20140405越後駒(道行山まで)

s-P4050017

越後駒ヶ岳がかすかに見えた

越後の名峰越後駒ヶ岳で山スキーをしようとY田、S井、K口で行ってきました
悪天の予報でしたが行けるところまでと横浜を4日夜に出発。
雪の降るなか石抱橋から登りだし強風の道行山まで上がりました
雲の動きが早く、ときおり青空も覗いてましたが駒はガスのなかなので
ここまでとし、滑降へ!
低温と新雪のおかげで快適なパウダーを楽しみながら下りました。
次回は越後駒まで行きたいものです。

P4052110

石抱橋

s-P4050011

北ノ俣川左岸側をたどる

s-P4050014

道行山手前

s-P4050018

パウダーで快適な尾根を滑る。

 

700石抱橋  840柳沢出合  1050~1200道行山  1400石抱橋

 

 

 

20140301-2白毛門雪洞山行

s-P3010005

A崎、Y田で雪洞掘りに行ってきました
天気予報がイマイチなので早朝発、近場の山ということで白毛門へ
土合を10時半に出て松ノ木沢ノ頭に14時着
雪は多めで頭のすぐ下に設営
掘っている間に雲も切れ、白毛門や谷川も見えました。
静かな雪洞の一夜も明け、出てみると曇りで視界もイマイチなので
白毛門まで登って早めに下山しました。

s-P3010004s-P3010006

DSC_0657s-DSC_0663s-P3020013

3/1 1030土合   1400松ノ木沢の頭
3/2 600雪洞発  720白毛門  1030土合

 

2014.1.18四阿山山スキー

s-P1180006

長野県と群馬県の県境にある四阿山(2354m)にY田さんと行ってきました。

3:30横浜発。近づくにつれて例年より雪が少なめと不安そうなY田さん。

7:30あずまや高原ホテルの下の駐車場に着くとすでに数台の車で満車状態だったが隣の方が少し寄せてくれて駐車することができた。準備して7:50出発。別荘地を抜け牧場の有刺鉄線をまたぎ越えると一面の大雪原。好きなところを歩いていいよと言われたので方向を確かめてわくわくしながら歩きはじめる。板は少しだけ沈む感触で歩きやすい。根子岳と目指す四阿山の頂上も見えている。まだまだ遠いなあ。もう一度有刺鉄線をまたいでトレースに乗り、振り返ったり見渡したりして景色を楽しむ余裕もあって快適なハイクアップを楽しむ。

s-P1180003s-P1180005

直下の樹林帯は写真でみた美しいモンスターになっていた。頂上直下では板をはずそうか考えていたが新潟から来た男性に頑張ったね、と声をかけてもらい気を良くして山頂までシールのままでゆくことにした。

s-P1180007s-P1180009

頂上は広くはなく夏に行った時の記憶とは全く違っていた。雪がもっとあるとナイフリッジになるとY田さんに教えて頂いた。360度の眺望は本当に気持ちが良かった。下山ははじめの急な斜面だけシールをつけたまま悩みながら滑りだす。Y田さんはすいすいだが、私はてこずる箇所があり何度も待って頂いた。ふわふわのパウダーは気持ちよいが樹林帯は滑りにくくブッシュの出ている所もあった。

s-P1180016s-P1180017s-P1180018

急いで降りるのがもったいなくて途中で何度か休憩して13:15に車に戻った。

(記K井)

 

2014.1.5富士二ツ塚スノーハイク

s-P1050013

12月半ばの雪で白くなった富士山が気になっていたので、2014年初山スノーハイクにY田、M本、K井で富士に行ってきました。
Y田のみスキーで、あとの二人はズボ足。太郎坊のトンネル脇から雪がついていてスキーで上がれました。高曇りでしたが二ツ塚の分岐あたりから朝日を浴びた宝永山と山頂が見え、青空がきれいです。
s-P1050006

ここでM本は宝永山に向かい、二人で二ツ塚に向かいます。クラストした斜面を登り下塚から上塚へ。ここでようやく日向に出て景色を楽しみながらのんびりです。
初めて二ツ塚に上がりました。上から見るとただのこぶにしか見えませんが登ってみると景色もよく良いとこです。11時に大石茶屋で待ち合わせとしたためゆっくりした後シールを剥がしスキーを滑らします。ガリガリのバーンで快適とはいきませんが楽しめました。

s-P1050011
s-P1050014

分岐まで下るとガスの中に入ってしまい。ポールを頼りに大石茶屋へ向かいM本と合流し昼前に車に戻りました。
宝永山の斜面は黒々としていて雪がないかと思いましたが雪面に火山灰がのっているだけでラッセルとなり、この時間では宝永山にとどかなかったとのことでした。

600太郎坊発  840二ツ塚上塚  1050大石茶屋  1110太郎坊

 

20131221-22八ヶ岳広河原沢

Y田、K緑、K井で行ってきました。
先々週の冷え込みで期待しましたが南岸低気圧のためだいぶ雪がかぶってました。
21日
630ゲート  815二俣BC  1330下の大滝の上  1500BC
22日
630BC  800-1000武藤返しの滝  1100BC  1220ゲート

21日
20日夜横浜を出て舟山十字路、新雪に覆われたゲート前で天泊。
脛ほどの軽い雪を踏みしめ二番手で二股へ到着、ベースを張り準備を整えて予定どおり左俣へ入る。膝ほどの雪で埋まるほどではないものの滝も新雪を被っていた。
下の大滝を越えると更に雪が増え胸までのラッセルとなり雪も降り始めたため早めに切り上げ、K井さんのおいしい寄鍋を頂いた。

22日
夜半まで降り続いた雪は止んだものの上部は雲に覆われているので近場で遊ぶこととして右俣へ、武藤返しの滝で遊んで帰りました。
3連休でしたが二股でテント6張り程度、日曜はそこそこ上がってきましたが静かに楽しめました。ゲートまで下ると40台ほど車があり改めて連休かなと感じました。

s-PC210003

s-PC210008

s-PC210002