20180811ボウズクリの沢

涼を求めて沢に行きたいけれど、台風の後ゆえ水量が多いと危ないかもということで、水量の影響を受けなさそうな西丹沢のボウズクリの沢に、Y本さんとI塚で行ってきました。

(ボウズクリの滝下部は左岸から登れます)

ボウズクリとは「坊主作り」の意味だそうで、F1であるボウズクリの滝に打たれてお坊さんが修行したということが由来らしいです。
この沢は直登が多くないとは解っていましたが、ほとんどの滝を高巻くために、あまり沢登りらしくないのが特徴です。

高巻きは早速F1から始まり、下部5mは左岸を登れて沢らしく水しぶきを浴びることができるのですが、上部の20~30mある滝は直登できず巻くことに。
この高巻きが悪く、土と岩屑と木の枝がミックスしていて斜度もあり、足を置いてもずるずると崩れてしまいます。
安定しないのでのっけからロープを出したのですが、何をやっても落石を起こしてしまうようなところで、沢らしい爽快感が感じられないまま巻き続けることに・・・
(とにかく悪い高巻き)

あまりに状態が悪いのでルート取りを間違えた?と悩みましたが、懸垂下降する際往路とほとんど同じルートを下りてきたので、たぶんそんなに間違えてはいないのではと思うのですが。
なんだか出だしからツメのようで、沢登りというよりもバリエーション山行のような沢でした。

2018811-12 滝谷第四尾根(雄滝まで)

やはり登山は下から登ってこそ、という思いがある。

ということで滝谷四尾根をK緑、私(U島)の2名で、C沢下降からの、ではなく滝谷出合からつめて登る計画であったが、天候不良というか、天候不良が予想されたため雄滝の直下までで終了と相成った。

出合からの四尾根を考えた場合、雄滝をどうクリアするかが最初の課題であり、雄滝直下で色々考えた結果、滝の左側を登る、ということで落ち着いた。

他会の記録を読んでると、右岸を登る、雌滝と雄滝の間にある尾根から登ると色々なパターンがあるが、滝”も”楽しむなら左側を登るのが最もいいんじゃないかと思った。ちょうど写真の左側、水がチョロチョロで出てるあたりの右側を右上気味に登り、上部の草付きまでいって落ち口に出る感じ。

斜度はこれくらい。濡れてさえ居なければなんの問題もないのだが・・。

出来ればリベンジしたいと思うが、コレばかりはお天道様次第、ということで。

20180730剱岳チンネ左稜線

剱岳のチンネ左稜線に、Y本さんとI塚で出かけてきました。
I塚はここ数年、お盆休み頃八ツ峰方面に入ろうとしていたのですが、雨が降ったり長次郎谷出合が崩壊したりと、何かしらの理由で中止に。
そこで今年は7月末という早い時期に入ってみたのは良いけれど、連日の猛暑には雪渓も勝てなかったようで、長次郎谷左俣の上部には既に大きなクラックが数本発生。
クラックは長次郎谷の端から端まで走り、幅も深さも数メートルあるため、熊の岩からチンネ方面へ登るのは相当難しい状況です。
八ツ峰も、Cフェース取りつきの雪渓が崩壊していました。

長次郎谷経由ではなく本峰経由でチンネに入れないかと考え資料を見ると、頂上から池ノ谷乗越まで1時間半程度と書いてありました。
しかし実際はこんなに短時間では行かれず、後日色々な記録を見たところ、数時間かかっている人も多いようです。
とにかく本峰だけでも行ってみようと別山尾根経由で登ったのですが、ロープとギアなどを背負ってのカニのタテバイ通過がツラい!
スピードは上がらないし、荷物が重いので体が振られるしで、かなり消耗しました。

そして頂上から北方稜線へと向かいましたが、長次郎のコルまで来るのに想像よりも時間がかかり、この調子で行くと時間切れになると判断。
チンネに行くのはギブアップし、結果としては本峰への歩荷トレとなってしまいました・・・
八ツ峰まではさておき、なかなかチンネは遠いですね。
それにしても今後ますます地球温暖化が進んだら、長次郎谷を安全に通過するためには、7月初旬には出かける必要が出てくるかもしれません。

2018/7/14 – 16 七倉尾根~船窪岳~烏帽子岳~高瀬ダム~七倉温泉

三連休、猛暑の下界から離れて北アルプスの稜線に逃れようと計画しましたが、北アルプスも暑かった。。。

このコースは、七倉尾根の鼻突き八丁を登り、ブナ立尾根の胸突き八丁を下ります。登りも下りも体力勝負。夏始めの良い体力づくりになりました。

七倉尾根の天狗の庭より、高瀬ダムから槍ヶ岳を望む。この時期ですと、湯俣からの北鎌尾根や湯俣からの伊藤新道も行ってみたいですね。水量次第かな。

船窪小屋。小さいけれど、趣のある小屋です。テン場は小屋から15分ほど離れていて、心細いばかりの水場がありますが快適です。

船窪小屋のテント場から不動岳は、登山道の崩壊が進んでいます。アップダウンもあり、なかなか疲れる稜線歩きです。

剱岳・立山連峰方面を望む。山スキールートの、一ノ越からタンボ平、針ノ木谷~黒部横断~ザラ峠方面、また、日本オートルートを視認して思いを馳せる。。。

不動岳からは花崗岩の砂礫地が多く、コマクサが群生していました。

花崗岩地質の風景。

最終日、ブナ立尾根を下って高瀬ダムへ。ここからタクシーは使わず、七倉山荘前の駐車場まで歩きました。

高瀬ダムは、七倉ダム同様ロックフィル形式で、高さは黒部ダムに次いで日本第二位の高さなのだそうです。方々の川の上流から流れてくる砂礫が堆積しやすいため、ひっきりなしにダンプカーが出入りして砂礫を運び出していました。

この周辺の山々のルートは、夏冬問わず興味をそそられます。冬山の登攀、アイスクライミング、山スキー、沢登り等、魅力は尽きません。縦走だけでももちろん楽しめます。また、今は廃れてしまった登山道の歴史に思いを馳せてみるのも楽しいですね。

7/15 湯檜曽川本谷(日帰り)

今年の海の日、暑いし沢でもいきますか!ということで、シーズン初の沢。選んだのは湯檜曽川本谷。K緑、U島の二名。

金曜21時に集合し、道の駅 みなかみ水紀行館で仮眠。
3時30分起床で土合橋まで移動し、出発したのは4:30。武能沢の標識を左側にみつけ武能沢を下降し、湯檜曽川本谷へ。
そこからは始終快適な遡行。思ったより水温も低くなかったのでウナギ淵も巻かずに泳ぐ。

懸念していた雪渓は潜らず左端をそろりそろりと通過。

陽も大分高くなってきて暑くなってきたので積極的に沢を進む。七ツ小屋沢を越え、はるか頭上の送電線を超えた辺りで9:30頃。朝日岳までいけたなー、なんて会話をしてたら、直後の巻きでまさかのアドベンチャー。どうも本来は右壁から水流の裏側を通って、滝の左壁を直上するらしいところを左側のチムニー的な所を直登。これが怖いのなんのって。本日一つ目の核心でした。

残す2段40mの大滝もサクッと超えて、遡上としてはあらかた終了。
そのまま進むと、峠ノ沢手前に左側にトラロープが張られた送電線巡視路の目印があるのでそこから尾根に向かって急登。

そして・・・、登山路に出た途端、クソ暑い。冗談じゃなく暑い。
ここから入渓点の武能沢までの3時間が地獄の下山。そしてそこからほぼ水平とはいえ、駐車場までの1時間が地獄の釜で低温調理されるようなジワジワくる辛さ。本日二回目の核心でした。

駐車場到着は 16:20。もうこれは命の水と言わんばかりに車に放置して温くなったペットボトルの水をガブ飲み。帰りは風和の湯につかって、連休中日でそれほど酷くない渋滞の中を帰宅しました。

K緑さん、全行程運転ありがとうございました!

文:U島