10/20 谷川中央稜

M本さんにお願いして、今回は中央稜を行くことにした。
横浜を出て第三京浜を走っていると異音が・・・。
料金所を出て車を止めあちこち見てみると、なんとアンダーカバーが外れ掛けている。
良く走っていたものだ。M本さんがガコン!とはめて「ま、大丈夫でしょう?!」
といって再び走る。若干の不安。しかし最後まで問題はなかった。

駐車場につくとファミリーテントが張ってあって中から男女の話し声や笑い声が結構うるさい。車の量も多いし、テントも多い。明日は混むかなぁ?と話しながら就寝した。

出発は4:30。さすがに前回と違って寒い。しかし天気は上々。
オリオンの馬頭星雲やすばるもきれいに見えている。
アプローチは前回と同じなので余裕をもって周囲を眺める。
紅葉が始まっていてきれいだ。
下だけアンダーを着ていたがちょっと暑かった。

中央稜取つきから上部を眺めると誰もいない。当然数パーティはとりついている
だろうという予測は良い方向に裏切られた。陽が出てきて暖かい。準備をしていると
別パーティが上がってくるが南陵へまわって行った。

スタートする時点で男女のパーティが着て我々がトップ。M本さんリードで1ピッチ目。
2ピッチはY本リード。回り込んでいくが、支点を取る場所がわかり辛い。ここかな?
というところで取ってM本さんが上がってくるのを待つ。そこから右にトラバースが正規ルート。
A木さんに注意を受けていた場所だった。間違えなくてよかった。3ピッチM本さんリード。
かなり怖そう。普段ならサクサク行くM本さんのロープの流れが鈍い。コールがかかって
フォローで登るが浮石が多い。叩いて触ってそっと行く。
下からもパーティがきていることもありかなり緊張する。

4ピッチ目はY本リードで核心部。
下部はなんてことないがヌンチャクを使いすぎてM本さんから注意が飛ぶ。
チムニーに入ってあと一歩が届かず左のフェースに逃げる。
M本さんはしっかりチムニーを上がってくる。5ピッチは長くのばしてピナクルまで。さて上部を
見ると藪と岩・・・。
登る気がしない。結局懸垂で降りはじめると下のパーティと合流。そらに降りていくと
2パーティがいて1時間ほど待ち。
そこから下で狭いテラスで自分がうまく立ちきれずにおろおろしていてロープの送り出し
ができなかった。反省。
やはり下降は難しいと痛感したのと経験がまだまだ足りない。
テールリッジからのんびりと下山したが案の定自分の足が遅い。またもや同じ課題に
ぶちあたる。ヒョングリへの下降が意外といやだったのでここも懸垂する。
天気も良く楽しいクライミングだったが、チムニーを逃げてしまったこと、懸垂の要領、
下山速度、その他経験不足な部分が課題として残った。

Y本記

10/6~8 前穂高北壁~Aフェース

K緑さんがクライミングシューズを忘れたため\(◎o◎)/
松高ルート(A木・M本・他1)と北壁~Aフェイス(Y田・K野)の2パーティーに分かれて入りました。
(TK:K緑さん)

2日目、前日夜より降り始めた雨が雪となったようで、明るくなるとうっすらと雪化粧に包まれた前穂。

北壁は取り付き~2P途中まで雪が付いていましたが、3Pから雪もなくなり快適なクライミングとなりました。
雪もあり寒そうだったので、そのままアプローチシューズで行きましたが十分登れました。

1,3,6P:Y田さんリード
2,4,5P:K野リード

残念ながら山頂に抜けたタイミングではギャラリーはいませんでした。むむむ。。

山頂からの下降ではガスの中、ルートを間違え別の沢へと…
籔を漕ぎ、ガレ沢を越え、支尾根を4つほどトラバースし、暗くなる頃にようやく奥又白池へ…今回も大変勉強になりました。

穂高は紅葉真っ盛りで本当に綺麗でした。
奥又白池、素晴らしいです。

10/6 7:00上高地発  10:15松高ルンゼ下  13:30奥又白池
10/7 6:00BC発  6:50C沢入口  9:20北壁取付  13:00前穂山頂
17:30BC
10/8 6:30BC発  8:20新村橋  10:15上高地

 

 

 

 

 

   

 

 

10/6~8 前穂高 Ⅳ峰正面壁松高ルート

4時に起床するが天候は今ひとつ。上を見ると山はうっすらと雪をかぶっている。出発を少し遅らせて行くが、前日の偵察のおかげでアプローチはスムーズ。急なザレを降りて本谷へ。上の取り付きには数人が見える。ガレた谷を上がり、上部の雪渓手前で装備を付けて準備。問題なく雪渓の縁まで上がり右にトラバースして岩場に入る。

簡単な岩場を上がるとC沢入り口。上には大きなチョックストーンが見えるが下から見たほどの迫力はない。さらに一段上がれば右側にはハッキリした踏みあと。北壁パーティとはここで別れる。少し雪が残る濡れた草付きを上がるとT1。どうやら松高ルートは左に見える岩場のさらに向こう側らしい。下がってからの登りも不明瞭な濡れた斜面のようなので、ここからトラバースして取りつくこととする。

1ピッチ
ハーケンを2枚打ち、A木リードで少し濡れた草付きを左にトラバース。岩を回り込むと視界から消え、20mくらいで解除の声。前のパーティが抜けるまでしばらく待機。自分はラストでハーケンを抜いてからのんびりフォロー。

2ピッチ
A木リードでテラスから左上に上がりフェースを上がって行くが、支点も少ないようで慎重だ。その後はどんどんロープも延びて50mいっぱいで解除の声。ラストでフォローして行く。出だしは左上に上がりフェースをまっすぐ上がるが見た目以上に傾斜があり、体が慣れていないせいか、ちょっとドキドキ。フェースを上がった上は脆い岩が詰まったルンゼ状となる。ここを簡単に抜けると上にフェースが広がる支点に着く。

3ピッチ
A木リードで前の草付きが多い広いフェースをまっすぐ上がり、中段から右上に上がって行く。
セカンドでフォローしていくが、問題なくどんどん上がれて快適。さらに右上すると支点に着く。右上奥には前のパーティがハングを越すところが見えるがそこまで悪くなさそうだ。ラストも無事に来て合流。

4ピッチ
このピッチから最後までリードさせてもらう。右上に一段上がって奥に進むと松高ハング。足元はしっかりしているが、少しかぶっている感じ。それでも前の白い残置シュリンゲを右手でつかみ、左手でしっかりかかる岩を掴みながら身体を上げると、大変気持ちがいい。ハングを上がり、さらに少し右に上がると今度は高度感のある凹角。入り口で体勢を整え、支点をたくさん取りながらここも抜け口をA0で上がると広い広い松高テラス。前のパーティを少し待ちながらのんびりフォローを迎える。かなり楽しいピッチ。

5ピッチ
前のフェースをシュリンゲとヌンチャクを使ってA0で身体を持ち上げる。さらにフェースを上がり、右のカンテを回り込むとツルンとしたフェース。真ん中に細いクラックがまっすぐ走り、ハーケンが等間隔で3本打ってある。ここもA0で体を持ち上げ、ハーケンの頭を踏みながら上がるとテラスに着く。

6ピッチ
前のフェースを上がるが結構立っていて厳しい。ゆっくりバランスをとりながら左へ上がり、さらにまっすぐ岩場を上がると段々傾斜も落ちて来る。周囲も開けて来て緩い斜面を右上し、右側の灌木を支点としてフォローを迎えて無事に終了。

ロープとガチャを簡単にしまい、少し上がってから右側にトラバースしていく。少し嫌らしいところはあるが、しっかり踏み後もある。しばらくトラバースを続けると北尾根に合流。4峰ピークの少し下だろうか。ここからは北尾根を踏み後に沿ってクライムダウンして行くが大きな浮き石も多く気が抜けない。5峰の広いピークで大休憩。涸沢側を見ると紅葉が大変キレイだ。さらに降りるとテントが1張りある56のコル。モヤもかかり、ここからの下りのルートが分かるか心配だったがコルの右側には黄色の丸が書いてあり、踏み後もしっかりあり迷うことはない。降りてすぐの2箇所を微妙なトラバースでこなして高度をどんどん下げていく。
1度沢筋まで降りたところで今度はかなりの急な尾根を登り返す。やっと上がるとモヤの開けた先には奥又白池が少し下に見える。あとはトラバース気味に踏み後を歩けば、 ベースに帰り着く。

 

 

9/23 神の湯(錫杖 雨敗退)

錫杖岳左方カンテに行こうとしましたが、朝起きると雨・雨・雨…
平湯温泉で朝風呂に入り、開店前のカモシカ本店を見物し早々に帰ってきました。。

平湯温泉の「神の湯」はお勧めです。ひっそりと佇む露天風呂で、葉から零れ落ちる雨粒がほてった身体に心地よかったです。
野ざらしの洗い場が1つあるだけなので、下山後よりは天候不良時の気分転換に良いと思います。

朝7時から。500円。男女別。