20190503-05 槍沢山スキー

GW後半は天気が安定する予報でしたので、今期から山スキーを始めた山仲間を誘って槍沢のスキーを楽しんで来ました。

1日目:上高地~横尾~槍沢ロッジ~ババ平

朝日岳の疲れが抜けず、沢渡には遅めに着いてしまいました。上高地からテント泊装備でスキー板とスキー靴を背負ってとりあえず横尾まで。歩いているうちに段々と肩に重荷が食い込んできました。スキーは履くもので背負うものではありませんねぇ。

スキーを背負うのに耐えかねて、横尾を過ぎたあたりから雪が出てきたのでスキー歩行に切り替えました。が、これが後ほど仇となることに。。。

槍沢ロッジに着きました。横尾から槍沢ロッジまで雪が切れているところもあり、スキーを脱いだり履いたりで結局かなり時間を取ってしまいました。今までこの区間がこんなに長く感じたことはなかったかも。

ババ平に到着。まだ埋まっている倉庫(?)の脇にテントを張り、お疲れ様の宴会を開始しました。

2日目:ババ平~槍沢~槍ヶ岳小屋~槍沢~ババ平

天気の良い中、ババ平を出発。

朝のうちは雪面はまだ固かったので、歓談しながらマイペースで進みました。

雪は豊富でした。陽が当たって、急速に雪面も緩み始めました。

真っ青な空と真っ白な雪で写真も白飛びしてしまいました。白と青のコントラストが綺麗でした。

槍ヶ岳小屋への最後の急登に差し掛かる前に休憩していると、大喰岳北面から1パーティーが快哉を挙げながら楽しそうに滑り降りてきていました。まだ残雪が多いので大喰岳北面も快適そうでした。

さて最後の急登です。

登山客の列が出来ていました。スキーヤーもポツリポツリ。

槍ヶ岳山荘に到着。大槍に登る登山者も多数いました。

しばし休憩して(プシュもありで)、滑走開始です。

雪も緩んで丁度良いザラメで山荘直下から滑り出せました。

快適なザラメ雪を一気に滑り降りました。

一気に滑って、斜度も平坦になって、疲れたぁ。ここからババ平まではすぐそこ。苦労して登って、下りはあっと言う間です。

この後テントに戻って、昨日からの心地よい疲れに、早々に美酒に酔いしれました。

3日目:ババ平~槍沢ロッジ~横尾~上高地

ババ平に陽も当たり始める頃に撤収作業を開始しました。

槍沢ロッジまでスキーで下りましたが、朝まだ固いカリカリ、ボコボコの斜面は寝起きには辛い。。。

槍沢ロッジで朝ごはんを自炊し、その後はスキー板を担いで下山しました。

上高地到着。お疲れ様でした。

今回はテント泊でしたが、スキーで来ている人たちは小屋泊が主流で、我々以外にテント泊をしていたスキーヤーは1名だけでした。やはり荷物も重いし、滑りを楽しむには小屋泊かなぁと思ってしまいました。ですがまた別に、槍ヶ岳小屋から下降する前に、オートルートを辿ってちょうど槍ヶ岳小屋に着いたばかりというパーティーに出会い、話をした際には、長期の山スキー縦走ルートも達成感、充実感あるなぁと羨ましく思ったりもしました。来年は太郎平ベースで薬師岳、黒部五郎、双六界隈に足を踏み入れてみたいなぁ。(S井く)

20190427-29 栂池~蓮華温泉~朝日岳~紙すき山牧場 山スキー

今年は暖冬で積雪も比較的少なく、雪解けも早いかなと思っていましたが、3月,4月には思いがけず豊富な降雪に見舞われ、結果として残雪の多いシーズンになりました。そのため、GWに行く山の選択肢が広がり、悩んだ結果、昨年行った雪倉岳北面の素晴らしさが忘れられなかったこともあり、そちら方面の朝日岳に足を伸ばしてみることにしました。帰りは、紙すき山牧場に降りるクラッシックツアールートを取ることにしました。

1日目:栂池高原~天狗原~振子沢~蓮華温泉ロッジ

ロープウェイを降りて、栂池自然園から出発です。既に雪がちらついていて、稜線は荒れているであろう天気でした。

天狗原に向かいます。

天狗原に到着。ここから白馬乗鞍岳に上がって天狗の庭経由で蓮華温泉に降りる予定でしたが、強風と視界の悪さで稜線に行く気になれず、大人しく振子沢を下ることにしました。

滑走開始。雪が顔にバチバチ当たって痛い、痛い。

でも、パウダーは楽しめました。

林道に出て、乗鞍沢の橋を渡ります。蓮華温泉はすぐそこ。

蓮華温泉に到着。到着のお祝いをした後、この天気で外湯に入る気にはなれなかったので、内湯で暖まりました。極楽、極楽。

2日目:蓮華温泉~白高地沢~朝日岳~白高地沢~蓮華温泉

本日は晴天。蓮華温泉から向かう朝日岳も良く見えました。向かって右が五輪山、左が朝日岳です。

朝イチで出発です。

兵馬ノ平へ向かいます。

兵馬ノ平を進み、瀬戸川への降り口へ向かいます。

瀬戸川を渡る鉄橋に向けて、急斜面を滑ります。

朝イチでまだ荒らされていないので快適。

鉄橋を渡ります。

鉄橋過ぎて、赤テープ沿いにゆるやかな尾根上を登ります。

地図を見ながら、なるべく急な登りを避けて、白高地沢に向かいました。

第一の台地に到着。広い台地で雪倉岳北面、朝日岳、五輪山の眺めが最高でした。

第一の台地からはやや急斜面を登って第二の台地に向かいました。

第二の台地から、朝日岳と長栂山の鞍部に向けて、広い斜面を登ります。

右奥は五輪山。来年は東京オリンピック!

斜面の上部で、鞍部までは上がらず、朝日岳側への尾根の左側を回り込み、山頂を目指しました。

山頂は広く平らでした。風も穏やかで、富山湾と能登半島をはっきりと見ることができました。左右に伸びる能登半島の全貌が見られて何となく感動。。。

あまりに穏やかだったので、のんびりしてしまいました。帰りが遅くなってしまうので、滑走開始です。

登ってきた尾根を一段下ります。

ここで、先に山頂を出発したおじさま2人パーティーが尾根右側(登ってきたルートの反対側)に滑って行ったので、「我々もそちらに行こうか」と話していたのですが、地図を見ると結構な急斜面のルンゼ。「やはり予定どおり登ってきた斜面を。」ということになりました。後ほど蓮華温泉で合流した先行おじさまパーティー曰く、「体感的には50度ぐらいの斜面だったよ」と。。。行かなくて良かった。。。

さて、気を取り直して、登ってきた広いダウンヒルを滑ります。

先行の1名の方以外はシュプールはほとんどない陶酔のダウンヒルでした。。。素晴らしい。。。

第一の台地まで滑ってきて山頂を振り返る。

ここから往路を帰ります。

鉄橋を渡り、兵馬ノ平、蓮華温泉へ試練の登り返し。

蓮華温泉着。この後はロッジの外で一先ずビールで乾杯しました。最初の一口がしみる。。。疲れましたが充実のルートでした。

3日目:蓮華温泉~フスブリ山手前(1964m)~風吹大池~箙岳~蒲原山~紙すき山牧場~道の駅小谷

本日も晴天なり。昨日滑った朝日岳も朝から良く見えました。

気分良く蓮華温泉を出発します。

まず天狗原へ向かうルートを登り返します。

乗鞍沢を詰めて、1700mぐらいからフスブリ山に続く稜線へ向けて、地図上で登り易そうな支尾根をGPSで確認して登りました。

1964mの稜線に出ました。ここからは稜線沿いに進みます。

フスブリ山山頂です。白馬周辺の山々から、アルパインクライミングのクラッシック明星山まで良く見えました。

風吹大池に向かいます。

風吹大池へ降りる広い斜面を滑ります。

雪は結構重めでした。

風吹大池から箙岳に向かいます。ここから箙岳まではシールを付けて進むか悩むようなルートが続きます。

箙岳の北斜面です。山頂を過ぎて、いきなり開けた急な広い斜面が出て来るので結構びっくりしました。

蒲原山への稜線を進みます。

蒲原山は緩やかな広い山です。ここから紙すき山牧場までのフィナーレの斜面を滑ります。

紙すき山牧場が見えてからの斜面は、木立が密なちょっと急な斜面でした。木の根元が大きく開いているところがあるので、穴に落ちないように注意しながら滑りました。

紙すき山牧場に降り、林道を目指します。

林道に着きました。ここから林道をショートカットするルートを取りましたが、雪も少なくなり、1000mくらいから林道沿いに降りました。

スキーを履いたり脱いだりして、結局830mくらいからはスキーを担いで道の駅まで降りることになりました。道の駅に着いてからはタクシーを呼んで、栂池スキー場まで戻りました。

今回は2日目、3日目とも行動時間が長く、色々と変化に富んだ面白いルートでした。アプローチは遠いですが、白高地沢近辺の山々の景観は、やはり時間を掛けていく価値のある場所だなと思います。景観、スキー滑降、その後の温泉、パーフェクトではないでしょうか!!!今回は蓮華温泉の外湯に行けなかった(気力がなかった)のが残念です。

紙すき山牧場へのクラッシックルートも変化に富んだ良いツアールートでした。

山スキールートのいい所が色々と詰まった良い山行になりました!!!(S井く)

20190413-14 月山~肘折温泉山スキー

昨年も同ルートを計画しましたが、悪天で中止。今年は天気、積雪等の条件に恵まれ、念願のクラッシックロングルートを滑ることが出来ました。

1日目:月山スキー場~念仏ヶ原避難小屋

朝イチのリフトに乗ってスタート。3日前に月山のスキー場がオープンし、最初の週末ということで月山や姥が岳を目指すスキーヤーで賑わっていました。

月山山頂を目指します。

上部はシュカブラが出ていて、カリカリでした。

山頂で記念撮影。風が強く、視界も悪くて何も見えず。

GPSと地図を確認しながら滑降開始地点を探ります。

天気の様子を見ながら降り口でしばらく待っていると、徐々に視界が回復してきました。月山直下の広大な斜面を堪能開始!

雪はちょっと重めでしたが、目の前に広がる白一色の大斜面の景観に大満足!

しばし休憩した後、念仏ヶ原へ向けて出発しました。

立会沢橋を目指して滑り降ります。

立会沢橋はまだ雪に埋もれていました。沢から沢筋を登り返して念仏ヶ原に出ます。ここから本日の目的地の避難小屋を目指します。

念仏ヶ原の避難小屋の入口は、まだ雪に埋もれていました。掘り出し作業開始です。

40分くらいで入口を掘り出すことが出来ました。ここから、ほどなく到着された地元の西川町山岳会の方たちにバトンタッチしました。

一仕事を終えて美酒に酔いしれます。

滑って来た月山の眺めが最高でした。

西川町山岳会の方たちも立派なテーブルを作って宴会開始。毎年避難小屋の掘り出しに来ているそうです。有り難い!

この後、小屋に入って二次会を開始しました。西川町山岳会の方から、ここに来る前に立会沢で釣ったというイワナの刺身をごちそうになりました。いやー、美味かった!!ありがとうございました!!

2日目:念仏ヶ原避難小屋~肘折温泉

翌日もいい天気。まず小岳を目指します。

小岳の手前。

小岳からは鳥海山もよく見えました。ここから赤砂山へ向けて滑降です。

赤沢川から上の小台地に登り返します。

台地から尾根を滑ります。

トラバースして大森山のコルを目指します。

大森山のコルからは板を担いで山頂に向かいました。

大森山の山頂から林道に向けて滑降です。時折出てくる急斜面や林立する立木を処理しながらフィナーレに向けての最後の斜面を味わいました。

林道に到着。ここから林道沿いに雪が切れているところまで滑りました。

肘折温泉に到着。最後まで雪が繋がっていて滑りきることが出来ました。

初日の朝、月山スキー場に我々を車で運んでくれて、肘折温泉で待っていていただいたK沢さんに深く感謝、感謝です。終始運転していただき、本当にありがとございました!!

今回は2年越しの計画で、良い条件でこのクラッシックルートを堪能することが出来、大満足でした!!(S井く)

20190302 巻機山山スキー

今年の雪解けも早そうなので、行けるうちに山スキーを楽しもうと思い、上越の山の様子を見に行ってみました。

清水地区の路肩に車を停め、朝7:40頃出発。

林道沿いに進みます。

井戸の壁へ向かいます。

井戸の壁の急斜面を登ります。朝のうちでまだ雪面が硬かったので、大きくトラバースしながら登りました。

五合目の稜線間近。

五合目の展望台に出て一息。本日も良い天気で周辺の山々が良く見えました。

米子沢を俯瞰。下部は所々デブリがあり嫌な感じ。でも沢はしっかり埋まっている感じなので滑られないことはないかな。

疎林の尾根を登り、開けた台地に出ました。雪面はまだ硬めかな。

ニセ巻機へ続く斜面が見えてきました。

ニセ巻機に登る斜面です。尾根の右側を回り込むとスキーでそのまま登れそうでしたが、雪面がまだ硬かったので、スキーを背負ってアイゼンで登りました。

ニセ巻機です。ここから一旦避難小屋の立つコルに下ります。

避難小屋です。使う方がほとんどいないのか入口はすっかり埋もれていました。

山頂に向かいます。

山頂にて記念撮影。風もあり、寒いので休憩もそこそこに滑走準備をしました。

米子沢源頭への滑走開始。山頂付近はシュカブラがあったり、雪面は硬かったのですが、少しトラバース気味に降りたところから快適な雪と斜面が待っていました。

距離は短かったのですが、シュプールもほとんどなく、良い雪質と斜面だった米子沢源頭を堪能し、ニセ巻機へ登り返します。

ニセ巻機からの斜面は、登りは硬めだったので少々修行の滑りを覚悟していましたが、いい具合に雪が緩む時間帯だったので、意外に快適な滑りが出来ました。

滑って来た斜面を見返して余韻に浸ります。しかし、ここから下は雪面の緩みが結構早く、修行な滑りの始まりでした。

井戸の壁の滑走です。行きは硬い雪面だったのが一気に緩んで重い雪になっていたので、非常に難儀な斜面でした。

急斜面の重い雪に板は容易に回せず。なんとか降りた感じ。

最後は行きに歩いた林道を帰りました。

登っている最中は下りの硬い雪面を覚悟していましたが、米子沢源頭は非常に良い雪質でしたし、ニセ巻機からの下りの大斜面も快適に滑ることが出来ました。ただ、標高が低くなると雪の緩みが早く、井戸の壁は重い雪にターンもままならず、結構てこずりました。ですが、山を登って滑り、一日のうちで色々な雪面の変化に対応出来て、山スキーらしい山スキーが出来ました。(S井く)

20190219-21 ニセコ連峰山スキー(チセヌプリ・ニトヌプリ・シャクナゲ岳・長沼)

ここのところ恒例となっているニセコスキー。昨年は連日天気が悪く、全く山スキーらしい山スキーが出来なかったため、色々反省をし、日程を比較的天気が落ち着くのではないかと思われる2月3週目にしました。また、今までは公共交通機関を使っていましたが、機動力と行動範囲を広げるため、レンタカーで移動するようにしました。

(1日目:チセヌプリ)

旧チセヌプリスキー場下の駐車場に車を停めてスタートしました。スキー場ではCATスキーを行っていて、利用客は100%外国の方(欧米)でした。

スキー場トップ(832m)を目指します。

スキー場トップからは平坦地が広がっていました。目指すはチセヌプリです。

天気はまずまず。ここのところまとまった雪が降っていなかったようなので、先行者が2名登っていましたが、雪面が硬いのか、結構登り難そうでした。

とりあえず初めての山でしたので、雪崩リスクが低い、南西の夏道沿いに登ることにしました(後で後悔しました)。

登るにつれて雪面が硬くなり、シュカブラも出てきました。

斜面も急になり、雪面も硬いので、ここから先はアイゼンに履き替えて登るか降りるか迷いましたが、上に行っても雪面の状況から楽しくないかなと思い、あと80mでしたが降りることにしました。

100mほどはシュカブラだらけで結構修行な滑りでした。

標高1000m過ぎたあたりからやっと雪質が良くなり、楽しい滑りが出来ました。

帰りは、スキー場トップから、登ってきた斜面(西側)とは反対側の湯本温泉に下る斜面を降り、ツリーランを楽しみながら駐車場に戻りました。

この日山頂まで登ったパーティーが1組いましたが、山頂から南東に伸びる尾根を登っていました。後日見ていると、やはり皆、東側の斜面から登っていたので、雪が落ち着いた雪崩リスクのない時期は東側からの方が傾斜も比較的緩く、正解なんだなと学習しました。。。

 

(2日目:ニトヌプリ)

当初の予定はアンヌプリ山頂から五色温泉に下る予定でしたが、天気予報はあまり良くなく、また前夜降った雪が硬い雪面の上に積もり、雪崩リスクがあるようなので(ニセコ雪崩情報より)、どこに行こうか迷いました。ニトヌプリは標高も1100m弱で、斜面も手ごろな感じでしたので、とりあえず行ってみることにしました。

パノラマライン除雪終了地点に車を停めて準備しました。既に複数台の車が停められていました。欧米の方向けのBCツアーグループが多いようでした。

パノラマラインを10分くらい歩いてから右側の尾根を登り、南峰を目指すルートを取りました。そのまましばらくパノラマラインをショートカットしながら進んで、北峰に登るルートもあります。

先行が1パーティーいたので、途中からトレースを使わせてもらいました。

874mの台地に出たところです。先行の若い日本人パーティーはここで終了でしたので、ここから先は我々が一番乗りでした。

台地を過ぎてから少し斜面が急になりますが、雪は締まっている感じでしたので、一応雪崩を警戒しながらもさくさく登りました。

南峰山頂付近です。天気も次第に良くなってきました。

左側が北峰です。1パーティーが休憩中でした。

イワオヌプリです。こちらから縦走して来たらしきパーティーもいました。アンヌプリはガスの中。今日はこちらで正解だったかな。

昨日登ったチセヌプリ。左奥はシャクナゲ岳。

鞍部に一旦降りて、滑走方向を決めました。

北峰と南峰の鞍部から西側の斜面を下りることにしました。滑走開始の頃には青空も出てきました。

雪質も意外と良く、結構良い斜面、滑っている外国の方からも思わず歓声が上がっていました。

雪に埋もれたパノラマライン上に滑り降りて、しばし休憩。他に2パーティー休憩していましたが、また同じ斜面を登り返して行きました。

チセヌプリ。こちら側から登っているパーティーが何パーティーかいました。我々は、写真中段の台地まで登って滑り、帰ることにしました。

パノラマライン沿いに、ちょっとショートカットしながら除雪終了地点まで戻りました。

パノラマラインの道路標識が近い。積雪は例年並みか少な目かな。

天気予報があまり良くなかったので、本日の行程は期待していませんでしたが、結構良かったニトヌプリ。我々も滑った斜面を登り返してもう一度滑っても良かったかなとちょっと後悔しました。

 

(3日目:シャクナゲ岳・長沼)

本日は最終日。天気予報も良いので、素晴らしい景観と滑りを期待してシャクナゲ岳に行くことにしました。

1日目と同様に旧チセヌプリスキー場下の駐車場に車を停めました。天気がいいので既に駐車場も満杯状態。

CATスキーも朝から盛況のようでした。

スキー場トップまではチセヌプリの時と同じルートを辿りました。

スキー場上の台地からは、チセヌプリを眺めながら西側に広がる台地を目指します。

左の山がシャクナゲ岳です。ここからの眺めは本州では見られない景観でした。

北海道はでっかいどう!

シャクナゲ岳を目指します。既に2パーティーほど登っているのが見られました。鞍部に向かう途中で日本人女性2名が山頂から滑って来ましたが、地元の方なのか、とてもスキーが上手で元気な女子達でした。

鞍部で休憩中に山頂から滑ってきた日本人おじさんパーティー。最高齢はなんと76歳(しかも2名)なのだそうで、すごい!!の一言。休憩せずにとっとと次の長沼へ滑って行かれました。

我々も山頂へ向かいます。

西側斜面はシュカブラだらけの斜面でした。先ほどのおじさま達が斜面を回り込むように上手いぐあいに登りのトレースをつけてくれていたので、楽に山頂に上がることが出来ました。

山頂より西側を望む。次は目国内岳にも行ってみたいな。

滑走開始です。

雪面はあまり良くはありませんでしたが、まずまず何とか滑られました。

そのまま長沼方面へ向かいました。

眼下に長沼を見ながら、広い斜面を滑走します。

この長沼までの斜面は雪質も良く、本当に快適な滑りでした。

長沼のほとりでしばし休憩。ここからもう一度滑って来た斜面を登り返し、その後は下まで滑り降りずにトラバース気味に移動して、帰路を目指すことにしました。先ほどのおじさんパーティーはチセヌプリの北東尾根へ登って行かれるようでした(元気だ!)。

名残惜しんで。帰りは登ってきたルートを降りました。

到着。これで全日程終了です。

今回は行動した範囲は狭かったのですが、初めて行った山域でしたので色々と様子が分かり、結構満足の行く山行でした。残念ながらパウダースキーの時期は終わってしまい、期待していたパウダーはありませんでしたが、所々良い雪があり、滑りも楽しめました。次は以前滑ったアンヌプリ山頂から五色温泉のルートや、イワオヌプリ、また、目国内岳の方まで足を延ばせればと思っています。まだまだこの界隈の山スキーは楽しめそうです。しかし、北海道の春も早くなってしまうのは残念ですね。(S井く)