20181008妙義 筆頭岩

Y本さん、U島さん、I塚で、妙義の筆頭岩(ローソク岩)へ行ってきました。
筆頭岩に行くアプローチは、妙義神社と中之嶽神社をつなぐ196号線の車道からいきなり始まります。
車は「さくらの里」という施設に置けるとアプローチに近いのですが、出発時にはまだ開園していなかったので、中ノ嶽神社近くの市営駐車場に置きました。

そこから20分ほど妙義神社方向へ戻り、「さくらの里」入口近くの大きな金属のゲートへ。
ゲートのすぐ近くに崩れたコンクリートの階段があるのですが、そこがアプローチの始まりで、5mも登れば尾根に出ます。
尾根を10分位進むと岩の基部に突き当たり、岩を左に見ながら回り込んでいくと、10~15分で取りつきに到着。


(取りつきは四角いステップが積み重なったような、特徴的な岩が目印です)

1P目はⅡ級もない感じなのでロープなしで登り、2P目もⅢ級-程度。
3P目もⅢ級位かと思いますが、登り終わって振り返ってみると、幅2mもないような薄い岩の形にびっくり。
両側がすぱーっと切れ落ちているので高度感を強く感じ、高所慣れしていない人は怖いかもしれません。


(幅が狭くて両側が切れ落ちた3P目)

4P目はⅢ+~Ⅳ級位のやや立った岩で、これがローソクの名前のゆえんかも。
鎖がかかっていましたが古そうだし、ロープなしで登ると鎖で同ルート下降することになるので、けっこう危ないのではないかと思います。


(鎖がかかっていた4P目)

終了点から2mも上がると筆頭岩の頂上で、そこから懸垂下降すれば、取りつきから5mほど右へ巻いたところに下りることができます。
この場所には錆びたリングボルトが打たれていて、昔は誰かがゲレンデとして利用していたのでは。

下降は10m位で一度切り、そこからは空懸気味に40m位一気に下降。
途中小さなテラスがあるのですが、足が触れると細かい落石を起こすので気をつけましょう。
筆頭岩自身、車道からすぐの位置にあり、登攀中に落石を起こすと車道まで落ちかねないので、これも気をつけたいものです。


(第四石門にクライマー発見~)

筆頭岩はアプローチを含めても3時間足らずで終わってしまったので、残った時間で石門巡りをしてみました。
妙義名物の奇岩群を、時おり鎖も使って40分程度のハイキングコースで見て回れます。
当会のクライマー達は登山道を無視して、岩を縦横無尽に登っていましたが・・・

9/23 湯河原幕岩

天候で北アを諦めて湯河原幕岩へ行きました。

が、滑っていてなかなか厳しかったです。

トップロープでも苦戦している帰還兵。

20180909竜喰谷

7月に企画し天候不良で延期していた竜喰谷に、Y本さん、K緑さん、I塚で行ってきました。
水量が多くて巻き気味でしたが、普段はほとんどの滝が直登できるとのこと。
ナメもふんだんにあり、なかなか楽しい沢でした。
(癒しのナメ歩き)

今回は前泊したところ、夜半から断続的に雨が振り出してきましたが、大雨ではないので現地の様子を見ながら決行することに。
翌朝石楠花橋近くの駐車スペースへ車を停めると、その前を流れる一之瀬川はやはり増水しています。
下りてみるとかなり流れが速かったのですが、渡れないほどでもない様子。
そこでK緑さんにレクチャーしてもらい、3人で輪になりスクラム渡渉しました。
スクラムは円陣を組むと安定し、誰か一人がこけても他の人が支えやすいので安定感があります。

これによりそろそろと一之瀬川を渡りきり、竜喰谷に入渓すると流れは穏やかになりましたが、やはりいつもより水量が多いそう。
水量のせいで滝登りがちょっと厳しく、あと朝から曇っていてあまり気温が上がらないこともあり(前夜の気温は21℃)、シャワークライムは敬遠モード。
変化に富んだたくさんの滝が次から次へと現れましたが、ロープを出さなかったせいか、コースタイムより早めに遡行終了することができました。
(今日は水量が多い!)

この沢は厳しいツメがなく、竜喰谷に流れ込む井戸沢へと登ると、5分もしないうちに大常木林道が横切っている部分へ到着できます。
そこからはなだらかな林道をたらたらと下りていくだけの、かなり歩きやすい下山路です。
下山した二ノ瀬は入渓点よりやや上流の位置になり、駐車スペースに戻るまで20分位かかり、これがけっこう長く感じるのが難点かも?

気温が下がり出し、そろそろ沢の最盛期も終わりかもしれませんが、今期行かれなかった沢も多くて、未練が残る今日この頃です。

9/8 広沢寺アブミトレ

1年ぶりに広沢寺にてアブミトレをしました。

U島、Y本で弁天岩右側上段にある大ハングにて練習しました。
Y本4ピン目から届かず、クイックドロー下のカラビナになんとか
かけて次に上部と言う形で時間をかけてしまいました。

次にナバロン右側を登り最後にフェースへ。

なかなか疲れました。アブミはどう考えてもMな人向けです。

8/26 三つ峠

しばらくぶりに三つ峠へ行こう!ということになって行ってきました。

道の駅はちょっと肌寒いくらいだったのだけれど、太陽がでてくるとそれはもう暑い!!

逆Vでアブミをやろうとしたら先行パーティーがあり地蔵からスタート。意外と難しい。U島さんも朝一でちょっと苦戦。

次に逆V Y本はセカンドなのに届かなくて途中敗退。トホホな感じで終わった。

最後に中央カンテ。1ピッチI塚さん、2ピッチY本、3ピッチU島さん。もう一ピッチ上がって懸垂で降りた。最終ピッチが記憶が無く、あれれ?状態になってしまった。

帰りの御殿場がめちゃ混みで、どうやら自衛隊の富士総合火力演習の日だったらしく高速に乗るまでが大変だった。

アブミは課題が残ってしまった。