2019/9/28 富士山(富士宮ルート)

A崎Tさん、A崎Eさん、K緑さん、A井さん、S原の五名で富士登山トレーニングに行ってきました。

S原は初めての富士登山にドッキドキのワックワク♡
23時横浜を出発して、午前1時ごろに富士宮五合目駐車場に到着した時にはすでに車がいっぱい。混雑するシーズン中を避けて富士登山に来る人々がこんなに沢山いたなんて・・・
山岳会に入るまで知らなかったです。

 

車で仮眠をとり、明けて28日早朝。
五合目駐車場から見る下界は朝靄のなか。空は雲が多めな感じ。
晴れてくれ!と天に祈りながら7時に登山開始。

6合、新7合、元祖7合と順調に登っていくうちにだんだん天気も良くなり山道から見える景色は絶景。
薄雲が直射日光をいい感じに和らげてくれている。
冷んやりとした冷たいそよ風が火照った体に心地よい。
私は今、富士山の中にいるんだと思うと、幸せ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8合、9合目辺りから体が重くなってくる。一歩一歩上げる脚がずっしり重い。呼吸も苦しい。雲行きも怪しい。
すれ違う登山者との挨拶の「こんにちは」を言うのも億劫になってくる。
「こんにちはやめました!」と紙に書いて自分に貼りたい気分。
先輩方4人は軽々ひょいひょいと登っていく。みなさん流石です。
9.5合目を少し上に行くと工事中の為か登山道は閉鎖されていて、左に続くブルドーザー道(以下、「ブル道」)を行くよう緑色のおじさんに誘導される。このおじさんは作業員なのか、近くに黄色いブルドーザーがある。ずっとここにいて皆んなを誘導しているのだろうか?。すみません、ありがとうございますという気持ち。

止まっても歩いても苦しいのなら歩くしかないと、地道に歩みを進めて気がついたら山頂に到着。いつのまにかガスに覆われて何も見えなくなってしまったのは残念でしたが、登頂成功でひと安心。
ブル道から辿り着いたところが剣ヶ峰のすぐ横だったので、そのまま日本最高標高地点3776mまで登ってみんなで記念撮影。

11時頃から下山開始。6合目付近までブル道をいっきに下山する。
耕したての畑みたいなブル道の下り坂を2時間下る。お膝のお皿が外れちゃうんじゃないかと心配になるも、無事外れることなく13時ごろ五合目駐車場に到着。

心配だった高山病ですが、登っているときは何ともなかったのに駐車場に戻ったころから頭がズキズキと痛み出し、その後帰宅しても痛みが増すばかり。
調べてみると「高山病は時間差で遅れてやってくる」とありました。知りませんでした。勉強になりました。

この富士山トレーニングで、色んなことを知り、経験することが出来ました。
ぜひまた挑戦したいです。
次行く時は最高峰からの360°の絶景を拝みたいと思います。

文責:S原

20190907戸隠西岳P1尾根


(まだまだ夏といった感じの一日でした)

戸隠山の八方睨を経由するルートは、蟻の塔渡と剣の刃渡というナイフリッジで知られています。その八方睨から縦走し、西南にある西岳P1尾根を下るという周回ルートに、Y本さんとI塚で行ってきました。

この周回ルートは時計回りだとP1尾根を登り、反時計回りだとP1尾根を下ることになります。行ったことのある先輩から反時計回りを勧められたので、今回はまず八方睨を目指すことに。ところで戸隠山には天の岩戸が山になったという伝説があり、神社ではそれにまつわる神様をお祀りしているそう。戸隠神社は五社あるのですが、奥社が八方睨へ行くための登山口になっています。奥社は山を背負っているせいか、観光客が多い中社に比べると渋い佇まいです。


(岩の基部である五十間長屋、百間長屋が続きます)

登山口からはすぐに急登となり、岩稜帯が始まる五十間長屋に小1時間で到着。その後鎖場が連続しますがホールドは豊富で、クライミングをしている人なら問題なく通過できるでしょう。蟻の塔渡は高度感がありますが、岩のへりを掴めば下に足場となる小岩があるので安心。岩稜を進んで行くと予定より早く八方睨に着いたので、戸隠山頂へピストンしてみることに。八方睨から山頂は近く、往復20分程度で行ってこられます。天気が良かったので、車を停めた鏡池もよく見えました。


(八方睨へと続く蟻の塔渡)

ほとんどの人は山頂から戸隠牧場へと下山するのですが、私達は八方睨へ戻り、草付きの道を本院岳へ。踏み跡は明瞭ですが藪漕ぎ状態で、思ったより移動に時間がかかります。たまにギャップがあっても足元が見えづらく、左側が切れ落ちているのでドキッとすることも。


(種類豊富な植生の中を漕いでいきます)

次は西岳を目指しますが、途中鎖場もあり、相変わらず藪漕ぎ。西岳P1尾根は西岳と名前がついていますが、山頂から30分ほど歩いた先にある弁慶岳から始まります。鎖場が10カ所以上ある上に、鎖がない部分もけっこうな急傾斜でなかなか時間がかかりました。幸い笹が豊富に生えており、これを掴んでひたすら下ります。P1尾根にも蟻の塔渡りがあるのですが、こちらは幅も広くあっさり通過してしまいました。


(延々と続く鎖場にお腹いっぱいです)

無念の峰からは、うんざりするほどの鎖場の連続。数時間下りまくると、だんだん傾斜がゆるやかになり、草原状になっている天狗平に到着します。ここから沢へと下りて3回渡渉するのですが、薄暗くなり道が解りにくく、試行錯誤した後やっと登山道の標識が見つかりました。その後道は沢から離れて鏡池方面へ続きますが、駐車場までもけっこう遠い・・・しかも天気が良かったため、水分が枯渇。下山後はコンビニへ直行し、やっと渇きを癒すことができました。

20190901県連渡渉講習


(中州から対岸までは流れの強い箇所も・・・)

登山の際、ちょっと幅の広い沢を渡渉することがありますが、増水していて渡ることに危険を感じる場合もあると思います。そんな時の渡渉技術を体得しようと、Y本さんとI塚で神奈川県連救助隊主催の渡渉講習会に参加してきました。講習場所は、御殿場線谷峨駅から歩いて15分位の酒匂川。幅30m位の鮎釣りが行われるようなあまり深くない川ですが、場所によっては腰までの深さがあります。特に中州から対岸へは流れが強い箇所があり、足がすくわれるほど。


(苦戦してます)

まずは中州まで張られたロープに、ハーネスのビレイループにつけたセルフビレイをセットし単独で渡渉しました。セルフはビナをつけた60cm程度のスリングを2本つけ、結び目を通過する際はそれを1本ずつ次のロープに移すという、トラバースでの支点通過と同じ技術です。注意点としては、深いところではザックが浮くことで腰が持ち上がり頭が水没してしまうため、ザックの腰ベルトは外しておくこと。あと、足を高く上げると不安定になり、流れが強いとあっという間に倒れてしまうのですり足歩行すること。

その後は3~4人に分かれて、スクラム渡渉。3人で渡渉しましたが、以前やったことのある輪になるスクラムとは違って、一列で進みます。流れに向かって正対して渡る方法もあるそうですが、やや斜めになってみたら、歩行速度は落ちますが安定して移動できました。スクラム渡渉は1人が流されそうになっても、他の人が支えてあげることができますが、真ん中の人が歩きにくかったり、足を踏まれてしまいがちなのが難点でしょうか。これは出す足を揃えるため掛け声をかけることで、防ぐことができます。


(スクラム渡渉は体格が似ている人と組んだ方が動きやすいようです)

ロープを使う末端交換三角法のトップ体験は希望者のみとのことで、Y本さんとI塚も参加。できれば三角法を支点を作るところからやりたかったのですが、時間が足りず部分的な体験となりました。実際に行う場合は、確保者より上流にある木や岩にロープの片方の端を固定、トップはビレイループに環付きビナをつけロープを通し、対岸へ移動します。もしトップが流されても、確保者がロープを引けば流れに沿って岸にたどり着けます。講習会では、トップはビナではなくATCをつけて、懸垂下降の要領で目的地へ背を向けながら移動。思うにビナではなくATCを使うと、トップが自分の思うようにテンションをかけられるので、流れが速い時に有効かと思います。

訓練後、沢において増水した場合は傾斜があるおかげで比較的早く水量が減るので、無理して渡渉するよりも安全圏で待った方が良いというお話もありました。確かに増水していると下山を急ぎたくなりますが、状況を見て渡渉するかどうかを決めるべきですね。あと体格の差によって渡渉の危険度も変わってきますので、パーティの構成を考えての判断も必要かと思いました。

20190823-25南会津・大幽沢東の沢

OBのY田さんの企画で2年前にヨシノ沢出合まで遡行した大幽沢に行くことにしました。今回は丸山岳を目指しました。「岳人」でマイナー12名山として紹介された山です。

 

前夜は道の駅きらら289に泊。翌朝に車で移動し大幽沢出合手前の駐車場に。

6:40駐車場を出発しました。

20分程で沢への下降点。トラロープを伝って沢に降ります。

大幽沢出合手前の青い橋です。

西の沢出合を過ぎた後のゴルジュでは水量が多いため小さく高巻きした箇所がありました。

確保するY田さん。

ここは左壁を登りました。パンパンの70ℓザックを背負って登るA井さん。

2011年の新潟福島豪雨の影響か、依然として大きな倒木が多かったです。

 

14:00ヨシノ沢出合。左俣に入りテン場を探すものの適当な場所がみつからなったため2年前に泊まった場所にタープを張りました。イワナ釣りにでかけるも釣果はY田さんの一匹のみ…魚影は薄かったです。

夕飯はA井さん特製麻婆春雨(豚肉ともやし入り。辣油はお好みで)。美味しく頂きました!

焚火と酒を友に夜は更けていきました…。次第に眠くなり、沢を渡る風に吹かれながらタープの下でゴロ寝に入ります。これに如くものなし、ですね。

翌朝、焼きそばと、ハムのせフランスパンを頂き、小雨が止むのを待って6:40出発。連続する小滝を軽快に越えていきます。

一旦視界が開けました。

振り返ると天候が良くなる気配が…!

次第に源頭の様相となります。

 

水か涸れ、藪漕ぎに。但し草付き混じりなので視界はよく稜線上にあると思われる木々を確認することができました。

草付き混じりの藪漕ぎ40分ほどで稜線に着きました。過去の記録にある踏跡を探しましたが…

結局、踏跡をみつけることはできず、藪漕ぎを続けていると、突然視界が開け草原状になり歓声が沸きました。

 

池塘が点在しています。

再び藪を経て…(画面左の斜面はスキーで滑るには最適の斜面だなと思いつつ…)

11:55丸山岳に到着。三角点を確認。頂上付近にも池塘が点在していました。

 

頂上から少し戻り、景色のいいところでのんびりと憩いました。日射しが出たものの遠くは霞んでおり燧ヶ岳等の同定は微妙でした。

憩っているうちに青空が!

草原状の山頂周辺は穏やかで我々以外誰もおらずいつまでもいたいところでしたが出発です。

17:30テン場に到着。疲労で釣りをする気力なく、到着早々に火を熾し乾杯しました。今宵も焚火と酒…二日目の晩を満喫しました。

翌朝、二晩お世話になったテン場を綺麗にし7:40出発。なお、出発前に竿を出すもアタリさえありませんでした。やはり魚影が…

13時前に林道に。お疲れさまでした!

逍遥の沢旅2泊3日を楽しむことができました。丸山岳は聞きしに勝る秘峰、別天地でした。アブも少なくヒルにもヒトにも出会わず…南会津の沢は今後も通いたいと思います。

 

20190810-12 剱岳八ツ峰主稜下半縦走

久しぶりに夏の剱岳の雰囲気と剱岳のバリエーションルートを味わいたくて計画しました。八ツ峰主稜は以前に上半分のみ縦走を行いましたが、下半分も気になっていたので、時間と体力が許す限りで全縦走を計画してみました。

初日、扇沢から黒部立山アルペンルートを使って室堂に入山。お盆休み初日ということもあり、早朝から(深夜から?)圏央道と中央高速が渋滞していて入山が遅くなりましたが、良い天気で立山が迎えてくれました。

剣沢の警備隊駐在所にて雪渓の様子を確認。明日は大気不安定の予報だったので、警備隊の方が「午後の雷雨に注意!!」の文言を白板に追加されました。

この日はベースの真砂沢ロッジまで行って幕営。入山祝いをし、翌日に備えました。

2日目の朝4時ちょっと過ぎに真砂沢ロッジのテント場を出発。

長次郎谷の入口。真砂沢ロッジから登って来る人や剣沢から降りて来た人たちが続々と長次郎谷に吸い込まれていきました。

1,2のコルへ上がる入口目印の岩小屋です。我々が着くと、1パーティーが丁度ここから出発して行きました。

右のルンゼ沿いを登ります。

落石、落岩、浮石注意!!

1峰が右上奥に見え、そろそろ稜線も近いなと感じたところが分かれ道。右側のスラブ状の岩壁を詰めて右に回り込むように登れば稜線に出そうだなと思ったのですが、途中1m弱ほど悪いところがあり、登れないことはないのですが逆層スラブっぽくて登った先で行き詰ったらやだなぁとちょっと悩む。結局先行パーティーが左の草付きに上がって行ったので、そちらにつられてしまいました。。。

ここから草付き斜面を、稜線に上がれそうな場所を窺いながら左へ斜上していきました。

途中で雷鳥親子に遭遇。ほっこり。

なんとか稜線に上がれそうなルンゼをみつけて登りました。結局3,4のコルに上がったようでした。

4峰に登って、1~3峰を振り返る。中央(右から2番目)が1峰、その左で頂点が左に向いているのが3峰、その左奥が2峰のようです。1峰はともかく、2峰と3峰は登りたかったのですが。。。

八ツ峰下半分の縦走は、登って懸垂、登って懸垂の繰り返しです。ここは4峰から三の窓側への懸垂箇所です。我々は50mロープ1本のみだったので、ここは、20mの懸垂を2回行いました。

5峰の懸垂の開始地点。右上に見えるのが剱岳本峰。そこから左に伸びる稜線が源次郎尾根です。源次郎も2峰の懸垂待ち渋滞が出来ていました。

ここから長次郎谷側に15m、10m、20mの懸垂を行いましたが、50mロープ1本では、20mx2回の懸垂で済んだことに後で気づきました。最初に20mの懸垂でテラスに降り、そこから右側に7、8m歩いていくと次の支点があるので、そこで2回目の20mの懸垂が可能です。2回目の懸垂の支点が1回目の懸垂終了地点から見えないので不安になりますがテラスを歩いていけば支点が見つけられます。

3回目の懸垂終了地点から上を見上げる。

長次郎谷側の懸垂終了地点から、またバンドを右側(三の窓側)へ10mほど進んで、ちょっと下に降りた所で最後の20mの懸垂の支点があります。最後の懸垂でちょうど5、6のコルに降りられます。

懸垂終了地点から目の前の6峰の登りを見上げる。中央からちょい右のガリーを上がって行ったような記憶が。。。

この時点でちょうど正午。上半分を進むのは時間的にきついかなと思い(午後の雷雨注意の文言も浮かんだりして)、ここで終了とすることにしました。

5,6のコルを下り、雪渓に降りた所です。長次郎谷右俣の上は雪が切れそうになっていましたが、降りてくる人達は結構いました。熊の岩には10張以上のテントが張られていました。

6峰のA、C、Dフェース。終始登っているパーティーが見受けられました。

5,6のコルを振り返って。

真砂沢ロッジに到着。テント場は学生さんたちもいて賑わっていました。とりあえず、我々も、夏らしい剱岳の雰囲気を味わいながら乾杯しました。

 

翌日は下山日。結局終始天気は良かったです。剣沢のテント場から八ツ峰を振り返って復習。

下半分をズームイン。また行く機会があれば全縦走をしたいなぁ(ちゃんと全峰登って)。

久しぶりの剱岳でしたが、やはり剱岳独特の雰囲気を味わえて満足でした。岩と雪の殿堂は変わらない魅力を与えてくれますね。(S井く)