2016/5/1~3 前穂高岳北尾根

朝タクシーに乗り込み上高地へ。 タクシーを降りると雨。 天気予報がずれている。登山センターでしばらく待って雨が小降りになったところで出発。 涸沢までは長い。13:50頃到着し、明日は2時起き3時出発として早々に寝る。しかし夜中 かなりの風がテントを叩く。大丈夫か?さすがにこの風の中は難しいだろうと思いながら何度か目を覚ました。 翌朝2時起き3時出発。56のコルへ向かう。真っ暗な中で高度を上げるがA崎さんの調子が上がらない。 自分が先頭に立って到着は5:30 思いのほか時間がかかっている。M本さんから「テント張ってるか見て!」といわれ 奥又白側を見るもテントは一張りもない。 ここでテントがあると......
Read more

20160504-5頚城火打山 スキー

連休後半、寡雪に悪天予報でどこに行くか迷いましたが頚城方面の下見もかねて火打に行ってきました。 4日の朝には前線も抜けて天候も回復する予報を信じて、早朝横浜発、情報では富士見平まで雪がないので小屋泊りで荷物を減らして行きました。 8時に雨模様の妙高着、ゆっくり笹ヶ峰に上がると雲が切れ青空が広がりました。 富士見平から板を履き、1330に高谷池ヒュッテ着 翌日も快晴の下、火打を目指します。例年に無いほどが雪がありませんが楽しめそうな斜面が広がります。   火打山頂に830着。焼山北面溶岩台地は一面に藪模様、澄川も下部はボロボロ、雪のある時期に再訪することにして山頂から南斜面を1段......
Read more

2016/5/14 乗鞍岳山スキー

天気が良く、穏やかな春スキーを楽しみました 観光センター前、7:30始発のバスに乗り、位ヶ原山荘前下車 スキーを履いて出発です 肩の小屋口を目指します 肩の小屋口より乗鞍岳を望む。左のピークが剣ヶ峰。コルを挟んで蚕玉岳。この間の斜面を滑りました。 稜線を目指します 先行も後続も、続々と登って行きます 稜線に上がって剣ヶ峰へ 剣ヶ峰より火口を見ると、真っ青な権現池を垣間見ることが出来ました コルに戻って滑走準備です 雪は下に行くにつれて重くなりましたが、快適な滑降を楽しめました 楽しかったので、登り返します 雲が出始めましたが、稜線で休憩している間に晴れてきました ......
Read more

2016/05/14 富士山山頂サミットフォール

Uejiman , Maro , 他会のアルパインクライマーOさんとスーパーバックカントリースキーヤーMさんと共にダブルアックスを背に今シーズン最後の氷を求めて富士山頂へ。 太陽の光りでキラキラと輝くサミットフォールは想像していたよりも美しく素晴らしい姿を私達に見せてくれました。が、近づいて触れることは許してくれませんでした。 登攀能力はもちろんですが、時期、時間、すべての時を合わせる事が出来た者だけに登れる。山は逃げないと言うけれど、山は逃げるものだと感じる最近です。 Oさん, Maro, Mさん, Uejiman   ......
Read more

2016GW 甲府幕岩

連休中の3日間 行っては帰り帰っては行くで飛び飛び3日間の甲府幕岩 暖冬の冬を終え今年のクライミングシーズン始動 イエローマウンテン(5.9) アップ なまった体にはスタートから1ピン目が悪く感じる コジマン(5.11a) ホールドも足もしっかりあるのにムーブが完成せずRPならず ピリカ(5.10b/c) RP 初日にマスタートライでテンションありありでなんとかトップアウト クライミング歴もうすぐ一年の私にはピリカというか激辛 2日目は触らず、迎えた連休最終日の3日目 マスターはお預けでとりあえずRPを目指しトライ あっさり完食 岩質に慣れたのか、ヌンチャクが掛かっている威力はすごいのか ......
Read more