八ヶ岳(南沢 小滝 アイス)2020-01-11

昨年のリベンジで八ヶ岳南沢大滝・小滝を日帰りでUさん、Yさん、Sさん、私の4人で行ってきました。
昨年南沢大滝で衝撃的な光景を目激し敗退せずにはいられなかったアイスクライミング。あれから早いもので1年近く経ちますがとうとう実現しました。
まずは前日海老名駅22時に待ち合わせをし、車で道の駅小淵沢24時着で仮眠を取ります。
翌朝5時30分には起床し美濃戸に向かう事に。
今回もUさんの4WD+スタットレス+チェーンで、一般車は入れない美濃戸口から先の赤岳山荘駐車場まで向かう予定でしたが、スタックしている車があり着いた時にはゲートが封鎖されている状態です。なんとJAFが来るまで入れないと言うでは無いですか!そこでUさんとYさんで念の為、現場まで見に行く事に、すると急坂の下りでプリウスがスタックしていましたが、その脇は車1台通る事が可能な事が解りました。改めて赤岳山荘駐車場に向かいます。


駐車場からは暫く林道が続きますきますがアイスバーン状態です。今年は雪が少ないとは言えやはりここは標高 1,700m雪はありますね。慎重に南沢登山道を南沢アイスとの分岐点迄向かいます。お天気も良く無風で木漏れ日の中進んで行くと、右側にロープが見えて来ます、分岐点です。そこを右に進み、暫くすると大滝と小滝の分岐点が現れます。昨年は左側に進み大滝で凄い光景を目撃しましたが、今回は右側の小滝に進みます。到着して一安心今回は何も有りませんでした^ ^

小滝から東側へ30m位行った所でテントが、羨ましい!

下はツルツルです。

 

現場は既に3パーティが氷壁に取り付いています。氷の状態も良さそうです^ ^3連休と言う事もあり、氷壁の脇にテントを張っているパーティも有ります。北面で気温-3度位でしたがじっとしているとやはり寒くなって来ます。
私達は暫く順番待ちをした後、右端の氷壁が空いたのでUさんがアイススクリューを使ってリードして行きます。少し薄い氷でアックスを打ち込むとボロボロ破れる様な氷でしたが、流石に慣れた感じでスイスイ進んで行きます。登りきった右側の木に支点構築してトップロープをセットしてくれました。50mシングルロープで丁度いい位です。
まず始めに基本の登り方レクチャー(アックスは太鼓を叩く要領でなど)頂きスタートです。

まずはUさんが

私も

Yさん

Sさん

はじめの内はクラックにアックス、アイゼンを凹みに引っ掛けて登感じになってしまい全然アイスクライミングになっていない。何度かやる内にアックスを強く打ち込み、アイゼンを蹴って登れる様になって来ます。
アックスが氷を割り刺さる感じ、アイゼンが氷を捉える感じは出来て来ると楽しいです^_^

お昼休憩後スクリューの使い方を習い左側の壁に移動です。
こちらの氷壁は見た目通りヴァーチカルに近く、氷も硬い状態です。練習の時と違いなかなかスクリューが入って行きません。二個目のスクリューセット時に腕がパンプしてしまいテンションを掛ける状態に!何とか最後までスクリューをセットしながら登頂する事が出来ましたが、氷によって全然違うのが良く解りました。

今回アックスは皆PETZLのクオーク。私が最新モデル、Uさんが一個前のモデル、Yさんがその前のモデル!それぞれ触ってみると特徴があります。最新だからと言って良いわけでは無い様です。
Sさんからすると1個前の型が一番軽く、握る所も若干細いので使い易いようです。皆さんピックを削ったりシャフトにテープを巻いたりと自分の使い易い様に工夫している事もあると思います。

15時半位迄楽しんで下山します。
下山中、突然絶滅危惧種のカモシカ(今では雷鳥より希少と言われているそうですが)に出くわします。私たちを見ても全く気にする事なくモグモグタイムをしています。珍獣を各々写真を撮って下山しました。

下山後は温泉で♨️疲れた体を癒し、境川SAの境川食堂名物大盛りご飯をお腹いっぱい食べて帰ります。この日は何時も渋滞する中央道が渋滞も無くスムーズに海老名まで帰る事ができたので思いのほか早く帰宅する事が出来ました。今回企画して頂たUさんありがとうございました。そして皆さんお疲れ様でした。

昨年南沢大滝で衝撃的な光景を目激して敗退したアイスクライミング、とうとう念願かなって実現出来ました。今回は無事何事も無く終わって良かったです。

カテゴリー: ディスカッション   パーマリンク 編集

20191228杣添尾根

20191228杣添尾根1
(人が少なめで静かな杣添尾根)

冬の八ヶ岳というと、冬も営業している赤岳鉱泉があるため、西面から入山する人が多いかと思います。それに比べると東面は、登山者が少なめで静かな雰囲気。そんな東面にある杣添(そまぞえ)尾根に、Y本さんとI塚で行ってきました。人が少ないイメージでしたが、お正月休みに入ったせいか7~8パーティがいて、そこそこ活気ある雰囲気でした。

杣添尾根に登るには、南牧村の海ノ口自然郷という別荘地にまず入る必要があります。この別荘地の西側奥に登山者用の駐車場があり、登山口となっています。よく行く美濃戸口と異なり、別荘地に入る道がちょっと解りづらく、しかも別荘地内のメインの道路が凍結。あと少しで駐車場というところの微妙な斜面が、スタッドレスタイヤでも登れません。チェーンがなかったので登山口に行きつかないうちに敗退か・・・と思ったのですが、ダメもとで別荘地内を大きく迂回。駐車場に北側から回り込んだところ、駐車できました。

20191228杣添尾根2
(しばらくは平らな遊歩道が続きます)

駐車場からは、富士見岩なる名所まで遊歩道があり、林の中を歩くことができます。遊歩道が終わると貯水池と四阿がある場所に出て、ここからやっと山道らしい感じに。登山道は想像していたよりも整備されていて、快適に歩けました。雪は少ないのではと心配していたのですが、思っていたよりあり、深いところでは膝上ぐらい。雪は下部ではモナカ状、上部に行くとサラサラ、というかビーズクッションの中身のような雪質です。いくら踏んでも固まらないので、テントを張る際整地がなかなかできず・・・

緩やかな斜面を標高2500m地点まで上がっていくと、標高を示す標識が木に取り付けられている、いかにもビバークに適した広くて平らな場所が出現。ソロの人ではもっと森林限界ぎりぎりのところまで進んで幕営していた人もいましたが、私達はここにテントを張ることにしました。2500mより上はここまで広いスペースがある場所は見かけなかったので、ここがやはり適地かも。

20191228杣添尾根3
(稜線上では四方を見渡すことができました)

前日も天気が良かったのですが、翌日も晴れて風もなく、絶好の登山日和に。森林限界を越すと一気に視界が開け、絶景を楽しみました。三叉峰へとたどりついて、先行していた人は奥ノ院へと向かっていましたが、私達はここから下山。荷物を回収して明るいうちに駐車場に戻ることができました。

20191228杣添尾根4

20191122-24 立山山スキー

前年は雪が無く計画を断念。今年も積雪量は少なかったのですが、かろうじてこの時期の立山で山スキーをすることが出来ました。

初日は雷鳥平まで行って幕営。雷鳥荘で水をいただいてから雷鳥平に滑って降りたのですが、荷物が重すぎて片膝をつきながらやっとザックを背負う始末。なんとか転ばずに滑り降りました。

2日目。まず、雷鳥沢を上がりました。

別山乗越は雪がなさそうだったので、雪が切れそうなギリギリのところまで登って滑ることにしました。

天気も良く、うきうき気分。

滑り開始地点でしばし休憩。

滑走開始。滑走する前までは雪質にちょっと不安がありましたが、意外に滑りやすい雪でした。(パウダーではありませんが。。。)

雷鳥沢の下まで滑って休憩した後、山崎カールへ向かいました。

気温が高く春山のようだったので、山崎カールへ登っている途中からシールに雪が付き、花魁の高下駄のようになってしまったので、カールまで上がるのは止めて一段上がった途中から滑ることにしました。

雷鳥平に戻って、本日の反省会をしました。

最終日。奥大日岳に向かいました。

奥大日岳も雪が少なさそうでしたので、帰りの時間も考え、稜線上に上がって最初のピークまでとしました。

初日から比べると周辺の山の積雪量が明らかに減っていました。悲しい。。。

滑走開始。

剱岳をバックに。

雷鳥平に戻った後、テントを回収して室堂のバスターミナルへ向かい、帰路につきました。

積雪量は少なかったのですが、とりあえず今シーズンの山スキーを11月の立山で始められて満足でした。(酒井Ku)

20191215富士山雪トレ

富士山雪トレ
この日はYさん、Mさん、Sさん夫婦、Uさん、Iさん、Aさん、私を入れ8名の参加者で2台の車に分乗しゲートが開く9時に富士スバルラインを目指します。
8時40分ゲート着、既に私たちの前に観光バスが2台並んでいます。こんな時期でも観光客が来るんだな~と思いながらもゲートが開くのを暫く待ちます。
5合目駐車場はやはりガラガラで好きな所に停める事が出来ます。因みに夏季は世界遺産に登録されて以降5合目までは普通車では上がってこれません。但し電気自動車は行けるそうです、、、
駐車場で各自ガチャ、ロープ、アイゼン等準備、この時私は後悔が走る。私の持ってきたアウターは今年の春先に買ったばかりの新品だったからです!
皆さんはこんな事はしないと思いますが雪上訓練の時は、破損する事があるので、古いアウターを用意して下さいね。メンバーに勿体ないな~自分のを貸してあげるよ〜など話を頂きましたが、そこは割り切って使用しました^ ^
支度が終わり駐車場から出る際に、いかにも元気そうなお姉さんに「登山ですか~17時にゲートが閉まるので帰ってきてくださいね~と声を掛けられ」やはり富士山は危険な山ですから改めて身を引き締め出発。

5合目から少し入った所で、滑落停止訓練に丁度良い斜面があり、思いのほか近かったので調子抜けしまう所でしたが、やはり場所さえ確保出来れば山頂に近づかない方がいいようです。
ここは斜度が30度位で斜面にしっかり雪が乗っており、場所によっては所処テカっているように見えました。
2名ずつペアーを組みトレーニング開始です。
私は経験豊富なMさんとペアーを組ませて頂き、初歩の雪上歩行方法~支点~ビレイ迄色々な事を教えて頂きました。

※訓練した内容はこちら
〇雪上での安全歩行方法
登り下り キックステップ 急な斜面では四つん這いでピッケルを刺しながらクライムダウン

〇スノーバーによる支点構築
スノーバーには方向があり逆に差してしまうと折れてしまう事があるので注意。
緩い雪なら手でスルーと入ってしまうのだがそれでは支点として弱い。
また硬い雪ではハンマーで叩いても入って行かない事がある。

〇ATCビレイデバイスを使って確保しながら滑落訓練
最初の場所は雪がフカフカでスピードが出ず反転してピッケルを刺し難なく止まれる。
次に高度を少し上げ斜面の途中からアイスバーンになっている場所に移動し練習。
ここは滑っている最中アイスバーンに切り替わった途端急にスピードが上がる。
素早く反転しピッケルのピックを指すのですがなかなか上手く行きません。
何度かやって何とか止まれるようになりましたが、ここで解った事はとにかく滑ったと思ったら即停止体制を取る事、スピードが出てからは止まらない!特にアイスバーンではピックもなかなか刺さらない事が良く解った。
また滑落中は足を上げて置かないとアイゼンが雪面に引っ掛かってしまう。
それと頭から滑落の際はピックの向きが逆になるので更に難しい事が解った。
今まで木曽駒などで滑落訓練をした事はあるがこのようなアイスバーンなっている所は初めてで、雪質によって全く違う事が良く解った。

〇スタンディングアックスビレイによる確保技術
ロープを肩絡みで確保しながらスリングを足で踏んで行う。
途中何度かMさんに倒れて貰いしっかり確保できているかチェック。
最後に思い切り倒れた際にアックスが抜け私も倒れてしまった。
そこでスノーバーを横にして雪の中に埋めて支点構築し、再度確保の練習も実施。

〇ガイドコンテによる雪上歩行訓練

〇ビーコンにる捜索訓練                           裾野迄先に下がった4人で受診と送信を交互に順番に実施。                        15分内で捜索完了する事を目標に実施しました。やはり3本アンテナの方が正確な位置の特定が早くできるようです。

(少し標高を上げた所、途中からアイスバーンになっています。)

(更に標高を上げた所、斜度もあり良く滑ります。東側斜面でしたから14時位には太陽は隠れ薄っすら暗くなってきます)

14時過ぎを持って練習終了。
富士五合目に戻るとそこは観光客でいっぱいでした。殆どの方が中国人の観光客の方だと思いますが、竹下通りのように人でごった返しています。
その後リゾートイン芙蓉の温泉でゆっくり汗を流し、吉田店でうどんを堪能して帰路に着きました。実は富士吉田名物の吉田うどんの話をしていた所、偶然にも温泉に隣接していてラッキーでした(^▽^)/
皆さんお疲れ様でした。

 

 

 

20191201梅の木尾根ルート~ネクタイ尾根


(撤去されたと聞いていたネクタイがありました。これぞネクタイ尾根!)

丹沢にはバリエーションルートがたくさんありますが、破線ルートのみならず、破線すら載っていないものもあり、複数つなげてみるとなかなか歩きがいのあるルートとなります。今回は東丹沢のバリエーションルートを複数つなげ、Y本さん、I井さん、Y下さん、S原さんとI塚で、読図練習のためトップを交代しながら歩いてみました。

元々は昨年挑戦した西丹沢のバリエーションルートに行きたかったのですが、台風の影響で早戸川林道が通行止めとなり行かれないことに。そこで影響が少ないエリアでバリエーションができるところを探し、大山に到達する「ネクタイ尾根」をメインに決定。そこへ日向薬師からすぐのところから始まる「浄発願寺奥ノ院コース」と、「梅の木尾根ルート」をつなげてみました。


(日向薬師バス停からしばらく歩き、浄発願寺奥ノ院へ。)

まずは伊勢原駅からバスで日向薬師へ。そこからすぐのところに浄発願寺というお寺があるのですが、更に15分程歩くと山へ入る階段が現れ、浄発願寺奥ノ院コースが始まります。階段を登りきると北西へと踏み跡が続き、ほどなくして尾根に乗ります。ここは標高537へと分岐するT字路になっていて、壊れたベンチとテーブルがあるのがランドマークになっています。

ここまでの担当のI塚から、I井さんにバトンタッチして今度は尾根を西へ。二ノ沢ノ頭を経て北西へ尾根伝いに歩き、見晴広場ルートと梅の木尾根ルートに分かれる、大沢分岐で交代。この先標高893まではY下さんの担当ですが、さすがよく沢に行かれているだけあり、読図も的確!


(ネクタイ尾根は尾根に乗るまでがちょっと解りにくいかも。)

唐沢峠でY本さんに交代し、一番わかりにくいとの前評判の、ネクタイ尾根への取りつきへ。唐沢峠からは石尊沢へと下っていきますが、このあたりから標識の類はゼロになり、完全なバリエーションルートに。沢まではまだ踏み跡があるのでよいのですが、沢から尾根に上がるところに鹿柵があり、どこから上がるか悩みどころ。3つある堰堤のうち、右にあるものの横の鹿柵が破れているので、そこをくぐり抜けて斜面を上がりました。地形図を見ると、石尊沢のすぐ北にある尾根がネクタイ尾根なので、これで正しいということで進んでいきます。

ところでネクタイ尾根とは変わった名前の尾根ですが、赤テープ代わりにネクタイが木に巻いてあるとのこと。それを見るのを楽しみにしていたのですが、残念ながらネクタイは撤去されてしまったそう。(珍しい眺めなので、興味を持った一般登山客がバリエーションに入り込まないためという見解をネットで見ましたが)しかし尾根上で会った二人連れの男性から、「ネクタイありましたよ」という報告が。西側の取りつきまで来てみると、伺ったように1本だけネクタイがありました!


(大山北尾根ルートに突き当たると、モノレールのレールが現れます。)

ネクタイが見えたらすぐに大山北尾根ルートにぶつかり、ここからはS原さんが担当。北尾根は雪が残っていたらしく、それが溶けてかなりぬかるんでいます。それを南へと登って行くと、大山の頂上の電波塔が見えてきました。しかし北尾根から来ると鹿柵があり、最後は脚立越えです。


(脚立で柵を越えて大山山頂へ。)

天気が良かったこともあり大山からの下山は大混雑でしたが、皆さん下社へと下っていき、分岐からはヤビツ峠方面へ向かったのは私達だけになりました。予定より早いバスに乗れそうだったのですが、タッチの差でバスが行ってしまい残念。ヤビツ峠で次のバスをのんびり待つことになりました。日が短くなりつつある季節なので、バスに乗り遅れないようにと思っていましたが、パーティのペースが速く杞憂に終わったのは良かったです。