2019/9/28 富士山(富士宮ルート)

A崎Tさん、A崎Eさん、K緑さん、A井さん、S原の五名で富士登山トレーニングに行ってきました。

S原は初めての富士登山にドッキドキのワックワク♡
23時横浜を出発して、午前1時ごろに富士宮五合目駐車場に到着した時にはすでに車がいっぱい。混雑するシーズン中を避けて富士登山に来る人々がこんなに沢山いたなんて・・・
山岳会に入るまで知らなかったです。

 

車で仮眠をとり、明けて28日早朝。
五合目駐車場から見る下界は朝靄のなか。空は雲が多めな感じ。
晴れてくれ!と天に祈りながら7時に登山開始。

6合、新7合、元祖7合と順調に登っていくうちにだんだん天気も良くなり山道から見える景色は絶景。
薄雲が直射日光をいい感じに和らげてくれている。
冷んやりとした冷たいそよ風が火照った体に心地よい。
私は今、富士山の中にいるんだと思うと、幸せ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8合、9合目辺りから体が重くなってくる。一歩一歩上げる脚がずっしり重い。呼吸も苦しい。雲行きも怪しい。
すれ違う登山者との挨拶の「こんにちは」を言うのも億劫になってくる。
「こんにちはやめました!」と紙に書いて自分に貼りたい気分。
先輩方4人は軽々ひょいひょいと登っていく。みなさん流石です。
9.5合目を少し上に行くと工事中の為か登山道は閉鎖されていて、左に続くブルドーザー道(以下、「ブル道」)を行くよう緑色のおじさんに誘導される。このおじさんは作業員なのか、近くに黄色いブルドーザーがある。ずっとここにいて皆んなを誘導しているのだろうか?。すみません、ありがとうございますという気持ち。

止まっても歩いても苦しいのなら歩くしかないと、地道に歩みを進めて気がついたら山頂に到着。いつのまにかガスに覆われて何も見えなくなってしまったのは残念でしたが、登頂成功でひと安心。
ブル道から辿り着いたところが剣ヶ峰のすぐ横だったので、そのまま日本最高標高地点3776mまで登ってみんなで記念撮影。

11時頃から下山開始。6合目付近までブル道をいっきに下山する。
耕したての畑みたいなブル道の下り坂を2時間下る。お膝のお皿が外れちゃうんじゃないかと心配になるも、無事外れることなく13時ごろ五合目駐車場に到着。

心配だった高山病ですが、登っているときは何ともなかったのに駐車場に戻ったころから頭がズキズキと痛み出し、その後帰宅しても痛みが増すばかり。
調べてみると「高山病は時間差で遅れてやってくる」とありました。知りませんでした。勉強になりました。

この富士山トレーニングで、色んなことを知り、経験することが出来ました。
ぜひまた挑戦したいです。
次行く時は最高峰からの360°の絶景を拝みたいと思います。

文責:S原

20181215富士山雪訓


富士山にて、会で雪訓を行ってきました。
当初スバルラインで五合目まで行ってアプローチを短くし、たっぷり訓練時間を取るつもりでしたが、スバルラインはこの日一合目駐車場までしか行かれないとのこと。
そこで馬返しへ移動して五合目まで歩いていきましたが、五合目まで行っても雪は50cmも積もっていない様子です。

しかし佐藤小屋から五合目駐車場の方向へ少し移動すると少々雪もあり、程よい斜面があるのでそこで訓練することに。
A木さんご指導のもと、まずは2人1組になり滑落停止訓練です。
教えて頂いたポイントは、

・尻もちをついて転んだのならピッケルのピックが山側に向いているので、まずはそれを雪面に刺して止める。

・雪が積もっていれば、開脚すると脚の間に雪が溜まって滑落が止まる。

・それでも滑落が止まらなければ、体をピッケルを持っている側と反対に回転させて、ピックを雪面に刺す。
この時アックス部分が顔に当たって傷をつけないように。

滑落停止訓練の際、もう一人は滑落者をスタンディングアックスビレイで確保。
この日は雪があまり積もっていないので深くピッケルを刺せず、足で踏んでもがっちり止められませんでした。
あと、自分のように体格が小さいと、パートナーが落ちると勢いで体が持っていかれてしまうので、相当意識する必要があります。

その後、コンテのロープワークを学びました。
パートナーと自分をロープで結び、自分がトップならロープの半分位はザックに入れ、ザックから出ている部分は何巻きかして体に斜めがけ。
ロープがばらけないよう胸のあたりでロープの残りを巻きつけて留め、いったんエイトノットを作ってビレイループに留めます。

ロープの残りを小さめに巻いて手に持ち、その先にまたエイトノットを作ってビレイループに留め、もしパートナーが滑落しても斜めがけした部分が持っていかれないようにしておきます。
この手に持ったロープは、パートナーが滑落したら雪面に投げて中心にピッケルを刺して滑落を停めるのですが、これが難しい・・・
とっさにやるのは難しいので、最初からピッケルを小さく巻いたロープの中心に刺して移動する方法もあるそうです。

コンテのロープワークは、自分が確保されたことはあっても人を確保することは初めてだったので、大変勉強になりました。