八ヶ岳阿弥陀北稜20200201.02

Yさん、Uさん、Iで八ヶ岳阿弥陀北稜に行ってきました。新雪と快晴に恵まれた良い連休でした。 まずは赤岳鉱泉で幕営地を確保します。アイスキャンディもしっかり氷が付いている様子です。 この日はアイスキャンディフェスティバルがあり大勢の人が集まっておりにぎわっていました。日中にはお汁粉やお肉の振る舞いがあったようですが、私達には無縁でした。また夜はライトアップされナイトアイスを七丈小屋の花谷さんが登っていたので更に盛り上がっていました。 赤岳鉱泉にテントを張ってジュウゴ沢に向かいます。途中SNSで人気の茶々丸君に会いました(^▽^)/ 硫黄岳へ伸びる一般道から途中右に曲がりトレースも薄くなったルートを更に進みます。 ジュウゴ沢F1,F2はしっかり雪が載っておりフリーで登り、この先の乙女の滝を目指しました。 乙女の滝、一組のパーティーが取り付いています。 取り付いて見ると氷が弱く右側斜面以外は崩落の危険があるので、今回は時間も考慮して止めました。 夜は新調したシュラフのおかげで快眠した後、翌日は阿弥陀北稜へ。行者小屋から見た阿弥陀です。 第一岩峰 先行者を-10度の強風の中待つ間、手先の感覚が徐々に失われてくる思いでしたが懐に忍ばせて置いたカイロで何とか乗り切ります。見た目は簡単そうに見えましたが、取り付いて見ると掴み所が無く簡単ではありませんでした。   第二岩峰 ナイフリッジ 山頂は風もなくアルプスの山々や富士山が見渡せました。 赤岳を正面に見ながら中岳のコルへ向かって下ります。 吸い込まれるような下りです。私はダブルアックスで場所によってはクライムダウンで下りました。 11時過ぎには行者小屋に戻り、ゆっくりして帰りました。 ... 続きを読む

八ヶ岳(南沢 小滝 アイス)2020-01-11

昨年のリベンジで八ヶ岳南沢大滝・小滝を日帰りでUさん、Yさん、Sさん、私の4人で行ってきました。 昨年南沢大滝で衝撃的な光景を目激し敗退せずにはいられなかったアイスクライミング。あれから早いもので1年近く経ちますがとうとう実現しました。 まずは前日海老名駅22時に待ち合わせをし、車で道の駅小淵沢24時着で仮眠を取ります。 翌朝5時30分には起床し美濃戸に向かう事に。 今回もUさんの4WD+スタットレス+チェーンで、一般車は入れない美濃戸口から先の赤岳山荘駐車場まで向かう予定でしたが、スタックしている車があり着いた時にはゲートが封鎖されている状態です。なんとJAFが来るまで入れないと言うでは無いですか!そこでUさんとYさんで念の為、現場まで見に行く事に、すると急坂の下りでプリウスがスタックしていましたが、その脇は車1台通る事が可能な事が解りました。改めて赤岳山荘駐車場に向かいます。 駐車場からは暫く林道が続きますきますがアイスバーン状態です。今年は雪が少ないとは言えやはりここは標高... 続きを読む

20191215富士山雪トレ

富士山雪トレ この日はYさん、Mさん、Sさん夫婦、Uさん、Iさん、Aさん、私を入れ8名の参加者で2台の車に分乗しゲートが開く9時に富士スバルラインを目指します。 8時40分ゲート着、既に私たちの前に観光バスが2台並んでいます。こんな時期でも観光客が来るんだな~と思いながらもゲートが開くのを暫く待ちます。 5合目駐車場はやはりガラガラで好きな所に停める事が出来ます。因みに夏季は世界遺産に登録されて以降5合目までは普通車では上がってこれません。但し電気自動車は行けるそうです、、、 駐車場で各自ガチャ、ロープ、アイゼン等準備、この時私は後悔が走る。私の持ってきたアウターは今年の春先に買ったばかりの新品だったからです! 皆さんはこんな事はしないと思いますが雪上訓練の時は、破損する事があるので、古いアウターを用意して下さいね。メンバーに勿体ないな~自分のを貸してあげるよ〜など話を頂きましたが、そこは割り切って使用しました^... 続きを読む

鷹ノ巣谷(鷹巣山)-2019-07-21

Kさんに同行させて頂き、I初の沢登体験して来ました。 場所は鷹ノ巣谷(一応初心者コースのようです) 行き方は奥多摩駅から日原鍾乳洞行のバスにのり終点でおります。 奥多摩からは満員で発車したバスも皆さん途中下車され(後で調べて解ったのですが川苔山へ行かれてようです、川乗橋バス停から登るコースは滝がありお勧めコースのようです)終点で降りたのは私たち二人と単独登山者と見られる1名だけ。私が以前日原鍾乳洞に行った時にもこのバス停でおりましたがやはり私たちだけでしたので、人気の無い場所なんですね。 鷹ノ巣山への玄関口から稲村岩コースに入って巳ノ戸橋を渡った先で入渓。のっけから水量が多く 滝のように流れる川に圧倒されましたが、どこかわくわくしています。 沢の水はすごく透明感があり、川辺の石にはみっしり苔が付いており青と緑のコントラストの綺麗な世界が待っています。 危険だと思われた2か所はKさんがロープを出して頂き拙い私のビレーで何とかクリアーする事が出来ました。 この沢登コースの半分位経過した所に最大の難関20mの大滝があり、その大滝を超えた所に支流の水ノ戸沢との分岐があります。そちらのコースを選ぶと稲村岩尾根へショートカット出来るコースで時間も短縮出来ますが、今回はあえて石尾根縦走路まで出るコースを選択。ちなみにSNSを見ると最近は皆さん水ノ戸沢コースを選択しているようです。 本流筋の上流からは右の尾根に上がる。ここからは沢靴から登山靴に履き替えて藪漕ぎとなる。 全く人の踏み云った形跡の無い所をルートファインディングしながら急登の尾根をひたすら登っていく。何度も追い払っても付いてくるブヨ等に追いかけられながら(この時が一番辛かった) 入渓 3段10mナメ... 続きを読む

2019,07,12_14北鎌尾根

今回は兼ねてより行きたかった北鎌尾根に行ってきました。雪渓有り、沢登有り、クライミングありのバリエーションルート。まだこの時期このコースを行く人は少ないようでテン場は私たちの他に2張り。今回北鎌尾根と小鑓もセットで行く予定でしたが天候不順で小鑓はまたの機会になりましたが北鎌尾根だけで充分楽しめました。ご同行頂いた皆さんありがとうございました。 日程:2019/07/12-14 行程:7/11(木)横浜21:00発-沢渡01:00(仮眠) 7/12(金)沢渡5:00-上高地6:00-横尾9:00-水俣乗越13:00-北鎌沢出合16:00 7/13(土)起床3:00北鎌尾根沢出合4:30-北鎌のコル7:30-独標10:00-大槍16:00 7/14(日)起床7:00肩の小屋8:00-横尾13:00-上高地-16:00-沢渡17:00-横浜 参加:4名(Y.A U.H I.J I.T) 天候:12日曇り時々小雨 13日午前中曇りのち晴れ、午後小雨 14日曇り時々雨   小雨が降る中、上高地をスタート!雨の河童橋も捨てたものではないです。   何時もこの黄色い看板を艶めかしく見ていた!今回は真っ直ぐではなく右に曲がる。 水俣乗越までザレた急登を登りきると東鎌尾根の稜線に出る。付いたとたん大量の虫!ブヨ!ブヨ!に襲われ じっとしていられない。 この看板も以前東鎌尾根を歩いた時に見た看板!いつかここを下って見たいと思っていた。 やっと念願が叶う、ただ下って見て解ったことだが、ここは下ったら二度と戻っては来れない地獄の1丁目でした!! 今日の幕営地、遠くに見えるあの沢の先迄行きます。 少し下った所を下から撮って、改めて急登です。またこんな感じで急なザレ場が続きます。 左手に明日行くであろう北鎌尾根の稜線がP8~P15まで良く見えました。   途中から雪渓のお出まし、さてこれをどうする事か?と悩む間もなく既にUさんは下迄下っている(写真では点に見える所)Yさんも行くしかないでしょうと言うことで、意を決して下る。アイゼンも無いので慎重になるが、下って見るとこれはこれで楽しい。 奥に見える黄色いテントの先が今夜の幕営地、北鎌沢出合。   翌朝3時に起床テントを撤収し4時半スタート。ヘッデンを付けて北鎌沢右俣を登る。北鎌沢左俣に行かないように注意が必要です。   前日までの雨と今年の残雪のおかげで沢は滝のような勢いで水が流れ落ちている。これはもはや沢登か! コルまでは沢登りとこんなクライミングの連続   北鎌のコルの横には「かえざらえる碑」私は帰りますよ! 天狗の腰掛あたり 槍が見えてきます。 P10から テント1張り程のスペースあり p12 ここを直登 アルプスの女王 コマクサがそこら中に 独標を巻くとこんな所があり逆に危険! こんな所もかかんで行く ... 続きを読む