8.10~8.12 御神楽沢

何回か計画しては実現しなかった御神楽沢に、Aさん、Yさん、Yの3人で行ってきました。 8月9日 21時海老名集合で、Yさん宅に寄り、会津駒登山口は2時着。車回収用の自転車を木の陰に隠し、道の駅檜枝岐まで戻り、仮眠。 8月10日 4時半起床、小豆温泉駐車場に移動し、5時20分出発。天気は良し。三岩岳避難小屋まで標高差約1000mの登り。コロナ運動不足と3泊分の重荷で4時間半かかる。窓明山方面に下り、二つ目のコルの小さな湿原からミチギノ沢へ下降することになる。11時沢装備をととのえて、湿原へ踏み出す。藪の下り口にはテープがあった。 笹藪を下ると沢型が現れ、やがて水流となり、ミチギノ沢の下降が始まる。特にロープを出すような場面はなく、全身つかってズリズリ降りていく。14時過ぎに1200m付近まで降りたが、この先ゴルジュとなるので、早めに行動終了し、タープを張り,薪を集め、イワナ釣りへ。Y田さん32センチ他1+リリース、Yは7寸をキープ、自称尺オーバーをあげたのですが、写真撮ろうとしているうちに糸を切って逃げられました。生まれて初めての美しい尺イワナでしたが、証拠はありません。Aさんは釣りせず料理に専念で、刺し身、塩焼き、ムニエル、イワナ酒と楽しみました。その他肉野菜炒めもあり満腹。 8月11日 4時半起床で6時発。 ゴルジュのへつり、高巻きを繰り返し、御神楽沢出合まで3時間かかりました。ミチノギ沢後半の下降は厳しかった。   テン場から3時間以上かかり、ようやく御神楽沢出合におりたつ 水量は豊富だ。さすが御神楽、一つ一つのスケールも大きく、かつ美しい。 大岩、小滝などトポに書き切れないような多くの滝を越え、有名な岩畳 その後も高巻き、懸垂、泳ぎ、ショルダーなど交え、水量豊富な沢を遡る。 この日もハードな行動で、予定していたムジナクボ沢出合までは届かず、1300付近で整地してタープを張り、3人で釣りへ。今日は食事のメニューがイワナの蒲焼きだったので確保が必須。 3人で4尾確保して、イワナの蒲焼き、イワナ汁とした。夕立が激しく、明日が気になる。 8月12日 今日も同じ時間にスタートだが、今日は雨。 本流をどんどん詰めていく。 2時間でムジナクボ沢出合。このすぐ上には中門と会津駒の間の登山道から下れる沢があり、目の前が良いテンバになっている。2人パーティーが昼から宴会の雰囲気。 滝は最後まで続き、水が消えると藪漕ぎに突入。 苦しい藪漕ぎ30分の先には草原が広がる。 草原に寝転んで空を見る開放感。とうとう念願の御神楽沢を登れたことの達成感に満たされる。 すぐに、会津駒と中門の間の登山道に出る。 会津駒ピークは来たことがあるのでショートカットし、ヘロヘロになって、登山口へおりる。Aさんが自転車で車を回収してくれてたすかりました。温泉入館時間ギリギリ間に合い、汗を流して、帰途につく。到着は深夜でした。 ... 続きを読む

2020.08.08.広沢寺外岩トレーニング

Uさん企画で4名にて東丹沢の広沢寺へ外岩トレーニングに行きました。 真夏の広沢寺、熱中症が危ぶまれましたが若干曇りで想像より暑くはなかったです。 何よりIさんが大量の氷水と冷えた葡萄を歩荷してくれたのが効きました。生き返ります、いつもならば考えられない贅沢です。 普段はもっと混雑して、ひどいとザイルが簾状態になるそうですが、この日は私たちを含めて3パーティのみ、空いていました。快適に登れます。 初心者(⇒報告者のK)がパーティに混ざっていたので、ロープワークも教えていただきました。難しいです… 7時スタートで15時まで、充実したトレーニングになりました。登攀は難しくてまだちょっと怖いですが、少しずつ面白さがわかってきたように思います。 みなさまお疲れさまでした、足引っ張ってばかりですが、またよろしくお願いいたします! ... 続きを読む

冬期 西穂高岳(2020年3月14日〜15日)

少々前の山行ですが、コロナ禍が始まる前、雪童山の会で2020年3月14〜15日で行った西穂高岳山行を動画でお送りします。参加したのは会のベテランから初心者まで様々。それぞれ教えあいつつ、各自、いい勉強になった山行でした。 我々にしては珍しく小屋泊ということもあり、ゆったりと楽しめました。 二日目は↓より。 西穂山頂からみえる西尾根のトレースをみつつ、来年は西尾根行きたいね〜、とか、待ってろジャンダルム!とか心の中で叫んだとか叫んでないとか・・(笑 ... 続きを読む