2018818 米子沢

お盆の滝谷がなんか消化不良な感じがしたので、既に計画の出てた沢山行に割り込ませてもらいました。A木、Y本、I塚、私(U島)の4名。行き先は南魚沼の「米子沢/まいこさわ」。巻機山から流れ出る大ナメがとても綺麗な美渓とのこと。 関越道、谷川の時に下りる水上ICから三つ先だけだというのに妙に長く感じのは関越トンネルのせいだろうか。 予定より早めに桜坂駐車場に到着。着いて開口一番、「寒っ!」。予想以上に気温が低く、明日の遡行大丈夫だろうかと不安が頭をよぎるも、途中のコンビニで買ってきたハイボールで景気づけをして仮眠。 翌朝は6時起きでゴソゴソと準備を始める。心配してた気温もそれほど低くはならずホッとす......
Read more

2018811-12 滝谷第四尾根(雄滝まで)

やはり登山は下から登ってこそ、という思いがある。 ということで滝谷四尾根をK緑、私(U島)の2名で、C沢下降からの、ではなく滝谷出合からつめて登る計画であったが、天候不良というか、天候不良が予想されたため雄滝の直下までで終了と相成った。 出合からの四尾根を考えた場合、雄滝をどうクリアするかが最初の課題であり、雄滝直下で色々考えた結果、滝の左側を登る、ということで落ち着いた。 他会の記録を読んでると、右岸を登る、雌滝と雄滝の間にある尾根から登ると色々なパターンがあるが、滝”も”楽しむなら左側を登るのが最もいいんじゃないかと思った。ちょうど写真の左側、水がチョロチョロで出......
Read more

7/15 湯檜曽川本谷(日帰り)

今年の海の日、暑いし沢でもいきますか!ということで、シーズン初の沢。選んだのは湯檜曽川本谷。K緑、U島の二名。 金曜21時に集合し、道の駅 みなかみ水紀行館で仮眠。 3時30分起床で土合橋まで移動し、出発したのは4:30。武能沢の標識を左側にみつけ武能沢を下降し、湯檜曽川本谷へ。 そこからは始終快適な遡行。思ったより水温も低くなかったのでウナギ淵も巻かずに泳ぐ。 懸念していた雪渓は潜らず左端をそろりそろりと通過。 陽も大分高くなってきて暑くなってきたので積極的に沢を進む。七ツ小屋沢を越え、はるか頭上の送電線を超えた辺りで9:30頃。朝日岳までいけたなー、なんて会話をしてたら、直後の巻きでま......
Read more

2016/12/29 – 1/1 槍ケ岳

そこは、トンネルを抜ける前から雪国だった。 というわけで、年末年始の山行で、A木(CL)、M本(SL)、Y本、K野、A崎T、A崎E、U島の7名で槍ヶ岳を目指した。 事前の天候予測では好天に恵まれそうではあったが、これまでも年末年始は荒れ狂う天気となることが多く、実際にその日が来るまでは不安な日々であった。 年末も押し詰まった29日夜、圏央道の厚木PAに集合後、2台に分乗し、新穂高を目指す。新穂高バスターミナルに到着後、駐車場で仮眠。0730に出発。それほど豊富ではない雪道ではあったが、有り難い先行者のトレースを辿る。 穂高平 0850 → 白出沢分岐 0950 → 滝谷避難小屋 1110 と経......
Read more

2014.9.21 八ヶ岳大同心正面壁(雲稜ルート)

N田さん、U島で八ヶ岳大同心雲稜ルートにいってきました。 当初の天候不良の予報から、回復に向かう兆しがあったため決行。 前夜発で赤岳山荘駐車場で朝を待ち、夜明け前に北沢→赤岳鉱泉→硫黄岳登山道から、大同心沢方面へアプローチ。 取り付きに付いた後、あまりの寒さに辟易するも1本目はフラットソールで雲稜ルートをこなす。大同心の頭で時間を取り過ぎたせいか、当初予定してたドライツーリングでの完登はあきらめ、今冬の感覚を出来るだけ掴んでおくため1Pのみドライツーリングで登った。 日が差す時間になっても後続は1パーティのみで概ねゆったりとしたクライミングを楽しめた。時間さえ許せば完登は十分可能だったので、次......
Read more