ 45m)
上を見ると左からか右から上がるか、どうもはっきりしない。
とりあえず一段上がると明らかにこのまま真っすぐ左から上がった方が簡単そう。
上がると結構立ってくるが、たまに出てくる埋もれたハーケンで支点をとりながら。
さらに上がると50m弱でキレイなペツルが出てきたので切る。(途中でハーケン3本あり) 下から見ると右から上がる方が簡単そうに見えたが上部はそれなりの傾斜だったので、ハマるのでは?また左も上部は結構立ってくるので丁寧に。

IMG_1051

4ピッチ(Ⅲ 20m)
前の階段状の草付きを上がるだけ。垂壁下の右手前にあるペツルの支点で切る。

IMG_1062

5ピッチ(Ⅳ 50m)
核心?のピッチ。
すぐ前の壁を左から上がってから右上し、突き当たりの垂壁を左に折り返す。
さらにルンゼ状を上がると左のカンテにペツルが打ってある。まだロープ残り10mとのことでさらに上がり、テラス直下のちょっとイヤらしいところだが、とくに問題なく上がり、50mギリギリでペツルの支点。このピッチはルート上にハーケンがあり過ぎるほどあるので安心。

IMG_1075

6ピッチ(Ⅳ 20m)
前の草付きのルンゼ状を真っ直ぐそのまま。途中ちょっとイヤらしいところもあるが丁寧に上がれば問題なし。またまた出てきたペツルの支点で切る。

IMG_1080

7ピッチ(Ⅲ+ 50m)
前のスラブを一段上がるがその上は逆層となっている。
左のルンゼ状を跨いで、さらにその左のカンテを上がるが、上では笹薮に突入。
無理やり上がって行くと開けてくる。上には終了点と見られるピークが見えてくるが
ギリギリロープは届かなく、その少し下の不安定な斜面で灌木を支点に切る。

IMG_1087

8ピッチ(Ⅱ 5m)
そのまま5メートルほど上がってもらい、小ピークに到着し終了。

IMG_1093

・カムは必要なし
・ペツルの支点がピッチ毎にあり、いいんだか悪いんだか
・支点がないキリキリするような登攀は味わえません
・初級ルートと言われるが、その通りの初級ルート(条件による)
・3ピッチ目を左から上がるのがこのルートのポイント

●堅炭尾根まで(11:35~12:15)
大休止後に靴を履き替え、目の前上部に見えている堅炭尾根を目指す。
すぐの切れたリッジを渡り、前の岩場を左から上がる。その後が右か左かはっきりしないが、一段岩場を上がってから右へ降りて、藪に埋もれたルンゼから上がることにする。やぶを掴みながらルンゼを無理やり上がるとだんだん岩場が出てくる。さらに一段上がると登山道に出る。

IMG_1105IMG_1122

●芝倉沢まで~芝倉沢出合まで(12:30~13:30~14:30)
登山道を右に下っていく。
特に問題ないが時々ヘビがニョロニョロしていて気分が悪い。
下って行くと芝倉沢に合流し岸辺で休憩。ここからは沢を下って行くが幸い雪渓は全くない。基本的には左岸側に沿って降りて行く感じだが、アジサイみたいな変なニオイがする草があったり足元はよく見えないし、大変不快。。。
最後の滝状を右から降りると前には林道が見えてくる。

IMG_1153IMG_1169

2015/8/9 屏風岩東壁 東稜

M本・Y本で屏風 東稜に行ってきました。

数年前に飲物も持たずに登り、あまりの暑さに最後まで登れなかったルート。今回は完登したいと久しぶりの屏風を目指した。

初日はT4テラスまで。ゆっくり5時過ぎくらいにいつもの第二駐車場で起きてタクシー乗り場に行くが相乗りする人がいない為、大変立派なバスターミナルまで歩く。ガラガラのバスに乗り上高地のターミナルまで。始めは元気で人も多いので少し急ぎながら明神、徳沢と来ると人も少なくなって来る。横尾で水を4リットル汲み、先の岩小屋跡から対岸へ。渡渉はかなり上流まで上がったが、少し冷たいが素直にすぐのところを裸足で渡ったほうが楽。ここからは目の前の白い沢沿いに上がるだけだが、かなりの暑さでゆっくり。やっと着いた下部岩場の手前には雪渓があり冷たい水が出ている。左から上がるが雪渓がつながっていて断念。再び下り、右手の草付きの踏み跡を上がると下部岩壁に着く。

IMG_0773IMG_0779

登攀準備をして自分のリードでスタート。すぐの場所は一段上がってからの手掛かりがなく、結局はその少し左から。そこからも凹角状を上がって行くが、足元はザレているし結構厳しいピッチとなった。次のピッチはそのまま少し被った岩場をまっすぐに上がって行くがここもツライ。やっと上がって傾斜の落ちた尾根状をロープを引きながら2ピッチで上の岩場まで。一段左上気味に上がるとチムニー。その上はフィックスを使ってT4まで上がる。

IMG_0794IMG_0798

 

T4にはすでに3張のツェルトで大変賑やかだ。そのままT2まで行くが、草木で足元が見えない為、途中が結構いやらしい感じだが確保するほどではない。T2にやっと着いて一息。2人には丁度いいスペースで大変心地よい。ツェルトを張り、お湯を沸かして夕食。その後はのんびり飲み物を取りながら19時頃には就寝。ダウンとシュラフカバーだけだったがツェルトからはみ出した足元が少し寒いだけで快適に寝られた。

 

翌朝はまだまだ暗い3時起き。ゆっくり朝食をとり、準備をして4時半くらいには準備完了。ヘッ電を点ける必要もなく水500ml、簡単な食べ物を持ってのスタート。

 

●東稜 04:45~10:30

 

1ピッチ
ビバークしたT2テラスから人工でスタート。3ピン目は相変わらず飛んでいるが用意したリベットハンガーで問題なし。リードは少し焦っているようだが、しばらくすると落ち着いてきた。朝一番のピッチは相変わらず体が硬くなかなか苦しい。小ハングを乗越し、テラスをさらに一段上がったビレーポイントに着くがいきなりノドがカラカラだ。

IMG_0817

2ピッチ
テラス左からまっすぐに延びる一番おいしい快適な人工のピッチ。ピンの状態も良く間隔も十分。まっすぐ左上気味に上がり、少し傾斜が落ちたフェースにあるペツルの支点でピッチを切る。アブミを2台使用しての高度感抜群なビレーでセカンドを迎える。

IMG_0842

3ピッチ
テラス左からアブミでトラバースし、すぐのカンテを乗越し、そのまま直上。フリー、A0、A1のミックスで安定したテラスまで。

4ピッチ
軽く飲んで食べてから核心と言われるピッチのスタート。テラスからそのまま右にトラバースしていくが、ぶら下がったスリングも腐食しているものが多い。それでも途中にはペツルがあったり、特に不安となる部分もない。小ハングの乗越しとなるが、ぶら下がったスリングも多く問題なし。前回はギリギリと音を立てたリングボルトも今回は素直に受け入れてくれたようだ。右から少し回り込むように5mほど上がると茶色いフェースにしっかり打たれたペツルの支点に着く。特に難しいところもなく、ここもハンギングビレーとなる。

DSCF0866

5ピッチ
茶色いフェースの続き。右から少しかぶったフェースを一段上がり、その上の凹角に打たれたハーケン沿いに左上する。さらにその上の少しブッシュ混じりの壁を上がると左上に立派なテラスが出てくる。

IMG_0858

6ピッチ
上や左上を見るがピンなどなく、Ⅲ級の岩場などどう見てもないためにトポを確認。どうやらこのテラスから見えづらい右側から上がるようだ。アブミをたたんでテラスから右のギャップを跨いでカンテを廻り込むと確かにザラついた草付きの多い左上するラインがある。スリップに注意しながらフリーで上がるとすぐに木陰のある快適なテラス。少し前の救助時に使用された?新品同様の青と緑のロープが残置されている。。。。

IMG_0864

7ピッチ
最終ピッチ。テラス右から目の前のピナクル状の岩をフリーで上がり、すこしかぶった垂壁を人工でまっすぐに上がる。さらに上部で草付きの多いフェースを右から上がると終了点となる広いテラスに着く。

IMG_0874

●東稜下降 10:45~12:00

懸垂1回目
ここから6ピッチ目終了点の木陰テラスまで短く真っすぐ下に懸垂。

懸垂2回目
ここから5ピッチ目終了点のテラスまで短く真っすぐ下に懸垂。ここまで終了点から1回で降りてこられるだろうと思うが回収が怖いので細かく懸垂。

懸垂3回目
ここからがちょっと不明。しかし、真下を見るとテラスと赤いスリングが見えるためにそのテラスを目指して下降。登りの時に二人で話をしていた、頼りない懸垂支点の場所だった。ハーケン3本にスリング1本と大変心細いため、ロープスリングを1本追加して懸垂することに。

 

懸垂4回目
ここからの下降も次は不明なので、ゆっくり慎重に下降することに。1ピッチ目のテラスが左側に見えたとのことだったが、かなり左となるとのこと。そのまままっすぐに降りていくと少しハングした岩の真下にテラスがある。回収もスムーズ。

IMG_0884

懸垂5回目
ロープを落とすと下の草むらに着いたのが分かる。T3までの懸垂。

 

東稜の同ルート下降は素直に真っすぐ下に降りていくのが正解。4ピッチで下降が可能だろう。