八ヶ岳(南沢 小滝 アイス)2020-01-11

昨年のリベンジで八ヶ岳南沢大滝・小滝を日帰りでUさん、Yさん、Sさん、私の4人で行ってきました。
昨年南沢大滝で衝撃的な光景を目激し敗退せずにはいられなかったアイスクライミング。あれから早いもので1年近く経ちますがとうとう実現しました。
まずは前日海老名駅22時に待ち合わせをし、車で道の駅小淵沢24時着で仮眠を取ります。
翌朝5時30分には起床し美濃戸に向かう事に。
今回もUさんの4WD+スタットレス+チェーンで、一般車は入れない美濃戸口から先の赤岳山荘駐車場まで向かう予定でしたが、スタックしている車があり着いた時にはゲートが封鎖されている状態です。なんとJAFが来るまで入れないと言うでは無いですか!そこでUさんとYさんで念の為、現場まで見に行く事に、すると急坂の下りでプリウスがスタックしていましたが、その脇は車1台通る事が可能な事が解りました。改めて赤岳山荘駐車場に向かいます。


駐車場からは暫く林道が続きますきますがアイスバーン状態です。今年は雪が少ないとは言えやはりここは標高 1,700m雪はありますね。慎重に南沢登山道を南沢アイスとの分岐点迄向かいます。お天気も良く無風で木漏れ日の中進んで行くと、右側にロープが見えて来ます、分岐点です。そこを右に進み、暫くすると大滝と小滝の分岐点が現れます。昨年は左側に進み大滝で凄い光景を目撃しましたが、今回は右側の小滝に進みます。到着して一安心今回は何も有りませんでした^ ^

小滝から東側へ30m位行った所でテントが、羨ましい!

下はツルツルです。

 

現場は既に3パーティが氷壁に取り付いています。氷の状態も良さそうです^ ^3連休と言う事もあり、氷壁の脇にテントを張っているパーティも有ります。北面で気温-3度位でしたがじっとしているとやはり寒くなって来ます。
私達は暫く順番待ちをした後、右端の氷壁が空いたのでUさんがアイススクリューを使ってリードして行きます。少し薄い氷でアックスを打ち込むとボロボロ破れる様な氷でしたが、流石に慣れた感じでスイスイ進んで行きます。登りきった右側の木に支点構築してトップロープをセットしてくれました。50mシングルロープで丁度いい位です。
まず始めに基本の登り方レクチャー(アックスは太鼓を叩く要領でなど)頂きスタートです。

まずはUさんが

私も

Yさん

Sさん

はじめの内はクラックにアックス、アイゼンを凹みに引っ掛けて登感じになってしまい全然アイスクライミングになっていない。何度かやる内にアックスを強く打ち込み、アイゼンを蹴って登れる様になって来ます。
アックスが氷を割り刺さる感じ、アイゼンが氷を捉える感じは出来て来ると楽しいです^_^

お昼休憩後スクリューの使い方を習い左側の壁に移動です。
こちらの氷壁は見た目通りヴァーチカルに近く、氷も硬い状態です。練習の時と違いなかなかスクリューが入って行きません。二個目のスクリューセット時に腕がパンプしてしまいテンションを掛ける状態に!何とか最後までスクリューをセットしながら登頂する事が出来ましたが、氷によって全然違うのが良く解りました。

今回アックスは皆PETZLのクオーク。私が最新モデル、Uさんが一個前のモデル、Yさんがその前のモデル!それぞれ触ってみると特徴があります。最新だからと言って良いわけでは無い様です。
Sさんからすると1個前の型が一番軽く、握る所も若干細いので使い易いようです。皆さんピックを削ったりシャフトにテープを巻いたりと自分の使い易い様に工夫している事もあると思います。

15時半位迄楽しんで下山します。
下山中、突然絶滅危惧種のカモシカ(今では雷鳥より希少と言われているそうですが)に出くわします。私たちを見ても全く気にする事なくモグモグタイムをしています。珍獣を各々写真を撮って下山しました。

下山後は温泉で♨️疲れた体を癒し、境川SAの境川食堂名物大盛りご飯をお腹いっぱい食べて帰ります。この日は何時も渋滞する中央道が渋滞も無くスムーズに海老名まで帰る事ができたので思いのほか早く帰宅する事が出来ました。今回企画して頂たUさんありがとうございました。そして皆さんお疲れ様でした。

昨年南沢大滝で衝撃的な光景を目激して敗退したアイスクライミング、とうとう念願かなって実現出来ました。今回は無事何事も無く終わって良かったです。

カテゴリー: ディスカッション   パーマリンク 編集

20191215富士山雪トレ

富士山雪トレ
この日はYさん、Mさん、Sさん夫婦、Uさん、Iさん、Aさん、私を入れ8名の参加者で2台の車に分乗しゲートが開く9時に富士スバルラインを目指します。
8時40分ゲート着、既に私たちの前に観光バスが2台並んでいます。こんな時期でも観光客が来るんだな~と思いながらもゲートが開くのを暫く待ちます。
5合目駐車場はやはりガラガラで好きな所に停める事が出来ます。因みに夏季は世界遺産に登録されて以降5合目までは普通車では上がってこれません。但し電気自動車は行けるそうです、、、
駐車場で各自ガチャ、ロープ、アイゼン等準備、この時私は後悔が走る。私の持ってきたアウターは今年の春先に買ったばかりの新品だったからです!
皆さんはこんな事はしないと思いますが雪上訓練の時は、破損する事があるので、古いアウターを用意して下さいね。メンバーに勿体ないな~自分のを貸してあげるよ〜など話を頂きましたが、そこは割り切って使用しました^ ^
支度が終わり駐車場から出る際に、いかにも元気そうなお姉さんに「登山ですか~17時にゲートが閉まるので帰ってきてくださいね~と声を掛けられ」やはり富士山は危険な山ですから改めて身を引き締め出発。

5合目から少し入った所で、滑落停止訓練に丁度良い斜面があり、思いのほか近かったので調子抜けしまう所でしたが、やはり場所さえ確保出来れば山頂に近づかない方がいいようです。
ここは斜度が30度位で斜面にしっかり雪が乗っており、場所によっては所処テカっているように見えました。
2名ずつペアーを組みトレーニング開始です。
私は経験豊富なMさんとペアーを組ませて頂き、初歩の雪上歩行方法~支点~ビレイ迄色々な事を教えて頂きました。

※訓練した内容はこちら
〇雪上での安全歩行方法
登り下り キックステップ 急な斜面では四つん這いでピッケルを刺しながらクライムダウン

〇スノーバーによる支点構築
スノーバーには方向があり逆に差してしまうと折れてしまう事があるので注意。
緩い雪なら手でスルーと入ってしまうのだがそれでは支点として弱い。
また硬い雪ではハンマーで叩いても入って行かない事がある。

〇ATCビレイデバイスを使って確保しながら滑落訓練
最初の場所は雪がフカフカでスピードが出ず反転してピッケルを刺し難なく止まれる。
次に高度を少し上げ斜面の途中からアイスバーンになっている場所に移動し練習。
ここは滑っている最中アイスバーンに切り替わった途端急にスピードが上がる。
素早く反転しピッケルのピックを指すのですがなかなか上手く行きません。
何度かやって何とか止まれるようになりましたが、ここで解った事はとにかく滑ったと思ったら即停止体制を取る事、スピードが出てからは止まらない!特にアイスバーンではピックもなかなか刺さらない事が良く解った。
また滑落中は足を上げて置かないとアイゼンが雪面に引っ掛かってしまう。
それと頭から滑落の際はピックの向きが逆になるので更に難しい事が解った。
今まで木曽駒などで滑落訓練をした事はあるがこのようなアイスバーンなっている所は初めてで、雪質によって全く違う事が良く解った。

〇スタンディングアックスビレイによる確保技術
ロープを肩絡みで確保しながらスリングを足で踏んで行う。
途中何度かMさんに倒れて貰いしっかり確保できているかチェック。
最後に思い切り倒れた際にアックスが抜け私も倒れてしまった。
そこでスノーバーを横にして雪の中に埋めて支点構築し、再度確保の練習も実施。

〇ガイドコンテによる雪上歩行訓練

〇ビーコンにる捜索訓練                           裾野迄先に下がった4人で受診と送信を交互に順番に実施。                        15分内で捜索完了する事を目標に実施しました。やはり3本アンテナの方が正確な位置の特定が早くできるようです。

(少し標高を上げた所、途中からアイスバーンになっています。)

(更に標高を上げた所、斜度もあり良く滑ります。東側斜面でしたから14時位には太陽は隠れ薄っすら暗くなってきます)

14時過ぎを持って練習終了。
富士五合目に戻るとそこは観光客でいっぱいでした。殆どの方が中国人の観光客の方だと思いますが、竹下通りのように人でごった返しています。
その後リゾートイン芙蓉の温泉でゆっくり汗を流し、吉田店でうどんを堪能して帰路に着きました。実は富士吉田名物の吉田うどんの話をしていた所、偶然にも温泉に隣接していてラッキーでした(^▽^)/
皆さんお疲れ様でした。

 

 

 

鷹ノ巣谷(鷹巣山)-2019-07-21

Kさんに同行させて頂き、I初の沢登体験して来ました。
場所は鷹ノ巣谷(一応初心者コースのようです)

行き方は奥多摩駅から日原鍾乳洞行のバスにのり終点でおります。
奥多摩からは満員で発車したバスも皆さん途中下車され(後で調べて解ったのですが川苔山へ行かれてようです、川乗橋バス停から登るコースは滝がありお勧めコースのようです)終点で降りたのは私たち二人と単独登山者と見られる1名だけ。私が以前日原鍾乳洞に行った時にもこのバス停でおりましたがやはり私たちだけでしたので、人気の無い場所なんですね。

鷹ノ巣山への玄関口から稲村岩コースに入って巳ノ戸橋を渡った先で入渓。のっけから水量が多く
滝のように流れる川に圧倒されましたが、どこかわくわくしています。
沢の水はすごく透明感があり、川辺の石にはみっしり苔が付いており青と緑のコントラストの綺麗な世界が待っています。

危険だと思われた2か所はKさんがロープを出して頂き拙い私のビレーで何とかクリアーする事が出来ました。

この沢登コースの半分位経過した所に最大の難関20mの大滝があり、その大滝を超えた所に支流の水ノ戸沢との分岐があります。そちらのコースを選ぶと稲村岩尾根へショートカット出来るコースで時間も短縮出来ますが、今回はあえて石尾根縦走路まで出るコースを選択。ちなみにSNSを見ると最近は皆さん水ノ戸沢コースを選択しているようです。

本流筋の上流からは右の尾根に上がる。ここからは沢靴から登山靴に履き替えて藪漕ぎとなる。
全く人の踏み云った形跡の無い所をルートファインディングしながら急登の尾根をひたすら登っていく。何度も追い払っても付いてくるブヨ等に追いかけられながら(この時が一番辛かった)

入渓

3段10mナメ 滝

何時もはどうか?解りませんが先日までの雨の影響で増水しているようです。

昔の人は良くこんな所に石垣を積んだなと感心させられました。

ここはロープを出して頂きました。Kさん曰くここは大滝よりも難易度は高かったそうです。

10mくの字滝

5段15m滝

大滝です

横から見た大滝

ロープで確保して頂きました。

大滝を過ぎた後もこのような滝が何度か続きます

ここは左の岩を登ります

この先はワサビ田などあり変化に飛んだ楽しい沢登を堪能しました

沢から急登を抜け稜線に出るとこんな感じでガスガスです。こんな所を暫く歩きます

もうすぐ登山道(あたりが明るくなってきます)

石尾根縦走路に出て鷹ノ巣山山頂に立ち、その後稲村岩尾根で下山しました。

下山中このような岩々した所が有ったので写真に収めてみました。

2019,07,12_14北鎌尾根

今回は兼ねてより行きたかった北鎌尾根に行ってきました。雪渓有り、沢登有り、クライミングありのバリエーションルート。まだこの時期このコースを行く人は少ないようでテン場は私たちの他に2張り。今回北鎌尾根と小鑓もセットで行く予定でしたが天候不順で小鑓はまたの機会になりましたが北鎌尾根だけで充分楽しめました。ご同行頂いた皆さんありがとうございました。

日程:2019/07/12-14

行程:7/11(木)横浜21:00発-沢渡01:00(仮眠)

7/12(金)沢渡5:00-上高地6:00-横尾9:00-水俣乗越13:00-北鎌沢出合16:00

7/13(土)起床3:00北鎌尾根沢出合4:30-北鎌のコル7:30-独標10:00-大槍16:00

7/14(日)起床7:00肩の小屋8:00-横尾13:00-上高地-16:00-沢渡17:00-横浜

参加:4名(Y.A U.H I.J I.T)

天候:12日曇り時々小雨 13日午前中曇りのち晴れ、午後小雨 14日曇り時々雨

 

小雨が降る中、上高地をスタート!雨の河童橋も捨てたものではないです。

 

何時もこの黄色い看板を艶めかしく見ていた!今回は真っ直ぐではなく右に曲がる。

水俣乗越までザレた急登を登りきると東鎌尾根の稜線に出る。付いたとたん大量の虫!ブヨ!ブヨ!に襲われ じっとしていられない。

この看板も以前東鎌尾根を歩いた時に見た看板!いつかここを下って見たいと思っていた。

やっと念願が叶う、ただ下って見て解ったことだが、ここは下ったら二度と戻っては来れない地獄の1丁目でした!!

今日の幕営地、遠くに見えるあの沢の先迄行きます。

少し下った所を下から撮って、改めて急登です。またこんな感じで急なザレ場が続きます。

左手に明日行くであろう北鎌尾根の稜線がP8~P15まで良く見えました。

 

途中から雪渓のお出まし、さてこれをどうする事か?と悩む間もなく既にUさんは下迄下っている(写真では点に見える所)Yさんも行くしかないでしょうと言うことで、意を決して下る。アイゼンも無いので慎重になるが、下って見るとこれはこれで楽しい。

奥に見える黄色いテントの先が今夜の幕営地、北鎌沢出合。

 

翌朝3時に起床テントを撤収し4時半スタート。ヘッデンを付けて北鎌沢右俣を登る。北鎌沢左俣に行かないように注意が必要です。

 

前日までの雨と今年の残雪のおかげで沢は滝のような勢いで水が流れ落ちている。これはもはや沢登か!

コルまでは沢登りとこんなクライミングの連続

 

北鎌のコルの横には「かえざらえる碑」私は帰りますよ!

天狗の腰掛あたり

槍が見えてきます。

P10から テント1張り程のスペースあり

p12 ここを直登

アルプスの女王 コマクサがそこら中に

独標を巻くとこんな所があり逆に危険!

こんな所もかかんで行く

P13あたり

P14あたり

P15を巻くと遠回りになるので戻る。北鎌平へ

槍の取り付きで左から行くか悩んだが、真っ直ぐ直登で行くことに!この辺りから小雨が降りだす。

 

もう少しで山頂です、最後のチムニー

 

槍を正面やや左側から直登する

上を見上げた所、ここを登っていく

 

槍を登り切った所を上から、右に殺生ヒュッテ!

 

やりました!

 

山頂に付いた時は雨の中、1組しかおらず山頂貸し切り!その内雨もやみ槍ヶ岳山荘がはっきりと。

双六方面は滝雲が綺麗に掛かっていました。

 

帰りにかつ玄 安曇野店で美味しいカツ 肉を頂く(^▽^)

温泉:沢渡駐車場日帰り温泉

食事:かつ玄 安曇野店

20190210- 11赤岳山行.南沢アイス

今回はA崎さん企画の赤岳山行、南沢アイスにご同行させて頂きました。冬の赤岳は一般登山者憧れの場所です!

上大岡5時発、元々は前夜発の予定であったがそんなに急ぐ行程では無いので当日朝発へ。

やはり三連休中日、前日天気悪かったせいか車の量は多い。

諏訪南で下りて直ぐのファミマ トイレへ!ここでも渋滞!ここでまさかの時間ロス、私です、すみません。

美濃口ここでチェーンを装着、四駆、スタットレス、チェーン!もう怖いもの無し!雪が付いてフラットになった道をスイスイ上がって行きます。

歩いてい人には申し訳ないが、林道を1時間歩かなくて良いのは嬉しい限りです。赤岳山荘前に駐車してスタート!陽も出て最高の登山日和。意気揚々とスタートを切ります。

だが20分 もしないうちにゼーゼー息が切れて来ます、あれ。そう歩くスピードが早いのです。途中どんどん登山者を追い抜きます。

Aさんから途中大丈夫ですか?と聞かれるが大丈夫です、とこの時は答えていた!

スタート8:50赤岳鉱泉迄10:10行者小屋迄10:50

そこから文三郎の急登が辛かった!スタミナを使い切ってしまったようだ!足がなかなか上がらない!

情けない事を言うようだが 諦めて行者小屋迄戻って明日まで待っていようか本当に思った!

左手に赤岳主稜が見えたが私にはまだまだ先か?今日はめちゃくちゃ混んでいるようだ!一般登山道よりも人が多い!

その後文三郎尾根分岐辺りで会のメンバーMさんと会う!何という偶然!私はお初でしたがみんな嬉しそうに談笑^ ^

そこから山頂迄は岩と氷のミックス、気が抜けないルートの連続!でしたが逆に気が張ってヘコタレル事は無くいつのまにか山頂へ^ ^13:10山頂に到着!

山頂に出ると360度快晴、遠くの富士山迄はっきりと見える絶景が待っていた^ ^来て良かったつくづく思う^ ^

山頂から少し硫黄方面に下ると展望荘が見えてくる、なんか安心する!私だけ^ ^14:10山荘着

小屋はなんとお汁粉、お茶、コーヒー☕️飲み放題!お茶のサービスはよくあるが!お汁粉までこんなサービス聞いたことない、びっくり!お汁粉が美味しい過ぎて何杯もおかわりしてしまった^ ^

部屋も快適、個室に案内され1人1枚の布団寝袋付きでとでも暖かく快適、私は寝汗をかくほどだ!

食事も豚の角煮、鶏の煮付、生ハム等山歩きの後には嬉しい肉肉肉!タンパク質一杯のレパートリーで自分の食べられる分だけ取れるバイキング方式だ!

食事の後は談話室でゆっくり、ここではSOFT BANKも電波あるし充電も出来る、私は備え付けのマッサージ機を何度もスタートさせ、ひたすら今日の疲れを落としていた^ ^

翌朝は風が小屋の壁を叩く音で目が醒める!朝食も美味しい^ ^

2日目は強風の中吸い込まれるように切れ落ちてく地蔵尾根を慎重に降りる、ここが核心部だったのかもしれない。

行者小屋まで降りて暫く休憩した後A木さんU島さんが待っている南沢アイスの大滝を目指す。私は初めてのアイス、この辺からワクワク!ドキドキ!どうなる事か!

8時20分には目的地と思われる大滝に着いた。

だがそこには先に到着しているであろう2人がいない、しばらく辺りを探したが見当たらないので、再度ググって見るとこの下流にもう一つ大滝が有るではないか!早速そちらに向かう

そこで目にしたものは想像もしていなかった事でした!

まさかこんなに早く上記救急訓練が役に立つ日が来るとは!

 

 

 

車を停めいざ出発!天気は最高!赤岳が呼んでいる!

 

赤岳鉱泉のアイスキャンデー!沢山の人で賑わっていた!見ているとやりたくなる!

行者小屋!テン場は何時もごとく大人気!

 

これから挑む文三郎尾根!

 

山頂手前の岩場でパシャ!

 

海老の尻尾

 

 

遠くに富士山🏔

赤岳展望前は風の通り道か!突風が!

 

今晩のおかず生ハムを切っているところ

夕食!2,700mの山荘でこんなてんこ盛りのおかずが!盛り方が下手で見た目は悪いのですが美味しく頂きました^ ^

 

翌朝地蔵尾根にて!風が!

 

 

初めに行ったアイスの横で、待っている間ラッセルの練習!