2014.8.13越沢バットレス

N田、U島氏で越沢に行ってきました。お盆休みとはいえ、平日のためか当日は我々以外は誰もおらず、大変静かなクライミングを楽しみました。尚ここは、これまで同じメンバーで雨のため2回中止となっており、3度目の正直となりました。

今回登ったルートは、第2スラブルート(Ⅳ⁺)、第1スラブ右上ルート(Ⅴ⁺)、ノコギリルート(Ⅵ⁻)で合計11Pで充実しました。また、U島氏にリードをやってもらうため、できるだけツルベで登りましたが、U島氏のリードは特に問題なくOKでした。

<第2スラブ2P目スタートのU島氏>

IMGP1018

<第2スラブ2P目上部のU島氏>

IMGP1019

<第1スラブ2P目のN田>

20140813-P8130480

<ノコギリを登るU島氏>

IMGP1023

 

2014.7.27 三つ峠でのトレーニング

M本氏、K野氏、U島氏、N田の4名で三つ峠で、お盆休みに向けて人工登攀の訓練をしてきました。AMから昼にかけて大変暑く、体は日干し煉瓦状態でした。登ったルートは、逆Vハング、直登カンテ、4段ハング(下部のみ)で、一日中筋肉を酷使したので、シンドかったです。しかし、お盆休みに向けて良いトレーニングでした。

<快晴で富士山もスッキリ見えました>

DSCN3001

<逆Vハングルート1P目を行くM本氏 左上は直登カンテのN田、U島パーティー>

DSCN3028

<逆Vハングを登るM本、K野パーティー>

IMGP1012

<直登カンテを登るK野氏>

IMGP1017

<直登カンテを登るN田、U島パーティー>

DSCN3017

<逆Vハングを乗越すU島氏と直登カンテを行くK野氏>

IMGP1016

<岩壁に咲くユリの花>

夏ですネー。

IMGP1011

 

 

2014.7.5 インドアでの人工登攀のトレーニングとレスキュー訓練

また、週末が雨でどこにも行けないので、ストマジで標記訓練を行いました。参加者は、Y田氏、M本氏、Y本氏、K野氏、U島氏、N田の6名でした。昼過ぎに三々五々集合。最初は人工登攀の練習を、各自一本ずつ。前日電話で確認したところ、安全のため人工でのリードは禁止でトップロープでやって欲しいとのことなので、いわゆるナンチャッテリードをやりました。上に行くにつれて気温が上昇するので、皆さん汗だくでした。人工は久しぶりにやる方や、初めての方もいましたので、もう少しやったほうが良かったのですが、雨のせいかメチャごみだったので、あまり長時間占拠するのもまずいので、こんなものかと。

<Y田氏の登攀>

IMGP0996

<K野氏の登攀>

IMGP0994

<新人のU島氏の登攀>

IMGP0995

続いて、中央のマジックマウンテンみたいなところに移動し、レスキュー訓練をしました。懸垂中の仮固定、セカンドビレイヤーの脱出、ハーフマストによるATCの代替、1/3による引上げなどを行いました。夏に向けて、良い勉強になりました。その後は、適当にフリーの登攀を行い、18:30頃終了しました。

2014.6.21 越沢バットレス

K野さん、N田で越沢バットレスに行ってきました。現地は前夜に雨が降ったみたいで、岩場はいたるところヌルヌル。また、当日も夕方まで曇りで、その後雨の予報でした。そのせいもあってか、現地は我々以外に1パーティ4人、1パーティ単独のみで、ガラガラでした。日が長いので、目標として10P位+アブミトレを実施する予定でした。結果的に、一般ルート、左ルート、第2スラブ、ノコギリルートで10P。お宮のハングでトップロープで各自1本。合計11P。終了後下に降りたらさすがに他の方は全てお帰りでした。日が長いので助かりましたが、ああシンド。天気は、時々パラパラ降る程度で、大きな影響が無くて助かりました。駅前のビールの店は客が来なかったためか閉店済みでがっかりしましたが、近くにビールを売っている売店を発見したのは収穫でした。K野さん、お疲れ様でした。

<左ルートのK野さん、オンサイトで御立派!>

IMGP0975

<第2スラブ>

IMGP0978

<ノコギリの薄カブリの部分を登るK野さん>

IMGP0984

<お宮のハングのK野さん>

IMGP0991

<同、N田>

photo3

<越沢の岩場>

IMGP0993

 

2014.6.15 谷川岳 南稜

一ノ倉出会い4:30頃発。M本、N田で、中央カンテを登る予定でしたが、取り付きまで行ったところ、凹状岩壁にすでに3パーティー位たまっていました。中央カンテは凹状岩壁からの落石が懸念されたので、残念ながら南稜に変更。しかし、南稜も前に3パーティーがたまっていて、大混雑でした。久しぶりの快晴なのでしょうがないかと諦めて、ゆっくり、楽しく登りました。一日快晴で大変快適でした。一ノ倉出会いには昼過ぎに戻りました。出会い付近では、遠足の大勢の中学生とお友達になってしまいました。中央カンテは近いうちにリベンジしたい。また、ダイレクトカンテも素晴らしい迫力で、そのうちに登りたいと思いました。

<一ノ倉出会い>

IMGP0957

<一ノ倉沢の登り>

IMG_1618

<中央カンテ、凹状岩壁取り付き、渋滞中>

IMGP0960

<南稜2P目のフォロー>

IMGP0964

<4P目、青空に映えて素晴らしい>

IMGP0965

<6P目、お決まりのシーンです>

IMG_1660

<最終ピッチ>

IMG_1661

<ダイレクトカンテ>その内に登りたい

IMGP0968