20190112蝶ケ岳長塀尾根

Y本さん、I塚で蝶ケ岳の長塀尾根に行ってきました。
今回は快晴でしかもほぼ無風、これで登らなくていつ登るの!というくらい良いコンディションでした。

(蝶ケ岳頂上からの眺め、最高の天気でした)

初日は沢渡からタクシーに乗り、釜トンネル入口へ。
ところが8amにしか予約できず、のっけからスタートが遅くなってしまいました。
当初は2500m付近の適地まで行ってビバークするつもりだったのですが、仕方ないので長塀尾根の行けるところまで行くことに。

釜トンネルをやっと抜けたら、新しくできた上高地トンネルも抜けなくてはなりません。
以前乗ったタクシーの運転手さんによると、焼岳が噴火したらこのトンネルがシェルターになるそうです。

(北海道と梓川にしか生えていないという、ケショウヤナギの赤い枝がきれいでした)

上高地から明神、徳澤園にかけて雪はあまり深くなく、長塀尾根も遠目から見ると雪がないように見えたほど。
トレースがあり快適に歩けましたが、出発が遅れた分、2000m弱のところで予定していた時間をオーバー。
何とか整地できるスペースを見つけて、そこでビバークです。

翌日夜明け前に出発しましたが、赤テープやペンキマークがあるにしても、暗くてトレースがないとかなり解りづらいように思えました。
日が昇り樹林帯を抜けると、目の前には丘のようなピークが現れ、それを登るにつれてだんだんと周囲の山々が見えてきました。

(丘状なので、トレースがないとルートが解りづらいそうです)

雲がない絶好の登山日和で、頂上はまさに360度の眺め!
何度も訪れているY本さんも、こんなに視界がクリアだったことはなかったそうです。

(Y本さんが撮ったパノラマ写真です)

ところで20人以上の人が今回長塀尾根を登っていましたが、長塀尾根にビバークしている人は他に1パーティぐらいで、皆さん徳澤園にテントを張っていました。
徳澤園からピストンすると荷物を早めに軽くできるのがメリットですが、それなりに時間がかかるようで、夜かなり遅くなってから戻ってきたパーティも・・・

この夜から翌朝にかけてはものすごく寒く、重ね着をしても寝付けないくらい。
タクシー運転手さんによると、前日より数度気温が下がったそうです。
下山してお風呂に入りたい一心でしゃかりきに歩き、最後まで雪山を堪能できました!

20190113 阿寺山山スキー

寡雪のため、山スキーの計画はどれも不発でしたが、今シーズン初めて、やっと山スキーらしい山行が出来ました。

7:30に広堀橋を出発し、しばらく林道を歩きます。

林道を離れて、尾根への登りの始まりです。

ソロの先行者が2名いたので、ありがたくトレースを使わせていただきます。

1000mくらいまでは急登が続きます。写真のあたりは急登の核心部です。

1250mの平坦地。

ブナの霧氷がきれいでした。

1350mを過ぎると山頂まで緩やかな平坦地になります。

無風、晴天で、八海山もドーン。

山頂からは360度の大パノラマが広がっていました。写真は越後駒ヶ岳と中ノ岳。

山頂から滑走開始、文句なしのパウダー。

上部は思わず笑顔がこぼれるパウダースキーを楽しめました。

今回は登ってきた尾根上を下りましたが、標高が落ちてくると次第に雪も重くなり、林間も狭くなったり藪がまだ出ていたり、次第に修行になりました。

最後の方は、私は結構へろへろ。なんとか怪我をせず無事に降りてきました。

行きに歩いた林道をボブスレーのように下って13:40頃に車に着きました。

下りは途中から足に疲労がきてぼろぼろでしたが、上部のパウダーは最高でしたし、天気は申し分ありませんでした。特にブナ林の霧氷、1350mから山頂に広がる白一色の景色、360度の大パノラマなど、何回でも来たくなるような魅力にあふれていました。阿寺山はくせになりそうです。(S井く)

 

20181222赤岳真教寺尾根

Y本さん、I塚で赤岳の真教寺尾根に行ってきました。
連休でしたが最終日は用事があったので、1日でビバーク地からピストンしようとしましたが、あえなく時間切れに・・・

(もう1日欲しかった・・・)

真教寺尾根はサンメドウズ清里スキー場からえんえん歩いていくこともできますが、体力温存のためリフト始発を利用。
しかしリフトを降りたら周りには電柵が設置され、その向こうに踏跡が見えますが行くことができません。
困ってリフト事務所に電話すると、なんと電柵には電気が通じてないとのこと。
リフトの係員さんがすぽっと支柱を抜いて、電柵に隙間を作ってくれたので通らせて頂きました。

ここからしばらく雪がなく、笹藪の中を歩きましたが、牛首山手前あたりから雪が出てきて一安心。
更に扇山まで行き、この先適地がないのでこのあたりでビバークです。


(牛首山手前から雪が出てきました)

翌日は曇りで風も強まり、朝一からけっこうな急登が続いていきなり疲れます。
しかも鎖場らしきあたりまで来たら、突風が吹いて体が持っていかれそうになりました。


(曇って風が強まった翌日)

そんなこんなで体力気力を消耗したところ、時間切れの匂いが。
そうと解ったら寒さや風に耐えるガッツが失せてしまい、敗退することに。
真教寺尾根の長さや急登を考えると、もう1日用意しておくべきでした・・・

20181208フナムシロック

Y本さん、I塚で富戸のフナムシロックに行ってきました。
クラックは久しぶりなので、右手の北の岩南面の易しめのルートを登ろうと思ったのですが、既に1パーティが取りつき中。
じゃあ待っている間他のところを登ろうと、南の岩東面で「パープルシャドウ」を。


(久しぶりに登ったらけっこう疲れた「パープルシャドウ」)

ほどなくして大人数のパーティが現れたと思ったら、あっという間に右手の岩全体にトップロープがすだれのように・・・
しかも初心者向けの講習会らしく、トップロープは一日中はったまま。
結局この日、北の岩南面は1本も登れませんでした。

でも左手の南の岩南面で「トライアングル」や「メルトダウン」などを登っていたら、最後まで誰も来ず。
独占状態で、ゆっくり練習できました。

20181201湯河原幕岩

A木さん、Y本さん、I塚で湯河原幕岩に行ってきました。
秋は混みがちな幕岩ですが、この日も激混み。
桃源郷が空いていないのはいつものことですが、他のエリアに行ってもまったく空きがありません。

混んでいる時も、大滝フェイスやガリバーの岩場などに行けば何かしら登れるものですが、ピーターパンロックまで行っても空きはなし。
とうとうたどり着いたのがサンバリーで、かなり奥にある印象でしたが、桃源郷の端にあるゼルダからルンゼ状の斜面を登っていけば、そんなに遠くないようです。


(下から見るとけっこう大きなギャップ)

ところでサンバリーは取りつきがかなりの急斜面な上、足を置くと土がざーっと崩れてくるような悪いところです。
そのため来る途中にも、取りつきにもフィックスロープがはってありました。

サンバリーの右手には大きなギャップがあり、かぶっているので難しい感じ。
足場の悪い斜面を登る必要がありますが、トップロープをかけられたので左手の「満腹食堂」や「ミスサイゴ」を登りました。


(立体感のあるサンバリーの岩)

左手も最後の部分が薄かぶりで高さもあるせいか、数本登ったらお腹いっぱいに・・・
けっこうパワーが必要ですが、立体感があり変化に富んだクライミングを楽しめますよ。