飯豊連峰内ノ倉川七滝沢

9/13~14 メンバー:U、F、H(以上他会)、K緑、S井

念願の七滝沢である。Uさんから何度か話に出ていた。今回、計画を知った時、「遂にきたか…!」と万感の思いが込み上げた。「朝日・飯豊連峰の沢」によれば景勝・七滝他豪快な滝群を擁しテン場もグッド、源頭の藪漕ぎ殆どなし…とにもかくにも飯豊の沢に行ける!

 

9/13 晴れ

8:10杉滝岩手前~8:50七滝沢出合~10:30 七滝(5段100m)~13:20 7段130m~16:30 三俣 

本日は長丁場である。明日午後は雨予報なので本日中に核心部は抜けておきたい…と思いつつ晴天下の入渓をじっくり味わう。しばらく淵と大岩が続く。気分は最高で水面に浮かんだり、泳いだりして遊ぶ。大岩歩きはじわじわと体力を消耗させるのだがテンポよく歩いてしまう。この時はまだ元気であった。左岸から七滝(5段100m)の巻きに入る。途中で七滝の一部を見ることができた。踏跡を若干外したか、頭上のスズメ蜂の巣を刺激してしまい3人が蜂に刺される。枝沢で休憩。特に4箇所刺されたメンバーは苦悶の様子。総合的に判断し前進となる。本流に戻り、2段15mなど登れる滝が続く。6mCSで先行の3人の新潟パーティーに追いつく。CSを抜けると突如7段130mが…!先を急ぐべく早々に右岸から巻きに入る。この巻きが大高巻きとなった。直上とトラバースを繰り返す。新潟パーティーは途中で下降していった。我々は更に進み急な枝沢にぶち当たる。懸垂下降し本流へ。新潟パーティーが正解のようであった。高巻きは本当に難しい。4段60mは難なく通過できたが、その後の20m滝の巻きは「根性試し」であった。しばらくいくと穏やかな渓相となりほっとする。右岸に焚き火の煙が見えた。三俣だ。他によいテン場がなさそうなので一等地を間借りする。乾燥した流木が少なく焚き付けに苦労するがHさんはねばり続け遂に焚き火の底ができあがる。沢で冷やしたビールで乾杯。至福の瞬間だ。晩飯はFさん特製カツ丼!美味い…美味すぎる!焚き火を眺めながらのんびりし疲れを癒した。月が雲間に消えていくのを眺めつつ。

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

              <七滝の一部>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

          <七滝を高巻く>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

           <7段130m>

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

        <懸垂して本流へ>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

            <20m滝>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

           <穏やかな渓相に>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

                <テン場>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

                <カツ丼!>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

              <焚き火を囲む>

 

9/14 曇り後時々雨

6:30三俣~8:30 17m滝~10:30二俣~10:45用水路取水口~11:40登山道~15:15二王子神社

曇り気味とはいえ沢で迎える朝は清々しい。新潟パーティーに挨拶し出発。6mヒョングリの滝は左壁をサラッと登る。小滝前のゴルジュはK緑さんが右岸から攻めるも押し返され突破ならず。左岸の巻き道は登り口が明瞭ではなかった。暫く行くと17m滝。左壁を快適に登る。ここはロープを出した。続いて3ツ釜の滝。快適に登れる。晴れていれば更に美しいところだ。この辺りでも時折魚影が走った。二俣を過ぎると次第に源頭の様相となる。用水路取水口辺りまでピリッとした小滝が続き飽きさせない。小雨の中、Hさんが先頭にたちグイグイと引っ張る。最後の二俣を左に取り、暫く行くと視界が開けた。事前の情報どおり藪漕ぎはないに近くサクッと登山道に出た。二王子小屋で休憩後、二王子岳山頂で「青春の鐘」を鳴らす。山頂からは飯豊連峰のほぼ全貌を眺めることが出来た。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

             <6mヒョングリの滝>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

             <ゴルジュ突破を試みる>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

                 <17m滝>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

           <3ツ釜の滝>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

           <源頭の様相>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

                <源頭>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

               <二王子岳頂上>

 

              

飯豊連峰縦走

8/11~14 飯豊連峰縦走 K井・S井

6月、K井さんから飯豊に誘われた。胎内川楢ノ木沢を遡行をした時は水量が少なかったため遡行自体はサクサクだったが沢を詰めてからは標高が低いこともあり猛烈な暑さにやられた。藪尾根を朦朧としながら進み胎内第一ダムに着いた時はほっとした。下山直後に飲んだコーラがキンキンに冷えており激旨だった。以来、飯豊は山深く、緑濃く、胎内川・飯豊川等興味深い沢があることから山行機会をうかがっていた。コースはほぼ全てK井さん情報(7月中旬の集中豪雨の影響など)から検討した。北部の朳差岳(えぶりさしだけ)の名が気になって仕方なかったのでコースに入れていただき、東俣彫刻公園~朳差岳~北股岳~飯豊山⇔大日岳~大日杉とした。

 8/11 東京駅~越後下関駅~東俣彫刻公園

越後下関駅から東俣彫刻公園までタクシーで移動。運転手のおばちゃん曰く、今年の夏はどんよりしてよく雨が降る、変な天気だとのこと。近づく山並は雲で覆われていた。公園に着き、落ち着いたところで雨が降り出した。蚊の襲来を受けつつ入山祝いを軽くやってから就寝。

 8/12 0500東俣彫刻公園~0905カモス峰~1050千本峰~1215前朳差岳~1300朳差岳~1310朳差小屋

公園(標高約200m)から樹林に覆われた林道を行く。林道終点にて既に汗だくとなり水をがぶ飲みしてしまう。登山道に入ると急登が延々と続く。全身から汗が噴出す。サウナ状態の中、夏山に来たことを実感して思わす笑みがこぼれる。カモス峰まで急登であった。前朳差岳でしつこくつきまとっていたブヨがいなくなり谷川の茂倉岳界隈の雰囲気となる。念願の朳差岳は風やや強くガスっており展望ゼロ。小さな祠があった。門内小屋まで行くか否か迷っていたら前方のガスが切れかわいい小屋の姿が見えた。あまりのかわいさに本日のねぐらに決める。小屋内には誰もいなかった。水場から戻ると小屋内に登山者が一人。以後続々と登山者が来る。我々は雪渓の欠片で冷やしたビールで乾杯する。至福の喉ごし。仙台からきた二人組はエネルギーに満ちあふれていた。彼らがザックから出したビールを雪渓の欠片で冷やす。山スキーを好む彼らによると「石転沢は最高っすよ!」「鳥海山は最高っすよ!」…そうか、そんなに最高なのか!ちなみに例年11月末は雷鳥荘を拠点にスキーとのことであった。 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

                    <林道終点>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

                     <朳差岳>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

     <朳差小屋>

8/13 0510朳差小屋~0715頼母木小屋~1005門内岳~1250烏帽子岳~1520御西小屋

夜半便所で外に出たら星が若干出ていた。出発時、稜線はガスに包まれた。頼母木小屋の水場は千代吉沢から引いておりホースからはとうとうと水が溢れでていた。その水はビールと菊水を冷やしていた。後日調べたところ千代吉沢は困難なゴルジュ帯があり5級の沢であった。小屋番の方は飄々とした風情を醸しだしていた。頼母木沢はガスで全く見えなかった。登山道脇にイイデリンドウが見え始めた。門内小屋あたりで断続的にガスが切れ視界を得た。自然と歓声が上がる。しかし飯豊川は見えなかった。梅花皮小屋にて石転沢を見渡す。上部はかなり急でここを滑るのは相当練習してからだなと思う。御手洗ノ池で撮影をする男達がいた。聞けばNHKのクルーで百名山の撮影。池に棲むオオサンショウウオを撮っているのだという。御西小屋の造りは朳差小屋に似ていた。本日はそこそこ歩いたので早々に就寝。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

                      <頼母木小屋>

  

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

  <門内岳へ>

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

<御手洗ノ池付近>

8/14 0500御西小屋~0610大日岳~0730御西小屋~0940飯豊山~1230切合小屋

朝、大日岳が完璧であった。喜び勇んで歩き出す。K井さんもご機嫌であった。小一時間で頂上。至福の360度。主稜の東面は雲海で埋まっていた。テントを片付け飯豊山に向かう。御西岳界隈からお花畑となりチングルマ、コバイケイソウなどが咲いていた。飯豊山で眺望を満喫する。頂上に突き上げる大嵓尾根が格好よかった。尾根取付の桧山沢吊橋が雪害により崩壊しており通行不可。主稜の彼方に朳差岳が見えた。切合小屋到着はまだ昼過ぎで下山可能だったが無理せず泊ることにする。仙台から来た登山者によると仙台の沢好きは舟形山の沢によく行くという。東北の山を登りまくっている「鉄人」と呼ばれる女性がおり、K井さんは彼女とすれ違ったとのことだが…。

 

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA                     <御西小屋>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

                    <大日岳へ>

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 <飯豊山へ>

 

8/15 0440切合小屋~0710地蔵岳~0900大日杉

御来光を見送った後は下山にいそしむ。地蔵岳への登りが意外としぶとかった。大日杉からタクシーで羽前椿駅に移動。がま亭(駅から徒歩5分位)で温泉に浸かる。猛暑の中、電車を待った。新潟経由にて帰浜。 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

                   <出発直後>

今山行では単独行の男性によく会った。山をじっくり味わっているようだった。山行を通して静かな山旅であった。また、沢筋を目で追うと必ずどこかに雪渓があった。次回は沢から主稜に出て大嵓尾根を下りたい。