20190302 巻機山山スキー

今年の雪解けも早そうなので、行けるうちに山スキーを楽しもうと思い、上越の山の様子を見に行ってみました。

清水地区の路肩に車を停め、朝7:40頃出発。

林道沿いに進みます。

井戸の壁へ向かいます。

井戸の壁の急斜面を登ります。朝のうちでまだ雪面が硬かったので、大きくトラバースしながら登りました。

五合目の稜線間近。

五合目の展望台に出て一息。本日も良い天気で周辺の山々が良く見えました。

米子沢を俯瞰。下部は所々デブリがあり嫌な感じ。でも沢はしっかり埋まっている感じなので滑られないことはないかな。

疎林の尾根を登り、開けた台地に出ました。雪面はまだ硬めかな。

ニセ巻機へ続く斜面が見えてきました。

ニセ巻機に登る斜面です。尾根の右側を回り込むとスキーでそのまま登れそうでしたが、雪面がまだ硬かったので、スキーを背負ってアイゼンで登りました。

ニセ巻機です。ここから一旦避難小屋の立つコルに下ります。

避難小屋です。使う方がほとんどいないのか入口はすっかり埋もれていました。

山頂に向かいます。

山頂にて記念撮影。風もあり、寒いので休憩もそこそこに滑走準備をしました。

米子沢源頭への滑走開始。山頂付近はシュカブラがあったり、雪面は硬かったのですが、少しトラバース気味に降りたところから快適な雪と斜面が待っていました。

距離は短かったのですが、シュプールもほとんどなく、良い雪質と斜面だった米子沢源頭を堪能し、ニセ巻機へ登り返します。

ニセ巻機からの斜面は、登りは硬めだったので少々修行の滑りを覚悟していましたが、いい具合に雪が緩む時間帯だったので、意外に快適な滑りが出来ました。

滑って来た斜面を見返して余韻に浸ります。しかし、ここから下は雪面の緩みが結構早く、修行な滑りの始まりでした。

井戸の壁の滑走です。行きは硬い雪面だったのが一気に緩んで重い雪になっていたので、非常に難儀な斜面でした。

急斜面の重い雪に板は容易に回せず。なんとか降りた感じ。

最後は行きに歩いた林道を帰りました。

登っている最中は下りの硬い雪面を覚悟していましたが、米子沢源頭は非常に良い雪質でしたし、ニセ巻機からの下りの大斜面も快適に滑ることが出来ました。ただ、標高が低くなると雪の緩みが早く、井戸の壁は重い雪にターンもままならず、結構てこずりました。ですが、山を登って滑り、一日のうちで色々な雪面の変化に対応出来て、山スキーらしい山スキーが出来ました。(S井く)

20190302阿弥陀岳中央稜

Y本さん、I塚で、阿弥陀岳中央稜に行ってきました。
ロープが必要ないアルパインなのですが、想像よりも長くて急登もあり、終わった時はけっこうへとへとに・・・


(雪は稜線に出るまでは少なめ、林道は凍ってました)

前夜に舟山十字路に到着、仮眠したのですが、朝I塚の調子が悪くて二度寝し、7amに出発。
この出発の遅れもあって、下山もかなり遅くなってしまいました。
中央稜への取りつきへは舟山十字路そばのゲートを越え、広河原沢沿いにしばらく進みます。
右俣との二俣まで1時間半位で到着しましたが、中央稜取りつきがどこから始まるかは判然とせず。
適当なところを登ったら結構悪く、後でGPSを見て確認したらもう少し北寄りだったようで、二俣からすぐ登った方が良さそうでした。


(中央稜取りつきからは樹林帯が続きます)

そこから先は樹林帯で、赤テープやマークが豊富です。
ところがどうやらしばらく誰も入っていないらしく、トレースがありません。
しかも標高が上がるにつれ徐々に雪の量が増え、さらさらの雪が膝上までになり、一歩登ってもまた一歩下がるようなラッセルに。
ところどころ急登で、木を掴んで這い上がるような場所もありました。


(枝をかき分けて登ったら、積もった雪が首筋に入ってしまったY本さん)

やっと樹林帯を抜け、大同心を小さくしたような下部岸壁の基部に到着。
ここは右へ周りこむのですが、基部が大きくて意外と時間がかかりました。
更に登っていくと下部岸壁よりやや小ぶりな上部岸壁が登場、ここは左へ巻いていきます。


(下部岸壁がなかなか巻き終わらず、うなだれるI塚)

上部岸壁を巻き終わると視界が開け、御小屋尾根との分岐近くにある岩峰、西の肩が左手に見えてきました。
しかし稜線に出るとまたもやパウダースノーでずるずる滑ってしまい、必死でラッセル。

この西の肩が自分達が登っているリッジから遠いので、トラバースしようかと思ったのですが、途中に沢筋もあり、御小屋尾根へ這い上がるのも簡単ではなさそう。
仕方なく地道に登り、岩峰を越えたら御小屋尾根への分岐が見つかり、やっと下山開始。
しかしここから舟山十字路に帰るまでがこれまた長く、戻れた時にはあたりは暗くなってしまい、ふくろうがホーホーと鳴いていました・・・


(反対側が切れ落ちていて、ちょびっと緊張するリッジ)

驚いたのは翌日で、小雪がちらつく中、猟犬の吠え声で目が覚めました。
犬を入れていたケースを積んだ軽トラックが複数停まっていて、どうやら猟師さんが複数山に入っている様子。
そのうちパーン!という銃声も聞こえてきて、登山道の近くで猟をしているの?と心配に。
その後食事をした店が、猟師さんがマスターのジビエ料理店だったのですが、マスターは猟で不在とのこと。
もしや舟山十字路の?と思って尋ねたのですが、場所は不明なようで、でも鹿や猪の害獣駆除に行ったそうです。
最後までスリリングな?中央稜でした。

20190219-21 ニセコ連峰山スキー(チセヌプリ・ニトヌプリ・シャクナゲ岳・長沼)

ここのところ恒例となっているニセコスキー。昨年は連日天気が悪く、全く山スキーらしい山スキーが出来なかったため、色々反省をし、日程を比較的天気が落ち着くのではないかと思われる2月3週目にしました。また、今までは公共交通機関を使っていましたが、機動力と行動範囲を広げるため、レンタカーで移動するようにしました。

(1日目:チセヌプリ)

旧チセヌプリスキー場下の駐車場に車を停めてスタートしました。スキー場ではCATスキーを行っていて、利用客は100%外国の方(欧米)でした。

スキー場トップ(832m)を目指します。

スキー場トップからは平坦地が広がっていました。目指すはチセヌプリです。

天気はまずまず。ここのところまとまった雪が降っていなかったようなので、先行者が2名登っていましたが、雪面が硬いのか、結構登り難そうでした。

とりあえず初めての山でしたので、雪崩リスクが低い、南西の夏道沿いに登ることにしました(後で後悔しました)。

登るにつれて雪面が硬くなり、シュカブラも出てきました。

斜面も急になり、雪面も硬いので、ここから先はアイゼンに履き替えて登るか降りるか迷いましたが、上に行っても雪面の状況から楽しくないかなと思い、あと80mでしたが降りることにしました。

100mほどはシュカブラだらけで結構修行な滑りでした。

標高1000m過ぎたあたりからやっと雪質が良くなり、楽しい滑りが出来ました。

帰りは、スキー場トップから、登ってきた斜面(西側)とは反対側の湯本温泉に下る斜面を降り、ツリーランを楽しみながら駐車場に戻りました。

この日山頂まで登ったパーティーが1組いましたが、山頂から南東に伸びる尾根を登っていました。後日見ていると、やはり皆、東側の斜面から登っていたので、雪が落ち着いた雪崩リスクのない時期は東側からの方が傾斜も比較的緩く、正解なんだなと学習しました。。。

 

(2日目:ニトヌプリ)

当初の予定はアンヌプリ山頂から五色温泉に下る予定でしたが、天気予報はあまり良くなく、また前夜降った雪が硬い雪面の上に積もり、雪崩リスクがあるようなので(ニセコ雪崩情報より)、どこに行こうか迷いました。ニトヌプリは標高も1100m弱で、斜面も手ごろな感じでしたので、とりあえず行ってみることにしました。

パノラマライン除雪終了地点に車を停めて準備しました。既に複数台の車が停められていました。欧米の方向けのBCツアーグループが多いようでした。

パノラマラインを10分くらい歩いてから右側の尾根を登り、南峰を目指すルートを取りました。そのまましばらくパノラマラインをショートカットしながら進んで、北峰に登るルートもあります。

先行が1パーティーいたので、途中からトレースを使わせてもらいました。

874mの台地に出たところです。先行の若い日本人パーティーはここで終了でしたので、ここから先は我々が一番乗りでした。

台地を過ぎてから少し斜面が急になりますが、雪は締まっている感じでしたので、一応雪崩を警戒しながらもさくさく登りました。

南峰山頂付近です。天気も次第に良くなってきました。

左側が北峰です。1パーティーが休憩中でした。

イワオヌプリです。こちらから縦走して来たらしきパーティーもいました。アンヌプリはガスの中。今日はこちらで正解だったかな。

昨日登ったチセヌプリ。左奥はシャクナゲ岳。

鞍部に一旦降りて、滑走方向を決めました。

北峰と南峰の鞍部から西側の斜面を下りることにしました。滑走開始の頃には青空も出てきました。

雪質も意外と良く、結構良い斜面、滑っている外国の方からも思わず歓声が上がっていました。

雪に埋もれたパノラマライン上に滑り降りて、しばし休憩。他に2パーティー休憩していましたが、また同じ斜面を登り返して行きました。

チセヌプリ。こちら側から登っているパーティーが何パーティーかいました。我々は、写真中段の台地まで登って滑り、帰ることにしました。

パノラマライン沿いに、ちょっとショートカットしながら除雪終了地点まで戻りました。

パノラマラインの道路標識が近い。積雪は例年並みか少な目かな。

天気予報があまり良くなかったので、本日の行程は期待していませんでしたが、結構良かったニトヌプリ。我々も滑った斜面を登り返してもう一度滑っても良かったかなとちょっと後悔しました。

 

(3日目:シャクナゲ岳・長沼)

本日は最終日。天気予報も良いので、素晴らしい景観と滑りを期待してシャクナゲ岳に行くことにしました。

1日目と同様に旧チセヌプリスキー場下の駐車場に車を停めました。天気がいいので既に駐車場も満杯状態。

CATスキーも朝から盛況のようでした。

スキー場トップまではチセヌプリの時と同じルートを辿りました。

スキー場上の台地からは、チセヌプリを眺めながら西側に広がる台地を目指します。

左の山がシャクナゲ岳です。ここからの眺めは本州では見られない景観でした。

北海道はでっかいどう!

シャクナゲ岳を目指します。既に2パーティーほど登っているのが見られました。鞍部に向かう途中で日本人女性2名が山頂から滑って来ましたが、地元の方なのか、とてもスキーが上手で元気な女子達でした。

鞍部で休憩中に山頂から滑ってきた日本人おじさんパーティー。最高齢はなんと76歳(しかも2名)なのだそうで、すごい!!の一言。休憩せずにとっとと次の長沼へ滑って行かれました。

我々も山頂へ向かいます。

西側斜面はシュカブラだらけの斜面でした。先ほどのおじさま達が斜面を回り込むように上手いぐあいに登りのトレースをつけてくれていたので、楽に山頂に上がることが出来ました。

山頂より西側を望む。次は目国内岳にも行ってみたいな。

滑走開始です。

雪面はあまり良くはありませんでしたが、まずまず何とか滑られました。

そのまま長沼方面へ向かいました。

眼下に長沼を見ながら、広い斜面を滑走します。

この長沼までの斜面は雪質も良く、本当に快適な滑りでした。

長沼のほとりでしばし休憩。ここからもう一度滑って来た斜面を登り返し、その後は下まで滑り降りずにトラバース気味に移動して、帰路を目指すことにしました。先ほどのおじさんパーティーはチセヌプリの北東尾根へ登って行かれるようでした(元気だ!)。

名残惜しんで。帰りは登ってきたルートを降りました。

到着。これで全日程終了です。

今回は行動した範囲は狭かったのですが、初めて行った山域でしたので色々と様子が分かり、結構満足の行く山行でした。残念ながらパウダースキーの時期は終わってしまい、期待していたパウダーはありませんでしたが、所々良い雪があり、滑りも楽しめました。次は以前滑ったアンヌプリ山頂から五色温泉のルートや、イワオヌプリ、また、目国内岳の方まで足を延ばせればと思っています。まだまだこの界隈の山スキーは楽しめそうです。しかし、北海道の春も早くなってしまうのは残念ですね。(S井く)

20190210- 11赤岳山行.南沢アイス

今回はA崎さん企画の赤岳山行、南沢アイスにご同行させて頂きました。冬の赤岳は一般登山者憧れの場所です!

上大岡5時発、元々は前夜発の予定であったがそんなに急ぐ行程では無いので当日朝発へ。

やはり三連休中日、前日天気悪かったせいか車の量は多い。

諏訪南で下りて直ぐのファミマ トイレへ!ここでも渋滞!ここでまさかの時間ロス、私です、すみません。

美濃口ここでチェーンを装着、四駆、スタットレス、チェーン!もう怖いもの無し!雪が付いてフラットになった道をスイスイ上がって行きます。

歩いてい人には申し訳ないが、林道を1時間歩かなくて良いのは嬉しい限りです。赤岳山荘前に駐車してスタート!陽も出て最高の登山日和。意気揚々とスタートを切ります。

だが20分 もしないうちにゼーゼー息が切れて来ます、あれ。そう歩くスピードが早いのです。途中どんどん登山者を追い抜きます。

Aさんから途中大丈夫ですか?と聞かれるが大丈夫です、とこの時は答えていた!

スタート8:50赤岳鉱泉迄10:10行者小屋迄10:50

そこから文三郎の急登が辛かった!スタミナを使い切ってしまったようだ!足がなかなか上がらない!

情けない事を言うようだが 諦めて行者小屋迄戻って明日まで待っていようか本当に思った!

左手に赤岳主稜が見えたが私にはまだまだ先か?今日はめちゃくちゃ混んでいるようだ!一般登山道よりも人が多い!

その後文三郎尾根分岐辺りで会のメンバーMさんと会う!何という偶然!私はお初でしたがみんな嬉しそうに談笑^ ^

そこから山頂迄は岩と氷のミックス、気が抜けないルートの連続!でしたが逆に気が張ってヘコタレル事は無くいつのまにか山頂へ^ ^13:10山頂に到着!

山頂に出ると360度快晴、遠くの富士山迄はっきりと見える絶景が待っていた^ ^来て良かったつくづく思う^ ^

山頂から少し硫黄方面に下ると展望荘が見えてくる、なんか安心する!私だけ^ ^14:10山荘着

小屋はなんとお汁粉、お茶、コーヒー☕️飲み放題!お茶のサービスはよくあるが!お汁粉までこんなサービス聞いたことない、びっくり!お汁粉が美味しい過ぎて何杯もおかわりしてしまった^ ^

部屋も快適、個室に案内され1人1枚の布団寝袋付きでとでも暖かく快適、私は寝汗をかくほどだ!

食事も豚の角煮、鶏の煮付、生ハム等山歩きの後には嬉しい肉肉肉!タンパク質一杯のレパートリーで自分の食べられる分だけ取れるバイキング方式だ!

食事の後は談話室でゆっくり、ここではSOFT BANKも電波あるし充電も出来る、私は備え付けのマッサージ機を何度もスタートさせ、ひたすら今日の疲れを落としていた^ ^

翌朝は風が小屋の壁を叩く音で目が醒める!朝食も美味しい^ ^

2日目は強風の中吸い込まれるように切れ落ちてく地蔵尾根を慎重に降りる、ここが核心部だったのかもしれない。

行者小屋まで降りて暫く休憩した後A木さんU島さんが待っている南沢アイスの大滝を目指す。私は初めてのアイス、この辺からワクワク!ドキドキ!どうなる事か!

8時20分には目的地と思われる大滝に着いた。

だがそこには先に到着しているであろう2人がいない、しばらく辺りを探したが見当たらないので、再度ググって見るとこの下流にもう一つ大滝が有るではないか!早速そちらに向かう

そこで目にしたものは想像もしていなかった事でした!

まさかこんなに早く上記救急訓練が役に立つ日が来るとは!

 

 

 

車を停めいざ出発!天気は最高!赤岳が呼んでいる!

 

赤岳鉱泉のアイスキャンデー!沢山の人で賑わっていた!見ているとやりたくなる!

行者小屋!テン場は何時もごとく大人気!

 

これから挑む文三郎尾根!

 

山頂手前の岩場でパシャ!

 

海老の尻尾

 

 

遠くに富士山🏔

赤岳展望前は風の通り道か!突風が!

 

今晩のおかず生ハムを切っているところ

夕食!2,700mの山荘でこんなてんこ盛りのおかずが!盛り方が下手で見た目は悪いのですが美味しく頂きました^ ^

 

翌朝地蔵尾根にて!風が!

 

 

初めに行ったアイスの横で、待っている間ラッセルの練習!

 

 

20190202-03 西吾妻山山スキー(グランデコ~二十日平コース)

通常は一日コースですが、一度行ってみたかった山域でしたので、ゆっくり一泊したいねということで、避難小屋泊の山スキーを計画しました。

(1日目:グランデコスキー場~西大嶺~西吾妻山避難小屋)

裏磐梯グランデコスキー場の第3クワッドリフトを降りてからスタートです。第4クワッドリフト終点からもハイクアップ出来るようです。

西大嶺を目指します。

2時間ほど膝下くらいまでのラッセルでした。上部で第4クワッドリフトから登ってきた他パーティーと合流しました。

西大嶺山頂付近ですが、生憎ガスが濃く、風も強くて何も見えず。山頂の標識らしきものも見当たりませんでした。

ここから稜線づたいに西吾妻山避難小屋を目指します。

スノーモンスターの迷路を進みます。視界が悪く、真っ白な単調な景色の中を淡々と歩きました。

あまりに真っ白な単調な景色が続くので、スノーモンスターに顔をお絵かき。(自分の作品をしげしげと眺める画伯と共に)

西大嶺から約1時間で西吾妻の避難小屋に着きました。大人数の1パーティーとソロの方が休憩していかれましたが、それぞれ天元台と若女平へ下って行きました。この日の宿泊は我々のみでした。

(2日目:西吾妻山避難小屋~西吾妻山~二十日平~グランデコスキー場)

朝、避難小屋を出発。前夜は寒くてぐっすりは眠れませんでした。朝イチ晴れていることを期待したのですが、昨日と変わらず真っ白な世界。

とりあえず、視界が悪いので、コンパスとGPSを頼りに山頂を目指します。

山頂付近に来ると、時折うっすらと日差しが指し、「もしかして・・・(!)」とちょっと希望を感じ始めていました。

・・・そして、

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!

劇的にさーっとガスが切れ、あっという間に、目の前に雲海に浮かぶ360度パノラマの絶景が広がりました。一同大はしゃぎで写真を撮りまくりました。

今まで何なのかよく分からなかったスノーモンスターたちが一斉にお目見えしました。(皆こちらを見ているような・・・)

気持ちの上がった中高年たちで記念写真。

思い切りテンションも上がったところで、滑走開始の準備。出だしは、山頂からやや南東に伸びる尾根を下るのですが、、滑り始めのスノーモンスターの迷路に一苦労。

迷路を越えて、やっと広い斜面へ。滑走開始です。

快適な広い斜面を思い思いに滑りました。

広い斜面を堪能したあとは樹林帯に入ります。

ふかふかのツリーランを楽しみます。

二十日平周辺に来ると疎林になり、傾斜も緩いので快適な滑りを楽しめました。

最後は中ノ沢へ下ってスキー場の下部に合流します。

ゲレンデを下って終了しました。

今回は西吾妻山頂での劇的な天気の変化に、久しぶりに山でしか味わえない感動を覚えました。山スキーコースとしては手軽な感じですが、視界が悪いと稜線も西吾妻山からの下りも迷いやすいので、GPSがあったほうが安心出来ます。

避難小屋泊で充実した山旅スキー山行でした。(S井く)