20200222日和田・阿寺の岩場クライミング

(日和田の岩場には、花粉症の敵スギの木がたくさん・・・) Y本さんとI塚で八ヶ岳バリエーションに行くはずが、暴風雪予報で外岩に転進、埼玉の日和田と阿寺の岩場へ行ってきました。昨年利用した巾着田キャンプ場が、昨年の台風のせいで復旧工事中。駐車場は使用可能なので、まずはそこから近い日和田山へクライミングに。 (日中は3月下旬なみの暖かさ) 朝発で来たのでちょっと遅くなったのですが、そのおかげで岩場は暖かく快適でした。しかし体感的には3月下旬なみの気温で、温暖化を肌で感じます。男岩はガイドパーティが入っていたので、まずは西面との境目のリッジも含めて、女岩南面を数本。そのうち男岩が空いたので移動し、南面右リッジより右のルートを数本登りました。あと昨年来た時には注視していなかったのですが、低山ゆえに岩場の周囲にはスギがたくさん・・・花粉症患者にとっては、なかなか辛い環境です。 (阿寺も快晴で暖かく、それゆえ花粉もたっぷり飛んでました) 翌日朝早く起きたら、日中とはうって変わってかなり寒く、テンション上がらず。これではすぐに岩場に行っても岩が冷たいからと、時間をつぶしてから阿寺の岩場へ。阿寺は昨年の台風のせいだと思いますが、岩の下にある広いテラスの半分以上ががっぽり削れ、そこにあった木のベンチも崩壊していました。他パーティが中央部分のルートを使用中だったので、我々は右端のルートから開始。その後練習のため、中央に近いリッジ付近のややかぶったルートを繰り返し登りました。このあたりは逆層にもなっていて、なかなか厳しいです。 (阿寺の岩場ではテラスが半分以上崩れていました) 困ったことに昨日にもましてスギ花粉が飛びまくっていて、抗アレルギー薬を飲みつつ、しかもマスクをしながらのクライミングです。そして背後のスギ林をふと見ると、空気がなにやら粉っぽい。霧かな?と思ったのですが、その後風が吹いたら視界がクリアーになったので、花粉がパフパフと飛んでいたのだと解りました。恐ろしや・・・ ... 続きを読む

20190130タイ ライレイ

(鍾乳石でクライミング~) Y本さん、I塚で、タイのライレイへクライミングに行ってきました。 ライレイは鍾乳洞がむき出しになった、迫力ある景観が特徴です。 それにしてもたどり着くには時間がかかり、バンコクからクラビへと国内線に乗って、クラビからアオナンへバスと称するワンボックスカーで移動。 そこからは道がないのでボートに乗るという、なかなか長い旅でした。 アオナン・マオという東側の湾からボートに乗ると、20分位でライレイイーストという東側エリアに到着します。 普通のビーチリゾートを楽しむ人が多いライレイウエストに比べ、イーストはマングローブが茂りあまり景観は良くありませんが、歩いて10分程度で岩場に到着できるというアクセスが魅力です。 (波打ち際にあるエリアOne... 続きを読む

20181208フナムシロック

Y本さん、I塚で富戸のフナムシロックに行ってきました。 クラックは久しぶりなので、右手の北の岩南面の易しめのルートを登ろうと思ったのですが、既に1パーティが取りつき中。 じゃあ待っている間他のところを登ろうと、南の岩東面で「パープルシャドウ」を。 (久しぶりに登ったらけっこう疲れた「パープルシャドウ」) ほどなくして大人数のパーティが現れたと思ったら、あっという間に右手の岩全体にトップロープがすだれのように・・・ しかも初心者向けの講習会らしく、トップロープは一日中はったまま。 結局この日、北の岩南面は1本も登れませんでした。 でも左手の南の岩南面で「トライアングル」や「メルトダウン」などを登っていたら、最後まで誰も来ず。 独占状態で、ゆっくり練習できました。 ... 続きを読む

20181201湯河原幕岩

A木さん、Y本さん、I塚で湯河原幕岩に行ってきました。 秋は混みがちな幕岩ですが、この日も激混み。 桃源郷が空いていないのはいつものことですが、他のエリアに行ってもまったく空きがありません。 混んでいる時も、大滝フェイスやガリバーの岩場などに行けば何かしら登れるものですが、ピーターパンロックまで行っても空きはなし。 とうとうたどり着いたのがサンバリーで、かなり奥にある印象でしたが、桃源郷の端にあるゼルダからルンゼ状の斜面を登っていけば、そんなに遠くないようです。 (下から見るとけっこう大きなギャップ) ところでサンバリーは取りつきがかなりの急斜面な上、足を置くと土がざーっと崩れてくるような悪いところです。 そのため来る途中にも、取りつきにもフィックスロープがはってありました。 サンバリーの右手には大きなギャップがあり、かぶっているので難しい感じ。 足場の悪い斜面を登る必要がありますが、トップロープをかけられたので左手の「満腹食堂」や「ミスサイゴ」を登りました。 (立体感のあるサンバリーの岩) 左手も最後の部分が薄かぶりで高さもあるせいか、数本登ったらお腹いっぱいに・・・ けっこうパワーが必要ですが、立体感があり変化に富んだクライミングを楽しめますよ。 ... 続きを読む