20191228杣添尾根

(人が少なめで静かな杣添尾根) 冬の八ヶ岳というと、冬も営業している赤岳鉱泉があるため、西面から入山する人が多いかと思います。それに比べると東面は、登山者が少なめで静かな雰囲気。そんな東面にある杣添(そまぞえ)尾根に、Y本さんとI塚で行ってきました。人が少ないイメージでしたが、お正月休みに入ったせいか7~8パーティがいて、そこそこ活気ある雰囲気でした。 杣添尾根に登るには、南牧村の海ノ口自然郷という別荘地にまず入る必要があります。この別荘地の西側奥に登山者用の駐車場があり、登山口となっています。よく行く美濃戸口と異なり、別荘地に入る道がちょっと解りづらく、しかも別荘地内のメインの道路が凍結。あと少しで駐車場というところの微妙な斜面が、スタッドレスタイヤでも登れません。チェーンがなかったので登山口に行きつかないうちに敗退か・・・と思ったのですが、ダメもとで別荘地内を大きく迂回。駐車場に北側から回り込んだところ、駐車できました。 (しばらくは平らな遊歩道が続きます) 駐車場からは、富士見岩なる名所まで遊歩道があり、林の中を歩くことができます。遊歩道が終わると貯水池と四阿がある場所に出て、ここからやっと山道らしい感じに。登山道は想像していたよりも整備されていて、快適に歩けました。雪は少ないのではと心配していたのですが、思っていたよりあり、深いところでは膝上ぐらい。雪は下部ではモナカ状、上部に行くとサラサラ、というかビーズクッションの中身のような雪質です。いくら踏んでも固まらないので、テントを張る際整地がなかなかできず・・・ 緩やかな斜面を標高2500m地点まで上がっていくと、標高を示す標識が木に取り付けられている、いかにもビバークに適した広くて平らな場所が出現。ソロの人ではもっと森林限界ぎりぎりのところまで進んで幕営していた人もいましたが、私達はここにテントを張ることにしました。2500mより上はここまで広いスペースがある場所は見かけなかったので、ここがやはり適地かも。 (稜線上では四方を見渡すことができました) 前日も天気が良かったのですが、翌日も晴れて風もなく、絶好の登山日和に。森林限界を越すと一気に視界が開け、絶景を楽しみました。三叉峰へとたどりついて、先行していた人は奥ノ院へと向かっていましたが、私達はここから下山。荷物を回収して明るいうちに駐車場に戻ることができました。 ... 続きを読む

20191122-24 立山山スキー

前年は雪が無く計画を断念。今年も積雪量は少なかったのですが、かろうじてこの時期の立山で山スキーをすることが出来ました。 初日は雷鳥平まで行って幕営。雷鳥荘で水をいただいてから雷鳥平に滑って降りたのですが、荷物が重すぎて片膝をつきながらやっとザックを背負う始末。なんとか転ばずに滑り降りました。 2日目。まず、雷鳥沢を上がりました。 別山乗越は雪がなさそうだったので、雪が切れそうなギリギリのところまで登って滑ることにしました。 天気も良く、うきうき気分。 滑り開始地点でしばし休憩。 滑走開始。滑走する前までは雪質にちょっと不安がありましたが、意外に滑りやすい雪でした。(パウダーではありませんが。。。) ... 続きを読む

20191215富士山雪トレ

富士山雪トレ この日はYさん、Mさん、Sさん夫婦、Uさん、Iさん、Aさん、私を入れ8名の参加者で2台の車に分乗しゲートが開く9時に富士スバルラインを目指します。 8時40分ゲート着、既に私たちの前に観光バスが2台並んでいます。こんな時期でも観光客が来るんだな~と思いながらもゲートが開くのを暫く待ちます。 5合目駐車場はやはりガラガラで好きな所に停める事が出来ます。因みに夏季は世界遺産に登録されて以降5合目までは普通車では上がってこれません。但し電気自動車は行けるそうです、、、 駐車場で各自ガチャ、ロープ、アイゼン等準備、この時私は後悔が走る。私の持ってきたアウターは今年の春先に買ったばかりの新品だったからです! 皆さんはこんな事はしないと思いますが雪上訓練の時は、破損する事があるので、古いアウターを用意して下さいね。メンバーに勿体ないな~自分のを貸してあげるよ〜など話を頂きましたが、そこは割り切って使用しました^... 続きを読む

20191201梅の木尾根ルート~ネクタイ尾根

(撤去されたと聞いていたネクタイがありました。これぞネクタイ尾根!) 丹沢にはバリエーションルートがたくさんありますが、破線ルートのみならず、破線すら載っていないものもあり、複数つなげてみるとなかなか歩きがいのあるルートとなります。今回は東丹沢のバリエーションルートを複数つなげ、Y本さん、I井さん、Y下さん、S原さんとI塚で、読図練習のためトップを交代しながら歩いてみました。 元々は昨年挑戦した西丹沢のバリエーションルートに行きたかったのですが、台風の影響で早戸川林道が通行止めとなり行かれないことに。そこで影響が少ないエリアでバリエーションができるところを探し、大山に到達する「ネクタイ尾根」をメインに決定。そこへ日向薬師からすぐのところから始まる「浄発願寺奥ノ院コース」と、「梅の木尾根ルート」をつなげてみました。 (日向薬師バス停からしばらく歩き、浄発願寺奥ノ院へ。) まずは伊勢原駅からバスで日向薬師へ。そこからすぐのところに浄発願寺というお寺があるのですが、更に15分程歩くと山へ入る階段が現れ、浄発願寺奥ノ院コースが始まります。階段を登りきると北西へと踏み跡が続き、ほどなくして尾根に乗ります。ここは標高537へと分岐するT字路になっていて、壊れたベンチとテーブルがあるのがランドマークになっています。 ここまでの担当のI塚から、I井さんにバトンタッチして今度は尾根を西へ。二ノ沢ノ頭を経て北西へ尾根伝いに歩き、見晴広場ルートと梅の木尾根ルートに分かれる、大沢分岐で交代。この先標高893まではY下さんの担当ですが、さすがよく沢に行かれているだけあり、読図も的確! (ネクタイ尾根は尾根に乗るまでがちょっと解りにくいかも。) 唐沢峠でY本さんに交代し、一番わかりにくいとの前評判の、ネクタイ尾根への取りつきへ。唐沢峠からは石尊沢へと下っていきますが、このあたりから標識の類はゼロになり、完全なバリエーションルートに。沢まではまだ踏み跡があるのでよいのですが、沢から尾根に上がるところに鹿柵があり、どこから上がるか悩みどころ。3つある堰堤のうち、右にあるものの横の鹿柵が破れているので、そこをくぐり抜けて斜面を上がりました。地形図を見ると、石尊沢のすぐ北にある尾根がネクタイ尾根なので、これで正しいということで進んでいきます。 ところでネクタイ尾根とは変わった名前の尾根ですが、赤テープ代わりにネクタイが木に巻いてあるとのこと。それを見るのを楽しみにしていたのですが、残念ながらネクタイは撤去されてしまったそう。(珍しい眺めなので、興味を持った一般登山客がバリエーションに入り込まないためという見解をネットで見ましたが)しかし尾根上で会った二人連れの男性から、「ネクタイありましたよ」という報告が。西側の取りつきまで来てみると、伺ったように1本だけネクタイがありました! (大山北尾根ルートに突き当たると、モノレールのレールが現れます。) ネクタイが見えたらすぐに大山北尾根ルートにぶつかり、ここからはS原さんが担当。北尾根は雪が残っていたらしく、それが溶けてかなりぬかるんでいます。それを南へと登って行くと、大山の頂上の電波塔が見えてきました。しかし北尾根から来ると鹿柵があり、最後は脚立越えです。 (脚立で柵を越えて大山山頂へ。) 天気が良かったこともあり大山からの下山は大混雑でしたが、皆さん下社へと下っていき、分岐からはヤビツ峠方面へ向かったのは私達だけになりました。予定より早いバスに乗れそうだったのですが、タッチの差でバスが行ってしまい残念。ヤビツ峠で次のバスをのんびり待つことになりました。日が短くなりつつある季節なので、バスに乗り遅れないようにと思っていましたが、パーティのペースが速く杞憂に終わったのは良かったです。 ... 続きを読む

2019年11月9日~10日 世附川沖ビリ沢下降西沢遡行

11月9日(土)日帰りの沢に泊まりで行く。 KさんとYで9時渋沢集合。 山伏トンネル山中湖側に車を停め水ノ木分岐まで登山道を歩く。西丸との鞍部から沖ビリ沢(山伏沢)を下降。台風の影響で若干の倒木あるがきれいなナメは大丈夫。 下降1時間で林道にあがり、樅の木橋まで歩き、樅の木沢の遡行開始。最初の白いナメ滝。 西沢に入り、堰堤を越えた快適な幕場で14時から夜遅くまで焚き火を楽しむ。 11月10日 快晴。 ナメ滝をいくつか登り、登山道へ出る。 11時には車に戻り、のんびり下山行終了 ... 続きを読む