利根川水系 ナルミズ沢 (2019/8/17-18)

酷暑の下界に愛想を尽かし、沢に涼を求め、8/17-18 で利根川水系のナルミズ沢へ行ってきました。

最初はこういう感じの小滝が続きます

宝川温泉から入り、朝日岳登山口、登山道の渡渉地点から入渓。
メンバーは泣く子も黙る百戦錬磨のK緑、今回が沢デビュー紅一点のS原、毎度二日酔いで学習しないU島の3名。

いたる所エメラルドグリーンだらけ

冷たい水と照りつける太陽が絶妙なバランスで、時には首近くまで水につかりながら、幕営地の大石沢出合を目指す。泳ぐことを躊躇うことがないほどきれいなエメラルドグリーンの流れ。

幕営地にはお昼過ぎに到着しテント設営後、昼寝タイム。暑すぎるテントを脱出して近くの岩の上で転がっていた私、虫除けスプレーを塗り忘れた部分を見事にブヨにさされ、帰宅後にひどいことに。

ここで標語「気をつけよう ヘッデン忘れと 塗り忘れ」

WindowsXP の壁紙のようです

翌朝、6時出発でナルミズ沢を詰めていく。水量が減ってきたなーと思ってると目の前に草原が。緑と空の蒼のコントラストがとてもきれいでした。

足下の見えない笹道の下山は怖い・・。

せっかくだから朝日岳に寄り道して行こうとK緑さん。「ふぇーい」と気のない返事をしつつ分岐を朝日岳に向かう。この時、まだこの後に地獄の下山が待っているとは残り二名は知らないのであった・・。

風景が尾瀬っぽい

足場の悪いぬかるみだらけの過酷な下りを黙々とこなし、装備をデポしてた幕営地まで戻ってきて一安心。ここから登山口までおよそ二時間の行程。

ダムカレー(ロックフィル式:大盛)

登山口を抜け、林道に出たらソンビモード。何も考えず足を動かすだけの泥人形、いや、泥だらけの人間。車まで戻り、今度こそ本当にお疲れ様でしたと声を掛け合い山行終了。

帰りは定番の湯テルメ谷川で沢臭い体を清め、水上IC近くの諏訪峡で各自好きなものをかっくらい、ようやく人心地がつきました。

文:U島

2011/11/17 救命講習

いよいよ冬登山シーズン!
ということで、今年は雪童山の会メンバーで横浜市消防局の上級救命講習を受けました!山でも街でも助け合いの精神で最低必要な知識と技術は身につけておきたいですね。

昔とは異なり、胸骨圧迫がファーストプライオリティ。AEDは心室細動が起こっていないと電気ショックの指示がでないのでひたすら胸骨圧迫(心臓マッサージ)あるのみです。

こちらは成人へのAED。機器の色合いがなんとなく、アバランチビーコンのようです。

乳幼児に対する胸骨圧迫、気道異物除去やAEDも実践します。

雪童山の会は会員全員が上級救命講習を修了しています。万が一の最悪の状況を想定して準備をしておくのは重要なことですね。

文章・写真:A崎

初めての方向け外岩クライミング講習会 in 鷹取

雪童山の会では来る10月28日(日) に「初めての方向け外岩クライミング講習会 in 鷹取」を開催します。クライミングを始めてみたい方、外岩に行ってみたいけどちょっと不安だな、と思っている方、是非ご参加ください。

日時:2018年10月28日(日)9:00 〜 16:00

場所:湘南鷹取の岩場(京急線追浜駅 9時集合)

費用:無料 (保険は主催者側で加入します)

参加希望の方は、必要事項(氏名、性別、緊急連絡先、メールアドレス)を yukiwarabe.yh@gmail.com までお知らせください。

2018818 米子沢

お盆の滝谷がなんか消化不良な感じがしたので、既に計画の出てた沢山行に割り込ませてもらいました。A木、Y本、I塚、私(U島)の4名。行き先は南魚沼の「米子沢/まいこさわ」。巻機山から流れ出る大ナメがとても綺麗な美渓とのこと。

関越道、谷川の時に下りる水上ICから三つ先だけだというのに妙に長く感じのは関越トンネルのせいだろうか。

予定より早めに桜坂駐車場に到着。着いて開口一番、「寒っ!」。予想以上に気温が低く、明日の遡行大丈夫だろうかと不安が頭をよぎるも、途中のコンビニで買ってきたハイボールで景気づけをして仮眠。

翌朝は6時起きでゴソゴソと準備を始める。心配してた気温もそれほど低くはならずホッとする。

沢自体は最初はゴーロ帯が続き、右に左にと移動しながらだんだんと沢らしくなってくる。途中の滝もそれほど難しいわけでもなく、初心者を連れてくるにはちょうどいい沢、というのに納得。

最初はゴーロ帯が続く

思わぬ所で沢の主が鎮座してたり、とのほほんとしながらもどんどんと詰めていく。

沢の主?

こういうナメが随所に出てきて飽きさせません。

直登する滝もあれば、巻く滝もあり、はたまたこのチムニー滝のように左右の岩肌に突っ張って登るようなのもあり、初心者とはいわず、経験者での登り方を考えれば結構楽しめる。

最後の方に出てくるチムニー滝。つっぱりでクリア

14時に源頭部に到着。そこから巻機山の登山道に合流し、登山道を下山。下山が思いのほか長く、後半はお世辞にも歩きやすい道とはいえず、、濡れた重くなったロープが心底憎い。

駐車場に17時に到着。六日町の「湯らりあ」にて死にそうに熱い風呂を頂く。帰りが長いのですぐ近所にあった「あさひ食堂」で腹ごしらえをして帰途へ。

前評判通り、ナメ床が綺麗で登りやすい沢でした。

A木さん、Y本さん、運転お疲れさまでした。

文)U島

2018811-12 滝谷第四尾根(雄滝まで)

やはり登山は下から登ってこそ、という思いがある。

ということで滝谷四尾根をK緑、私(U島)の2名で、C沢下降からの、ではなく滝谷出合からつめて登る計画であったが、天候不良というか、天候不良が予想されたため雄滝の直下までで終了と相成った。

出合からの四尾根を考えた場合、雄滝をどうクリアするかが最初の課題であり、雄滝直下で色々考えた結果、滝の左側を登る、ということで落ち着いた。

他会の記録を読んでると、右岸を登る、雌滝と雄滝の間にある尾根から登ると色々なパターンがあるが、滝”も”楽しむなら左側を登るのが最もいいんじゃないかと思った。ちょうど写真の左側、水がチョロチョロで出てるあたりの右側を右上気味に登り、上部の草付きまでいって落ち口に出る感じ。

斜度はこれくらい。濡れてさえ居なければなんの問題もないのだが・・。

出来ればリベンジしたいと思うが、コレばかりはお天道様次第、ということで。